忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
ブログ『中韓を知りすぎた男』の読み方
『中韓を知りすぎた男』のブログは以前、FC2の政治ブログの中で順位が常に5位程度まで入っていたブログである。現在はブログ主の体調が万全でないと思われ、殆ど更新されないが、それでも20位以内にいると言う事は、それだけファンがいると思われる。

ここで「『中韓を知りすぎた男』の読み方と」なる記事を書いたのは、ブログの内容を紹介するためではない。コメント欄が日本の現状、即ち日本のあらゆる組織が、反日朝鮮人に乗っ取られていく様に似ているからである。

民主党に代表される政界や、朝日・毎日・NHKに代表される新聞・TV業界は言うに及ばず、今や地方行政組織、法曹界、教育界、学術団体、宗教団体、NPO団体、政治団体等、日本のあらゆる組織が、反日朝鮮人に乗っ取られたか、その影響下に置かれているが、『中韓を知りすぎた男』のコメント欄を過去から見て行けば、日本の組織がどのように乗っ取られて行ったかを知ることが出来るだろう。

これが、くだらないと思って見過ごす人は、角田美代子とその仲間達が善良な日本人の家庭に入り込み、支配し、家族を崩壊させ、ついには家族間の殺人まで起こさせたこと考えれば、決して他人事では無い筈である。

尼崎事件も、日本の組織が乗っ取られて行ったのも、『中韓を知りすぎた男』のブログのコメント欄が反日朝鮮人に乗っ取られているのも同じ構図なのである。そして乗っ取り成功したのは、周りの日本人が自分とは関係ないと、何も行動しなかったからである。しかし、それは自分達が、何れ尼崎事件の家族と同じ運命になることを、目を背けたことと同じである。

人気の高い政治ブログの上位を見ると、同じ保守の人間でも言っている事は同じではない。夫々自分の得意としている分野から現状を見て、正論を言っている。

『新世紀のビッグブラザーへ』の 三橋貴明氏、『正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現 』の佐々木益荒男氏、『博士の独り言』の島津義広氏、『日本よ何処へ』 の瀬戸弘幸氏も、『ねずさんのひとりごと』の小名木善行氏も、皆アプローチは違うが、同じ結論にたどりついている。そして、もう一つ共通な事が、日本の諸問題に、何らかの形で朝鮮人の工作が絡んでいることを指摘していることである。

そんな中、辻本貴一氏が書く『中韓を知りすぎた男』は、自らの経験から、支那の危険性を発信したり、中小企業の経営者から見た経済問題の他に、宗教や哲学関係も踏み込んでいるところにファンが多いと思われる。

『中韓を知りすぎた男』のブログの始めの頃は、コメントする者も少なく、ブログ主だけが淡々と記事を書く状態であったが、体験記事の面白さからコメントする者も多くなり、氏の歯に衣を着せぬ支那・朝鮮の異常さを指摘する記事や、それと連動する日本の政治の異常さを書くに及んで、共感する人の閲覧者やコメントが一気に増えたが、それと同時にブログ主の主張と相反するコメントも増えてきた。

特に日本を褒める記事だと、決まってそれに反対するコメントが増えるのが常だった。それはyoutubeなどで、日本を賞賛する動画が出ると、決まって『南京大虐殺』や『従軍慰安婦』の書き込む人間と、同じ考え持つ人間によるものと思われる。いわゆる日本国内にいる反日集団である。

又、保守を装い沖縄と本土を分断させる意図と思われる『琉球土人』や『在日琉球土人は日本の汚物』なるHNを名乗る者も出て来た。現在その者は、他人のHNを使ってあちらこちらの保守系ブログに嫌がらせコメントをする、山口県に住む多重HNの通称『SHIN』(注1、参照)と呼ばれている者である。

此処のブログにも『琉球土人』の言葉を使う者も来たが、山口県では無いので、『SHIN』は一人では無く『SHINs』とでも言うべき集団であろう。

そして現在『中韓を知りすぎた男』のコメント欄に大量のコピペコメントを書き込んでいる集団がいる。此処のブログにも同じ仲間と思われる『偽装保守の分断工作員である南出信者』とか『有門氏のブログで申し開きを』とか言うのが来たが、安部首相や麻生太郎氏が南朝鮮と近いと言って、安倍氏や麻生氏の負の印象操作を行っている集団である。

