忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
拝啓、丹羽宇一郎君

野田政権が丹羽宇一郎中国大使を庇っているようである。

玄葉光一朗外相は、『丹羽大使は深い反省の意を表している』と言い、野田佳彦首相は『大使の発言は不適切だった。大使は深く反省している』と言うが、丹羽大使が何に対して、どう反省しているのか、国民には一向に伝わってこない。

民主党政権は、『日本は中国の属国として生きていけばいいのです 』等と言うような人間を中国大使にしたのである。やはり民主党の目的が、日本を支那の属国にする事であり、確信犯だったというべきなのだろう。従って、野田首相や玄葉外相の言葉を通してでは、丹羽大使が本当に反省しているかどうか分からない。それなら、彼に質問するしかないだろう。以下は丹羽宇一郎中国大使への質問である。

「拝啓丹羽宇一郎君。一国民として君の真意を尋ねたい。まず、君の経歴からだ。ウィキペディアには、君は『名古屋大学在学中には自治会会長を務め、学生運動家として60年安保闘争では先頭に立った』とある。当時の学生運動は、反戦、反米、反安保、を標榜していた。君も同じだろう。

君が安保闘争で先頭に立ったのは、終戦から日も浅く、戦争の無い世界を理想したのだろう。処が60年安保闘争は、ソ連共産党が日米離反のための工作によるものだった事が判明している。だからと言って、当時の君の純粋さを疑っている訳でない。利用されたとは言え、君には平和を願う心が有ったのだろう。

然しながら、それだけ純粋だった君が何時変わったのだ。君は『将来は大中国圏の時代が到来し、日本は中国の属国として生きていけばいい』と言ったようだが、それは、反戦、反米を標榜した安保闘争の頃の君の趣旨と、異なるでは無いか。

以下は、君が日本に属国になれと言う宗主国、中華人民共和国の戦争の歴史である。人民解放軍のウイグル侵攻(1949年)、チベット侵攻(1950年)、チベット動乱(1950年代)、朝鮮戦争(1952年) 金門砲戦(1958年) 、中印戦争(1959年)、中ソ国境紛争(1969年) 、西沙諸島の戦い(1974年)、中越戦争(1979年) 、中越国境紛争(1984年) 、南沙諸島海戦(1988年) と、中華人民共和国は戦争の連続では無いか。

しかも、ウイグル侵攻、チベット侵攻、中越戦争は明白な侵略戦争であり、ウイグルやチベットでは虐殺や民族浄化が、未だに続いているでは無いか。君の平和への理想は何処に行ったのだ。

君が大中国だと言う、中華人民共和国。毎年10~20%近い伸び率で軍拡を行っているのに、貧富の差は激しく、そのため暴動が一年間に数万件以上起き、警察官の死者が年間400人、負傷者が3000人以上出る国。一般国民には選挙権も無いが、共産党幹部は海外に資産を有し、家族共々パスポートを持っている国。川は汚染し、農水産物は薬品にまみれ、国民が安心して食べられる食品が無い国。世界の工場と言われながら外国の不法コピー製品が溢れる国。下は横領、上は汚職、国家は歴史の捏造が当たり前の国。

理想主義の君が、中華人民共和国に見つけた理想は何処に有ったのか。この国に理想など無いではないか。だとしたら君が変節したのだろう。それは何時?。何故だ?。」

PR
【2012/06/13 21:50 】 | 洗脳馬鹿 | 有り難いご意見(6)
<<エネルギー政策=無策 | ホーム | 日本にエリートは不要>>
有り難いご意見
国賊には死を
 この件に関して私は激しい怒りを覚えている。

 日本国民の代表として、国民の利益を擁護する義務を背負ってシナに赴いている身で、国民が国益を護ろうとして採った行動に対し、「日本国民はオカシイ」と私見を宣わった時点で、丹羽は大使は勿論、日本人も辞めなければならない。 公人に言論の自由など有るものか。

 然も殊は国家・国民を敵と看做し、国民に敵と教え込んで居るばかりか、国内外で侵略行為を行い、其れを正当化しようとして居るのが明らかな相手に対し、日本国民を代表する立場で、公益より私益を擁護する発言をしているのでは、私益と引き換えに国民の努力や意思を完全に無視したも同じ事、自分が国賊である事を、国民に進んで周知した様なものだ。 よもや、日本に還って無事に済むとは思っていまい。 イッソ帰って来ずに、そのままシナでも朝鮮でも身ぐるみ担いで引っ越すが善い。 

 この先、丹羽氏の家の住所は伏されるだろうが、まぁ無駄な事でしょう。無辜の家族を護る為にも、早々に国外へ移住される事をお勧めする。

 信条がサヨクだろうが右翼だろうが、国家国民の代表となれば、私を捨てて公儀に仕えるのは、国際的な常識です、その立場に自分が置かれていると気が着けないレベルで、元より大使等引き受けるべきではない。 企業人が金儲け第一主義の功利主義者なのなら、今後一切、財界人を政治家に起用すべきではない。

