忍者ブログ

崗上虜囚の備忘録

日本よ!。私の日本への思いです。 コメントに返事を書かないこともあります。悪しからず。 コメントの投稿は日本人だけにしてください。 日本人でない場合は、国籍を書いてください。 注、google chromeで閲覧出来ませんので、filefoxかinternet explorerで閲覧してください

書評:反日種族主義

現在韓国では反日が隆盛を極めているが、『反日種族主義』李栄薫編集(日本語訳、文芸春秋出版)は、李承晩学堂(校長李栄薫)の5人の学者(主に経済学)と1人のジャナーリストが、その反日の根源を追求し、その記録と考察をした本である。彼らは土地台帳等の公的資料および経済データを丹念に調べ上げ、また民間人が残した記録や体験者の聞き取り調査した結果がこの本の大部分を占めている。彼らが真実を追求した結果は、現在日韓で揉めている従軍慰安婦問題、徴用工問題等についてが、ことごとく韓国側の主張は事実に反している事が証明されるに至った。それどころか竹島(韓国名独島)についてさえも、韓国側の主張が根拠が無い事も判明した。

これを公表した事で、恐らく李栄薫氏達の韓国国内での立場は悪くなると思うが、それにもかかわらず真実を追求する学者魂と韓国に不利な事実を敢えて公表する勇気に、まずは敬意を表したい。そしてこの『反日種族主義』が、日韓問題や韓国の本質に関心を持つ人にとっての必読の書であると推薦したい。

李栄薫氏達が真実を追求した結果は韓国政府不利、日本政府有利となったが、この『反日種族主義』は日本人の為に書かれたのでは無い。李栄薫氏達を走らせたのは「このままでは韓国が破綻にするかも知れない」と言う強い危機感からである。

その危機感を表すのが冒頭にある『嘘の国』である。例えば韓国で偽証罪で起訴された人の数は一人当たり日本の1250倍。国民も嘘つきなら政府も嘘つき、学問も裁判も嘘、嘘の国が韓国と言う訳である。韓国社会が嘘を許容しているので人々は実証精神に乏しく、一人の嘘つきのシャーマンが出ると人々は唯唯諾諾と従ってしまうのである。

韓国社会の嘘ともう一つの病巣が韓国社会の身分制度である。日本の身分制度は、むしろ職能別身分制度と言えるようなもので、例えば元百姓が主人で天皇の血を引く者が家来等もあり得るが、韓国社会の身分制度は「下男の身分の人間はあの世でも下男」と、その人の身分は死でもあの世でも変わらない厳しいものである。ところがこれでは一つの韓国民族としてまとまることは出来ない。そこで登場するのが日本である。

現在の韓国は日本を永遠の敵とすることでまとまることが出来たのである。韓国は日本より上の身分としてまとまったのだ。そこで日本より身分が上の韓国は日本に負ける事は許されないが、至上命題になった(注1)。つまり民族が身分を持ったのだ。しかしこれは民族主義とも違う。そこには個人の自由は無くシャーマンの言葉に従う全体主義の国のようである。その行き着く先は北朝鮮と同じ国家である。李栄薫氏が韓国で今起きている現象を『反日民族主義』とせず、『反日種族主義』と命名したのは上記の理由からである。

ここで韓国社会の身分制度をもう少し詳しく見てみよう。韓国社会では、他人と比較して自分が上か下かが重要な要素である。勿論自分が下の身分では不利だし、なにより精神的に不満である。そのため韓国人は常に自分が相手より上になろうと懸命になる。

韓国が何故国を上げて反日になったかと言うと、韓国(李氏朝鮮/新羅)は長年支那の冊封体制下で屈辱外交を強いられた反動からか、「日本を蛮族の国」と下に見ることで優越感を抱いていたのであるが、それは日本が日清戦争・日露戦争に勝利したため後の日韓併合時代ではやや収まっていたが、先の大戦が日本の敗戦で終わった事により「日本は下の身分の国」であるとの思いが吹き返したのである。

例えば徴用工問題では「完全かつ最終的に解決された」と記された1965年に結ばれた日韓請求権協定を破ったり、前政権が「最終的不可逆的解決」と認めた慰安婦合意を反故にしたり、2011年以前は韓国国内でなんら問題視されなかった旭日旗を突如掲げないように要求してきたりしている様は、韓半島で行われていた主人が従者や奴隷を躾けるために理不尽な要求に従わせる様と似ている(注2)。つまり日本を侮辱することで優越感を味わい、日帝に支配された事や支那冊封体制下で培われた屈辱感を開放したいのである。

そこで「日本を侮辱することで優越感を得る」これを『反日種族主義』を支える『侮日優越主観』と名付けたい。「日本を侮辱することで優越感を得る」?、と思い巡らすと、日本人にもそれらしい人々が大勢いることに気が付く。李栄薫氏が本の中で「慰安婦問題や徴用工問題に最初に火をつけたのは日本人だ」と言っているその日本人達である。