又、安部首相やチャンネル桜の水島総氏を統一教会と関係が有るとか、保守の人間を何でも統一教会と結びつけて、評判を貶めようとしていたのも相変わらず出没している。どれもこれもしつこく粘着するのが特徴である。

では彼らは誰か。結論から言おう。『中韓を知りすぎた男』を荒らしていたのは朝鮮人であり、リチャード・コシミズとその仲間である。

『在特会』の桜井誠氏を朝鮮人と言ったり、『
日本の女性の会「そよ風」』を朝鮮右翼と言ったり、コシミズがやっている事は、保守活動をしている者への攻撃だけであり、日本の伝統や文化に対する愛情も無ければ尊敬もない。オカルト情報は、彼の不信な言動を追及する人を煙に巻くためと思われ、統一教会関係に詳しいのは、北朝鮮工作機関の統一教会と近い関係だからだろう。

コシミズのブログや『独立党』のページにリンクを貼ってあるブログをよく見かけるが、よくを見ると皆小沢支持者である。なるほど韓国で日本人を蔑んだ発言をしたり、日本の皇室を貶める発言をしたり、朝鮮人のテロリストの墓参りをしたりする小沢一郎とコシミズが同じ朝鮮人同士と考えれば納得できる。小沢シンパのブログが多いのも、保守ブログへの嫌がらせが多いのも、統一教会や朝鮮総連等の朝鮮組織が絡んでいると考えれば納得できる。

しかしながらコシミズを断固許せないのは、明治天皇は摩り替わりだと言っていることである。では今上陛下は何なのか!。ようするに、コシミズがやりたいのは、李明博や小沢一郎と同様、天皇の権威に泥を塗り、日本から天皇を無くすことと思われる。

そして『中韓を知りすぎた男』のコメント欄に度々名前が出てくる有門であるが、天皇を侮辱しているコシミズと、ヘラヘラと会話している時点で保守の日本人ではない。成りすましである。コシミズ同様許し難い!。

有門達は新宿・新大久保のデモに参加しているが、このデモには多くの朝鮮人工作員が紛れ込んでいるようである。目的は大音量で軍歌を鳴らして街を走る韓国人街宣右翼と同じ、一般日本人にデモに嫌悪感を抱かせ、日本人の分断を図るためである。

安田浩一氏が盛んに在特会批判を行って、在日朝鮮人特権を批判する人間をネトウヨと言うのも日本人・分断工作であるが、安田と良い韓国人も殺せ、悪い韓国人も殺せ(注2)と看板に書いてデモに参加した人間は、連携しているのである。

処が最近風向きが変わって来た。新宿・新大久保のデモに対抗する『レイシストをしばき隊』なるものが生まれたようである。呼びかけ人は野間易通なる人物であるが、反原発活動家でもある。

反原発団体と言えば、『コリアン情報ウィークリー』とか『東北アジアに非核・平和の確立を!日朝国交正常化を求める連絡会』と、同じ住所に事務所があるような団体ばかり。殆どが朝鮮人の団体である。

ようするに朝鮮人同士の抗争になっているのである。新宿・新大久保のデモには多くの日本人が参加しているが、ネット時代、そんな事は皆知って参加している。踊らされているのは朝鮮人のようである。

-------------------------------------------------------
注1:SHIN情報(以前クックリさんが公表した情報)
SHIN=ガエモン=Int.=在日朝鮮人=サントワマミー=琉球土人
保守系ブログ主様への情報提供(荒らしに関して):

※拙ブログにおいては「bingo」が主なHNですが、他所では「SHIN」「真実」はじめ多くの捨てHNを使用している人物です。ご注意下さい。(IPその他の資料により同一人物であることを指摘しても「これは個人のパソコンではない」「大勢の人が使っている」とシラを切っています)

IPアドレス 114.155.200.210
ホスト名 p5210-ipbfp404yamaguchi.yamaguchi.ocn.ne.jp
IPアドレス割当国 日本 ( jp )
市外局番 該当なし
接続回線 光
都道府県 山口県

※上記IPは他のサイト様でもすでに情報開示されています。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52582706.html
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/?mode=m&no=5&m2=res
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51624909.html
http://www.machi.to/bbs/read.cgi/tawara/1259126265/988
http://isinnsha.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/56-8c20.html

