忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
敵の中枢は?
此処で言う敵とは、勿論日本国にとっての敵のことである。そしてそれは日米開戦を誘導し、日本を敗戦させ、日本人に戦争犯罪人として 罪の意識を植え付け、二度と反抗出来ないようにプログラムをし、今尚支那・朝鮮と共謀して日本を貶め、国内の反日勢力を支援し、日本を解体することを企んでいる敵のことである。
 
そしてその日本国の敵は、アメリカに巣喰う共産主義者であることを、エントリー『アメリカは共産主義の国であった』で書いた。
 
理由は、日本がアメリカに戦争を仕掛けるようにしたのも、日本に原爆を落とすように働きかけをしたのも、日本占領政策を取り仕切ったのも、ユダヤ人の共産主義者だったからだ。そしてアメリカが毛沢東を支援し、中国を共産主義の国にしたのは、アメリカが共産主義者に支配されている証拠とした。
 
またソ連崩壊後、共産主義は流行らなくなった。しかし共産主義は無くなっておらず、現在は共産主義思想はグローバル主義思想やジェンダー思想に形を変え、国家の衰退や家庭破壊を推進している。元々共産主義とは国家無くし、家庭を破壊し、人間をばらばらにして、誰かが世界を支配するのに都合の良い社会にするのが目的だったと言うのが前回までの記事の内容である。
 
共産主義はユダヤ人から始まった。フランス革命、ロシア革命、全てユダヤ人が関与している。当然世界の支配者になりたいのはユダヤ人であることに間違いはないだろう。
 
では、その中枢は何処にあるのだろうか。馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)氏はそれはウォール街だと言う。ユダヤ人と言えば金融である。共産主義革命と言えども資金が必要である。否、共産主義革命の裏には必ずユダヤ人金融資本家が居た。日露戦争でヤコブ・シフが日本に資金を提供したのは、ロシア革命を支援する為だったのが真の目的だったのだ。従って馬渕氏が言うように、中枢はウォール街であると言うも、間違いではない。
 
だが中枢と言うからにははっきりとした組織がある筈であるが、恐らく探してもそのような物はないだろう。メーソンも違うだろうし、ロックフェラーの私的機関とでもいえるCFR(外交問題評議会)も、FRBも違う筈である。
 
結局のところ中枢に近い所はあっても、中枢のような組織は無いだろう。それなのに、そこかしこで謀議は行われ、ユダヤ人の世界制覇の為の陰謀は存在する。ユダヤ民族としての意思は存在するのである。実はそれは民族の潜在的意思とでも言うようなものであり、朝鮮人の独島や東海呼称運動と同じ共通意識と同じなのである。中枢の在り処が見えないのもその為である。
 
それでも極めて中枢に近い所は何処か考えれば、それはマスメディアと言えるだろう。何故なら陰謀は意識して意図的に嘘を付くことだからである。
 
例えば、共産主義運動は全編陰謀のような物で、共産主義者は政府や大衆を騙すことも辞さないが、それは最終目的の為であり、熱烈な共産主義者に取っては善と信じてやっていることである。それは田中英道氏が言う、本場フランクフルト学派共産主義のユダヤ人学者も同じである。但しユダヤ人学者達は、他民族を服従させると言う潜在意識を押し殺して、それを実現させる為の都合の良い思想に作り上げているのであり、この点が洗脳馬鹿である日本人共産主義者などとは違う処である。
 
それに対して、マスメデイアによる陰謀、即ちプロパガンダや偏向報道・捏造記事を書く当人や編集者は自らの悪意を意識している行っている筈である。従って、プロパガンダを流すマスメデイアは中枢に一番近いことになる。ジェームス・ボンドのような高級工作員が中枢に一番近いのと同じである。
 
そこで、ユダヤ金融資本のマスメデイアは何処かと考えれば、NYタイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューズウィーク、タイムが浮かぶであろう。事実、これらはユダヤ人がオーナであった。そしてやはりNYタイムズやウォール・ストリート・ジャーナルは安倍批判の急先鋒だった。批判の内容は共産主義者が言うのと同じ「安倍はナショナリスト」である。靖国参拝や従軍慰安婦で日本のイメージを下げようとしているのもこれらのマスメデイアである。従って日本の敵の中枢は、NYタイムズ等であると言って良いだろう。
 
そのNYタイムズ等の反日広報は今に始まった訳では。むしろ戦前の方が激しかったのである。その影響は計り知れず、NYタイムズ等が発信するプロパガンダが大東亜戦争を引き起こしたと言えるかも知れない。ルーズベルトとその周りの共産主義者が日米開戦を画策したは、今や定説になりつつあるが、そのお膳立てをしたのがNYタイムズ等のプロパガンダだったのである。
 