でも何故韓国人でも無い彼らが、事実を捏造してまで韓国人に嘘を植え付けるのか?(例えば従軍慰安婦問題を最初に火をつけたのは朝日新聞)。何故自分と同胞である日本人を貶める事をするのか?(例えば吉見義明名誉教授は、従軍慰安婦ではインパクトが無いとして、従軍慰安婦は性奴隷と世界に拡散)。しかしこれらは彼らが『反日種族主義』の韓国人と同様、日本人を貶める事で自分達は一般の日本人より上の身分であるとの優越感を持ちたいからだったとすれば理解出来るだろう。つまり彼らも『侮日優越主観』の持ち主だったのである。

この度の日本側に落ち度がない輸出管理問題や徴用工問題、レーダ照射事件等で、韓国人かと思わせる程に韓国側の肩を持って日本を非難する人がいるが、これも同類であろう(注3)。また日本人が偉業を成し遂げたりすると発狂したり、お通夜状態になる日本人コメテータ達がいるが、彼らも『侮日優越主観』の持ち主と見て間違いない。さらに韓国関係で無くても、例えば朝日新聞の珊瑚記事捏造事件(注4)のように、彼らも身分の上下にこだわる『侮日優越主観』の持ち主だからこそ、上から目線で一般日本人を叱り付けたい為に事件を捏造したと考えられる。

また共産主義思想を持つ日本人の多くが『反日種族主義』者と似ているのは、彼らも人間を上か下かで見る人間で、彼らが共産主義思想に飛びついたのは、舶来思想で自らを着飾って一般日本人を馬鹿にする為であり、すなわち『侮日優越主観』の持ち主だからである。それを裏付けるように彼らの多くが他人を蹴落とす受験戦争で打ち勝った高学歴者である。

話を韓国の『反日種族主義』に戻すと、『侮日優越主観』の元になっている韓国人の人を身分の上下で見ることを克服しないと何れ韓国は崩壊するだろう。その証拠と言えるのが、反日ではあれほどまとまっているのに国を捨てて他国に出て行く人間多い事である。理由は、韓国国内は反日意外では国民同士の足の引っ張り合いの社会だからである。

最後に、李栄薫氏はじめとする6人の執筆者はこれから困難な戦いをすることになると思うが、その戦いに勝利するためにはこの本の英訳本を出版して、アメリカの歴史学者に論争をいどみ彼らを論破することが最善であることを提案する。何故なら韓国の反日運動に燃料を注いでいるのは、『侮日優越主観』の反日日本人だけでなく、世界に影響力があるアメリカにいる悪意有る歴史学者達だからである。


注1、スイーツ世界大会
2011年に行われたスイーツ世界大会で、韓国チームは日本チームに妨害行為を行っていたのを審判員に見つかり、咎められることになった。これもと言う意識があるからである。(参考動画)

注2、日東壮遊歌
1764年頃に朝鮮通信使であった金仁謙が書いた『日東壮遊歌』に、些細な事をした下僕を棒で叩いて躾ける様子が書かれている。

注3、韓国を擁護する面々
例えば、朝日新聞、毎日新聞、NHK、立憲民主党、共産党、福山哲郎、小倉智昭、山口二郎、玉川徹、前川喜平、等々がいるが、彼らは韓国を愛している訳ではない。他の日本人を貶めることで優越感るため韓国の反日を利用しているにすぎない。

注4、朝日新聞珊瑚記事捏造事件
珊瑚記事捏造事件とは、1989年朝日新聞カメラマンが沖縄県西表島の珊瑚にK・Yと傷を付け、日本人がやったような記事を書いた事件である。
以下は記事の内容の一部「・・日本人は、落書きにかけては今や世界に冠たる民族かもしれない。だけどこれは、将来の人たちが見たら、八〇年代日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷つけて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の……。 にしても、一体「K・Y」ってだれだ」。
まさに『侮日優越主観』そのものである。韓国の『反日種族主義』同様、嘘つきでもある。

PR

「日本の朝鮮統治時代を」検証する

最近韓国で「日本統治時代の方が良かった」と言った老人が、若者に撲殺された事件が有った。老人としては、あらためて日本統治時代の方が良かったこと知った訳だが、インターネット等で誰もが事実により近づける時代になったにも関わらず、不思議なことに朝鮮では、年を追う毎に真実の歴史は埋もれて行く傍ら、プロパガンダによる捏造された歴史が発掘さてれているように見える。
 
朝鮮人の反日の炎が静まるどころか益々大きくなるのは、誰かが燃料をくべていると想像していたが、此処に紹介する(「日本の朝鮮統治時代を」検証する:ジョージ・アキタ、ブランドン・パーマー、共著)を読んでその燃料をくべていたのはアメリカで有った事が分かった。
 