※他にも複数のIPがあります。多くは他のサイト様ですでに情報開示済です。「これはSHINかな?」と思ったらまずはネットで検索してみて下さい。なお、IP以外にもケースバイケースでこちらから情報提供できる場合があるかもしれませんので、お気軽にご相談下さい(私のメアドはブログの「プロフィール」にあります)。

※好んで使うキーワード
「○○なるハンネのアク禁をお願いします」「保守の欺瞞」「偏狭的な保守」「欺瞞のブログ」「詐欺行為」「瀬戸は~~である(SHINがアクセス禁止されたブログの管理人様の誹謗中傷)」「モリで海保職員を殺す保守」「法的根拠を説明せよ」「東京裁判史観」「村山談話」「英霊達」「米国傀儡」「対米従属」「戦争責任」「自民利権(利権自民)」「東京裁判史観を否定した田母神幕僚長を即更迭した麻生」「A級戦犯」「天皇が靖国参拝できない」「無条件降伏した日本」「ナチス」「日本の文化は中国のコピー」「○○は帰化人」「南京大虐殺」「中国人人体実験」「ぷっ(笑)」「プッ(笑)」etc.。

※その他特徴
・フォームの名前を入れる箇所に、タイトルのように長めの文章を入れてくるクセがあります。
・他所のブログの常連さんのHNを勝手に使って(いわゆる「なりすまし」)場を混乱させることもよくあります。その場合、過去に自分が論破されてしまった相手のHNを使うことが多いようです。ウチで使われた「bingo」や「ガエモン」というHNもそうでした。
・荒らす合間にまともな意見(「日本人は素晴らしい」とか)のコメントをちょいちょい挟んで、攪乱することもよくあります。

※11年5月現在も拙ブログに平日休日問わず朝昼夜関係なく張り付き、「SHIN」名義で携帯から嫌がらせのメールを送ってきています。内容は「×月×日の記事を削除せよ」「○○なるハンネをアク禁にせよ」「仲間の組織と連帯して行動をとる」「警察に被害届け出して裁判に訴えるがいい。受けてたつ」「~~すれば許してやる」「あなたの個人情報を他のあらゆる掲示板に撒くことにした」「いかに相手に不利益な風説をアタカモ真実のごとく書くかが勝負だ」「裁判に訴える」「調子にのるなよ」「閉経メス豚が!」「(脅迫めいた文章の最後に)それではお大事に」「このメールを最後の連絡とします(と宣言したのにまた何度も送ってくる)」等々です。
-------------------------------------------------------------
注2、元ページ=http://asianews2ch.livedoor.biz/archives/24333992.html

PR
【2013/02/19 21:29 】 | 日本人分断工作 | 有り難いご意見(13)
ネトウヨって誰だ?
産経の広告欄にSAPIOの『ネトウヨ亡国論』と有ったので、何?と記事に書こうとしていたら、瀬戸幸弘氏に先をこされてしまった。

SAPIOを買おうと思ったが金を払うのが馬鹿々しいので立ち読みで済ませた。実際記事の内容は馬鹿々しい内容の一言に尽きる。買わないほうが良い。

まず、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』の桜井誠氏を取材した安田浩一氏の『ネトウヨは何者か』記事があるが、安田氏がチャンネル桜に出演したときの彼の話を聞けば、自分が気に入らない意見を持つ人間や集団を、『ネトウヨ』のレッテルを貼ることで、一般人と分断したい願望がありありだった。

もっとも安田浩一氏は、ネトウヨはレッテル貼りをすると言っているが、『ネトウヨ』の言葉を使っている時点で、『オマエがやっているのがレッテル貼りだ』と言いたくなる。

何故なら『在特会』を取材して彼らの行動に疑問を持って記事を書いたなら、『在特会とは何者か』になっても、それが誰かが作った造語の『ネトウヨとは何者か』にならない筈である。

一体『ネトウヨ』って誰だ?。恐らく安田浩一氏の頭には、政治ブログのランキング上位の、三橋貴明氏や『正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現』のcoffee氏や、瀬戸弘幸氏、『厳選!韓国情報 』氏、小名木善行氏があるのであろう。当然『博士の独り言』の島津氏や、『中韓を知りすぎた男』の辻本氏も『ネトウヨ』の中に入るのかも知れない。