例えば『アメリカはアジアに介入するな』の中で、ラルフ・タウンゼント(1931年上海領事)は、こう言っている。
 
人を憎むということを、普通のアメリカ人はしない。他国を嫌いになるよう仕向ける運動がある。それはごく少数の人間が仕組んでいるのである。アメリカ人でありながらアメリカ人になりきれない人がいる。旧世界に忠誠を捧げている人である。・・・数は少ないが、こういう人たちは国民の支持を得るため、アメリカを戦わせたい国を選んで、国民がその国を嫌いになるような『憎悪キャンペーン』大々的に繰り広げているのである。新聞の大口広告主に、こうした海外に心の拠り所を置いた人が多い」。
 
どうだろう、この文の前後を読むとその新聞とはNYタイムズのことであり、アメリカ人でありながらアメリカ人になりきれない人とはユダヤ人で、彼らが忠誠を誓っているのはソ連であると読める。日本人でありながら日本人になりきれないと変えると、その新聞は朝日新聞と読めるが(笑)。
 
NYタイムズの発行部数は高々200万部そこそこ。NYタイムズの昨年の収入は1600億円弱(トヨタ売上高25.7兆円)。しかも株価4割減で会長報酬12億(トヨタ社長の年収1.8億円)」なんて記事を目にすると、捏造記事とプロパガンダ記事を書かなければならない苦労が良く分かる。日本の反日マスコミの年収が高いのも同じ理由であろう。末路も同じ筈である。
 
結論は、日本の敵の中枢はNYタイムズ等である。従って日本人が戦うべき相手はNYタイムズ等になるだろう。敵は朝日新聞だけでは無い。朝日新聞などは末端である。
 
 
 
最近読んだ本屋やネット情報で、『アメリカは共産主義の国であった』の結論にたどり着いた訳だが、なんと自宅にその結論を書いた本が有った。ゲイリー・アレン著『ロックフェラー帝国の陰謀』である。1987年発行の本であるが、読んでみて真新しい情報と感じたのは、完全に記憶が無くなっていたからのようである。原著は『The Rockfeller File』で、インターネットで検索するとっ引っかかる筈である。
 
原著『The Rockfeller File』が出たのは1984年、未だソ連が崩壊するまえなので、ロックフェラーが如何にソ連を支援しているかが中心に描かれているが、その他の「ロックフェラーの教育戦略:伝統破壊」、「アメリカ政府・議会・マスコミはCFRに支配されている」などは、今も引き続き行われている事柄である。
 
翻訳本の『ロックフェラー帝国の陰謀』の圧巻は、原著に無い「世界革命の元凶は<<OHU(彼ら)>>だった!」と銘打った『ラコフスキー調書』が特別資料として付録されていることである。
 
『ラコフスキー調書』とは、1937年のソ連において、スパイ・裏切りの廉で逮捕、裁判にかけられたクリスチャン・ゲオルギュウィッチ・ラコフスキーをガブリエル・ガブリロウィッチ・クジミンが取り調べたときの調書である。
 
この調書は、取調べに立ち会った医師ポーランド人ランドフスキーが調書のコピーを持っていたが、彼がレニングラード付近の寒村で屍体となって発見されたとき、その所持品の中からこれが発見され、それがスペイン内乱に参加した義勇兵が海外に持ち出したことになっている。そしてその調書の内容は驚くべきことが書かれていた。
 
それはユダヤ金融資本による世界陰謀の内幕であった。ラコフスキーはトロツキーに近い人間であり、ガブリエルはスターリンに近い人間である。両者は共にユダヤ人であるが被告と取調べ官の立場となったは、当時のトロツキーとスターリンの権力闘争の事情を物語る。
 
その権力闘争は、<<彼ら>>に一番近いトロツキーと、革命を利用して権力を手にし、ナショナリストのスターリンの抗争だったのだ。本来はスターリンの座はトロツキーがいる筈だったのだが、そのときトロツキーは病気になってしまったのだ。それらの事を考えるとスターリンの死は暗殺だったの説は、あながち嘘ではなさそうである。スターリンはナショナリストであり、ナショナリストこそ反革命であり、<<彼ら>>の敵だからである。またスターリンはヒットラー以上にホロコーストを行った人間であるが、それでも<<彼ら>>がスターリンを支援したのは、ソ連が無くなると世界革命の夢が無くなるからであった。
 
このことについてもラコフスキーは率直にそう述べ、ナチスとソ連が条約を結んで、ポーランドに侵攻することを提案する。理由は、西側はソ連の侵攻は黙認するが、それに安心したヒトラーが侵攻を始めると、黙っていられなくなると言うものである。「ヒトラーを騙せ」であるが、結果その通りになった。世界大戦の始まりである。<<彼ら>>は、ヒトラーにまで資金援助をしたのである。
 