 発言が失言であるかのように云っているが、此奴の過去の発言から考えれば、寧ろ確信的で有る様にしか思えない。 ならば、陰でこの他にも、こ奴が何んな反国家的な事を遣って居るのか判らない。

 確信的な国賊には死刑が相当です、そして任命者も一味と考えるべきです。
【2012/06/13 22:07】| | ナポレオン・ソロ #4fbf655b08 [ 編集 ]


Re. 国賊には死を、 ソロ様
死刑に値する人間が多すぎて困ってしまいます。また、そのような人間がいるのが当たり前になった日本が恐ろしいです。

北朝鮮テロリストに資金を渡した菅直人。習近平を天皇陛下とごり押し会見をさせた小沢一郎。秋篠宮殿下御夫妻に座れよと言った中井洽。尖閣沖漁船衝突事件の漁船船長を釈放した仙石由人。みな死刑に値します。

今回の丹羽宇一郎の発言が、支那に尖閣侵略の口実を与えたなら、外患誘致罪を適用すべきでしょう。(あたかも、支那に尖閣の領有の権利が有ると言ったような内容。それ以前の彼の発言を見れば、確信犯)
【2012/06/13 22:30】| | 崗上虜囚 #991514f075 [ 編集 ]


無題
左翼系の人達は支那を賛美します。
けれども、彼らが見る支那は、、たぶん表面に過ぎません。
共産党員の生活ぶりを彼らは、多分自分の未来に重ね合わせているんでしょう。

彼ら、左翼はその隠された部分を、まったく見ないかあるいは見ようとしない。

支那の大部分の民衆がどういった環境に置かれているかということを見ようともしない。
自分たちの未来は共産党員の享受する生活と同等と考えている。
そうとしか思えません。

はたして、多くの民衆の犠牲の上に構築された蜃気楼のような現実に満足できるものでしょうか?


正常な人間ならまずあり得ないことでしょう。

左翼の本質はそこにあります。
彼らの動機の根源は多くの民衆の幸せの崩壊の犠牲の上にある見た目平穏な幻の世界なのです。

そんなものは必ずや生きているうちに破綻する世界でしかありません。
【2012/06/16 18:19】| | 杜若 #12f2b76fea [ 編集 ]


馬鹿は死ななきゃ治らない
>社若さん、ソロです。
>>彼らの動機の根源は多くの民衆の幸せの崩壊の犠牲の上にある見た目平穏な幻の世界なのです。
 然り。 是では全くの差別思想でしか有りませんが、結局の処、高学歴=身分が高い、生きる価値が高い、と言う認識=エリート意識がそうさせているのは明白ですね。

 こういう歪んだ意識は、その社会での「エリート=勝ち抜いた者」と言う認識を基にしているワケですが、本来のエリート=選良とは、「進んで公の犠牲になる志と、役に立つ能力を持った人」を云うのですから、端から判って居ない事になりますよね。

 すると、彼らの信奉する共産主義とは、教育と言う手段で、成り上がった下層民が、勝者の気分で自分の出自である層を従来の支配層とを入れ替えようとしているに過ぎないのではないでしょうか。 それを革命と呼んで誤魔化しているが、遣っている事は、社会秩序の破壊に過ぎない。

 此の丹羽や管もその一味でしかない、其れが証拠に、国民の代表としての高位の職責に衝きながら、両者が護ったモノとは、自分の利益だけと言う有り様。

 つまり、エリートとしても失格して居るのは明白。

 ハッキリ言えるのは、こんな思いあがったダケの人間は、日本国民の代表にする等、トンデモナイ間違いであったと云う事です。

 この様な人間は、日本には不要です。
【2012/06/16 19:48】| | ナポレオン・ソロ #4fbf655b08 [ 編集 ]


無題
ナポレオン・ソロさん

私の拙いコメントにお答えいただき恐縮です。

私が、左翼系の人たちが何故支那を支持し共鳴するのかを考えた時に至る思考の終着点が上記のような思考過程なんです。

結局、考えてみると彼らなりのエリート意識なのかもしれないですね。

それも非常に低劣極まりないエリート意識です。

左翼系の人たちには見えない世界があるんでしょうね。
彼らには絶対見えないなにかがその内部にあるとしか思えません。
彼らが気が付かなければならない何かを知ってほしいものです。
【2012/06/16 21:37】| | 杜若 #12f2b76fea [ 編集 ]


Re. 杜若様、ソロ様
皆様、今晩は。

今、河添恵子著『中国人の世界乗っ取り計画』を読んでいますが、日本のエセ・エリートと支那人・朝鮮人は、似ているんですよね。支那人も朝鮮人も、日本のエセ・エリートと同様努力家です。皆高学歴になろうと努力します。でも目的は、人の上に立つことです。

面白いので、何れ記事にします。
【2012/06/16 22:24】| | 崗上虜囚 #9915108161 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>