でも、彼らは疑問を記事にしているのに過ぎない。そしてその一つが、朝鮮人が反日であり、彼らの国も日本にいる朝鮮人の行動も、国益にならないと警告しているだけである。

ようすに、ブログで発信している者達は、疑問を感じ、推論し、結論に結びつけた人間達である。それなら別に『ネトウヨ』の言葉で十把一絡げにしなくても、疑問であれば彼らのブログに質問してみれば良い。

お呼びで無いと思うが、私に質問がくればちゃんと答えてあげる。もっとも逆に質問攻めに合うだけだが。『安田浩一君、この不条理に何故君は疑問を持たないのかね』とか。

もう一つのSAPIOの対談形式の記事の中川淳一郎氏と山本一郎氏の言っている内容も罵倒だけで、対談の結論も『ネトウヨは韓国が嫌いなだけ』も恐れ入る。

安田・中川・山本氏の頭の中ではフジTV抗議デモに参加した人間も、『ネトウヨ』なのだろう。しかしフジTV抗議デモに参加した者は、自前のブログで発信しないくても、ちゃんと自分で考える頭を持っている人間達である。

フジTVは何故日の丸・君が代を見せないようにしているか?。日韓戦を何故韓日戦と言い換えるのか、何故フジTVでは、在日の犯人は通名しか報じないのか、そして何故これだけ韓流ドラマを放送するのか等々を合わせて考えれば、普通の人間ならピンと来る。

でもフジTV抗議デモでは『韓国反対』のシュプレヒコールは無かった。それはオリンピックを見れば分かるように、好きなのは日本であり、日本以外は只の敵であり、別に好き嫌いとは関係が無いからである。それを中川・山本氏が、『ネトウヨは韓国が嫌い』と結論付けた処に、彼らの本心が出てしまっている。

女性が『この人痴漢です!』と言ったとき、調べもせずに『君はこの男が嫌いなんだろう』と言う人間が現れたら、間違いなくその人間はその男の仲間である。

それと同様、疑問を持って声を上げた日本人を、『ネトウヨは韓国が嫌い』と言った中川・山本氏は、韓国が好きだと告白しているのと同じである。安田浩一・中川淳一郎・山本一郎氏にとって、朝鮮人は擁護したい仲間であるのは間違いないであろう。

でも、いくら疑問に持ち始めた日本人を『ネトウヨ』のレッテル貼りとか、只の韓国嫌いの日本人とかで一般日本人と隔離しても、「生活保護不正受給芸人河本準一」-「河本を守る市民の会」-「ホンダを許さない!吉本緊急集会事務局」-「吉本興業」-「片山やめろネットワーク」-「;石原やめろネットワーク」-「戦時性暴力問題連絡協議会」-「歴史歪曲を許さない!アジア連帯緊急集会事務局」-「在日外国人の人権委員会」-「在日本大韓基督教会」 とかの繋がりは隠しようが無い。

これを知らない日本人に教えて、怒りだしたら彼らも『ネトウヨ』なんだろうか?。こんな疑問から、推論や結論をしてしまった私も『ネトウヨ』なんだろうか?。教えてくれたまえ、安田浩一・中川淳一郎・山本一郎君。ネトウヨって誰だ?。


この記事を書いていたら、新聞に韓国大統領が竹島上陸の見出しが有った。幾ら韓流ドラマでイメージアップを図ろうとしても、国全体の卑しさは隠せない。


上は1889年韓国が独立した後、韓国が発行した『大韓地誌』である。
(水間正憲著「領土問題の真実」から)
 
それによると『我が大韓民国の位置はアジアの東部に在り、支那の東北部から日本海と黄海・渤海の間に突出した半島で、北緯33度15分より42度25分に至り、東経124度30分より130度35分に至り、・・』と、竹島の位置は含まれていない。嘘を百篇言えば真実になる国。

安田浩一・中川淳一郎・山本一郎君、もう一つ質問だ。ネトウヨは韓国が嫌いな人間だそうだが、君達は、こんな韓国が好きなの?。
【2012/08/11 14:06 】 | 日本人分断工作 | 有り難いご意見(9)
| ホーム |