ラコフスキーはガブリエルが同じユダヤ人だから気を気許しているのか実に率直である。「革命に扇動された民衆は、王、将軍、司教、警察官、聖職者、その他憎むべき特権階級の代表者を殺しを襲うが、宮殿、教会、科学機関を略奪し、焼き払う。それなのに、・・銀行家たちの生命を尊敬してる」これは何故かとガブリエルに問う。またマルクスが、貧困と絶望状態を作り出した金融対立を見過ごしているの何故か問う。
 
そこでラコフスキーは、「金融インターナショナルは民族的なもは一切否定し、国家も認めない。まるで無政府のようであるが、民族国家を否定しても、自分独自の国家を建設している。つまり共産主義的超国家とは、同一であり、これらの作者の人格も同一なのだ」と打ち明ける。
 
ラコフスキーの言うように、金融インターナショナルは、既に魔力的護符である銭の主人公になっており、金融こそ革命の最強の手段なのは確かであろう。この呪縛から抜けない限り、反共産主義を掲げても革命に加担しているのと同じである。
 
当然なことなが<<彼ら>>は、共産主義など信じていない。コンミテルンなど彼らの玩具にすぎないのである。ラコフスキーは、メーソンさえも精神病院だと言う。メーソンはブルジョアの集まりである。メーソンが如何に革命を支援していても、いずれ革命が成就したとき抹殺されるからである。メーソンには多くの階級があるが高位のものでさえ、その事は知らされていないのである。当然、洗脳馬鹿でしかない日本の共産主義者も同じ運命になるだろう。
 
『ラコフスキー調書』にはルーズベルトが金融の代表である話も出てくる。その後の『ブェノナ』、『OSS』。『アメリカは共産主義の国であった』は、その通りではないか。
 
『ラコフスキー調書』が世に出たいきさつについては出来すぎの感はあるが、内容については真実であろう。理由はラコフスキーが語ったヒトラーの危険性についてを知れば分かる筈である。その危険性とはヒトラー行ったドイツの経済復興の方法だったのである。
 
彼は経済理論では無知であるが、・・彼は黄金のストックを作ろうとはしなかった。彼は技術設備とドイツの莫大な労働意欲によってのみ銭を保証できた。技術的可能性と労働力、これが彼の黄金ストックであった。これは全く反革命的なものである。ご欄のように、彼はまるで魔法のように、700万の失業者を一掃してしまった」。そしてラコフスキーはその危険性とは、このヒトラーの政策が論理化され公式化されれば、他に誘発することだと言っているのだ。
 
如何であろうか、まるで最新の経済理論の話ではないか。仮にこの文書が1987年に作られたとしても、未だデフレのデの字も言わず、政府の借金を心配をしている馬鹿経済学者がいるのに、既にその頃、デフレ処方箋をズバリ言い、それが国際金融資本の利益に反するなど誰が理解していたのだろうか。
 
この『ラコフスキー調書』が世に出たいきさつは、<<彼ら>>の敵であるスターリン側が、<<彼ら>>の姿を暴くため世に出したと考えられないこともないが、偽書でないならラコフスキーは相当な人物だと言えるだろう。仮に偽書だとしても、<<彼ら>>の中枢にいた人間によるものであることは間違いは無いだろう。ポール・クルーグマンなんぞより先に経済を喝破しているのである。
 
それにしても『ラコフスキー調書』をインターネットで検索してもWikにも無く、引っかかるのは、さもユダヤ陰謀論ですよと言わんばかりの、地震兵器でお馴染みのオカルトサイトばかりである。英語では『Rakowski-Protokoll』とか『Red Symphony』とか言うようだが、これもオカルトサイトが引っかかる。恐らく<<彼ら>>が手を回しているのだろう。只の陰謀論ですよと。
 
ユダヤ人の世界征服。現在プーチンと世界金融資本との対決が注目されているが、ロシア人は野蛮人である。戦勝国に奢り世界金融資本が何であるかを理解していない。ロシアは負ける可能性が高い。世界金融資本の勝ちとなれば、次は世界金融資本対支那バッタ集団との対決になるだろう。パシリの朝鮮集団も最初は活躍するだろう。どちらも国境が不要な集団、どちらが勝っても、手打ちになっても世界の惨禍である事は間違いない。
 
鎖国をしよう(次の次あたりの記事にするかもネ)。
誤字、脱字の訂正はいずれまた。
PR
【2014/08/12 21:59 】 | 共産主義・グローバル主義 | 有り難いご意見(6)
<<無題 | ホーム | アメリカは共産主義の国であった2>>
有り難いご意見
無題
ブログ更新お疲れ様です。

今も公共事業を潰して資金を外資に
流そうという勢力がいますよね。

なかなかに根深いです。

難しくて、あまりコメントできませんが・・・。
【2014/08/18 22:30】| | 楽仙堂 #4fc0fbaad8 [ 編集 ]


Re. 楽仙堂様
>今も公共事業を潰して資金を外資に 流そうという勢力がいますよね

<<彼ら>>が一番危険視しているのは、貨幣価値や量を彼らのコントロール外で変えられることだと思います。そう考えると白川日銀が金融緩和に抵抗し、財務省が消費税を上げたがっているのも、日銀も財務省も<<彼ら>>のコントロール下にあるからでしょう。

アメリカ政府は<<彼ら>>と一心同体です。なので日本は、エネルギー、食料、軍事、全て抑えられており、<彼ら>>に手の中にいるのと同じです。幾らでも脅せる訳です。

ヒトラーが未だ敵視されているのはホロコーストなんかでは無く、彼が行った経済政策のためかも知れませんネ。
【2014/08/19 20:39】| | 崗上虜囚 #99bc3f4d7c [ 編集 ]


はじめまして
日本人分断工作の記事をなるほどとかなり納得しながら拝見しました。
私は、がー○ずちゃんねるという女性向け掲示板で政治ネタがあがるとコメントしてきました。
すると、ある種のしつこい違和感のある粘着タイプのコメントがたびたびあがり違和感を感じてきました。
わかりやすい反日発言ではなく、安倍が統一協会やら在特会は朝鮮人だから一水会などの保守から嫌われてるとかのコメントもありました。
調べたら一水会は北朝鮮がらみらしいです。
保守分断はあらゆるところにはびこっている現状をネットで知りました。
コシミズも創○を批判したり、本当のことも発言してるので一見騙されそうですが中国の批判はしないですよね。
アメリカ批判ものは、中国の民族弾圧をスルーしてるものが多いです。
コシミズに似てます。

長々書いてしまいましたが、貴方のブログは大変勉強になります。
まだ全て読んでませんので、また勉強させて下さい。
【2014/08/19 23:42】| | 匿名 #224b3f11f5 [ 編集 ]


Re.はじめまして、匿名様
>コシミズも創○を批判したり、本当のことも発言してるので一見騙されそうですが中国の批判はしないですよね。

コシミズ⇔ミラーマン⇔フルホドウ⇔日刊ゲンダイ⇔小沢は繋がって見えます。コシミズ&ミラーマンもFC2でアクセス数が少ないのにランキングが上位で、選挙近くになるとランキングが上がったりします。組織力も資金力賀も有るのでしょう。

フルホドウのトンデモ本など誰が買うのでしょうかね。資金を出す人間がいるからとしか考えられません。

コシミズ・フルホドウの陰謀論は、実は彼らの背後にいる本当の陰謀の首謀者の指導による可能性もあります。所謂かく乱戦法です。従って、中国の批判をしないからアメリカ派、アメリカ批判をしないから中国派にならないと思います。共産中国を生んだのはアメリカですから。

>長々書いてしまいましたが、貴方のブログは大変勉強になります。

最近はさぼっていますけど。
【2014/08/23 20:55】| | 崗上虜囚 #99bc3f4d7c [ 編集 ]


浮遊する思想
お元気そうで何よりです。

ユダヤ選民思想がキリスト教に内包され、ゾロアスター教の影響を受けてヨハネ黙示録に結実したという解説を岡田英弘先生の著書などから得ています。

共産主義の「世界同時革命」など、この延長上にあるのでしょう。

本来の釈迦の思想を「小乗」と嘲った大乗仏教徒の「地獄極楽」思想もこの単純な二元律の影響下にあるのではないかと思われるし、「景教」のかたちで日本に伝わった古代仏教にもなるほど「灌頂」のようなキリスト教のバプテスマの儀式と同じではないかと感じられる、一種の「混合」があるようです。

にもかかわらず、わが国には「終わりなき世のめでたさ」を寿ぎ、「君が代」が千代に八千代に栄えることを希う健康な思想が根付いています。

われとわが国民への信頼を胸に今日も、明日もただがんばるのみです。
【2014/09/15 01:41】| | 篠の目 #526e68696c [ 編集 ]


Re.浮遊する思想、篠の目様
お久しぶりです。
共産主義思想も、ユダヤ教・キリスト教も、否仏教、儒教でさえも、結局は観念の虜になっているのですね。
観念こそが人の不幸の始まり、争いの元です。
その点、神社で拍手を打つ、お日様を拝むは、なんの拘りもありません。
良い国に生まれたことを感謝する次第です。
【2014/09/18 20:40】| | 崗上虜囚 #99bc3f0813 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>