例えば南北朝鮮から聞こえて来る言葉として、「世界で最も過酷な日本の植民地統治」があるが、それは元仙台アメリカ文化センター館長、マチューセッツ大学名誉教授のマーク・R・ピーティー氏が記した文にある言葉だったのである。
 
アメリカの高名な学者に「朝鮮人は・・・世界で最も過酷だった日本の植民地支配の下で民衆としての腸が煮えくりかえる思い思いをしていた・・・(アメリカに住む)日本人(移民)に対して仕返しとして加えられた侮辱的な行為の一つ一つは、日本や日本が統治した外国で、日本人が朝鮮人や中国人に対して日常的に行っていた侮辱的な仕打ちをはるかに凌駕するものだった」と言われれば、事実は二の次で扇動されやすい朝鮮人が信じるのも無理もない。
 
それにしても、他の植民地との比較検証もせずに、戦前にアメリカが行ったプロパガンダを1995年の時点でも、そのまま尚垂れ流そうとしているのは驚きと同時に怒りを覚える。
 
ピーティー氏は元仙台アメリカ文化センター館長とあるが、アメリカ文化センターをネットで検索しても出てこず、アメリカン・センターのことようである。アメリカン・センターとはアメリカ領事館広報部にある機関のようである。
 
と言うことは、慰安婦問題がアメリカで大きくなったも、ジョン・トーマス・シーファー元駐日大使が「河野談話から後退したら、日米関係は破壊的になる」と言ったことを併せて見れば、南北朝鮮の反日も従軍慰安婦問題も、アメリカ政府が関係していると言ってよいだろう。未だにヤルタ体制は終わらずである。
 
日本人としてはこれから、朝鮮人の捏造癖や日本人の反日癖と同様、アメリカ人の責任転化癖(アメリカによる過酷な植民地支配と奴隷制度の罪を日本に転化する)も分析する必要があるだろう。何故なら、現在起きている慰安婦問題は日・米・韓(朝)の共同作業と言えるからである。
 
しかしアキタ氏はそんな事はお構い無しに、学者として冷静にピーティー氏の言っている矛盾を突く。ピーティー氏が「世界で最も過酷な日本の植民地統治」と言った事にたいしては、世界の植民地統治の実態例を挙げている。
 
それによると、恵み深い宗主国とされたアメリカのフィリピン統治では、アメリカ陸軍が反乱分子を鎮圧するために彼らの家族に恐怖感を与え、逮捕したゲリラを裁判にかけ、しばしば処刑したが、証拠がなくても容疑者を処罰する自由が与えられていたのが実態である。鎮定の過程で命を落としたフィリピン人は凡そ100万人である。勿論日本の朝鮮統治でそのような莫大な朝鮮人の命が失われた事はない。
 
フランス、オランダ、イギリス、ベルギーなど何処の殖民地統治も、アメリのフィリピン統治と大同小異かそれより酷いのものばかりである。
 
アメリカによるフィリピン統治が日本による朝鮮統治などより優れていたのは学校の数であるが、これだってフィリピンが未だに発展途上国なのは、学校があっても何も教えられなかったのと同じだった事を意味する。結果としては世界で最も穏健で良心的な植民地支配が、日本による朝鮮統治だったことを証明されたことになるだろう。
 
そのようにアキタ氏はピーティー氏だけでなく、日本の朝鮮統治に対して誤った見方をしている他学者の論文の矛盾を悉く突いている。と言うより、現在の韓国政府と同じ見方をする学者を悉く論破していると言って良いだろう。
 
学者の論文の矛盾点を突くのは重要であるが、それよりアキタ氏が着目したのは、法治国家としての日本である。日本が既に法治国家であった事の認識不足が、誤った見方をしている原因だからである。
 
まずアキタ氏は、大津事件を例として取り上げ、日本では既に国民に法治主義が浸透しており、日本の朝鮮統治も法治主義が貫かれている事を指摘している。
 
法治主義である為には法がなけれなならない。そのため日本は朝鮮のための法を作った。その例として、氏は自分は法律の門外漢であると断りながらマリー・ソン・ハク・キム女史の植民地朝鮮における慣習法の紹介している。
 
そもそも朝鮮には成文化された民法典は存在しなかった。日本は朝鮮統治をするにあたり、すでに近代的な法として出来上がっていた日本の民法を朝鮮の慣習に合せてつくり直したのである。現在韓国が使用している民法は日本が作りだしたものなのだ。
 
法治国家の下でこそ人は自由になれる。そして朝鮮半島では日本の統治時代、朝鮮人は自由を謳歌した。
 
日本が朝鮮半島に残したのは民法だけでは無い。法体系、商習慣、それらに必要な単語さえも日本の統治によっもたらされたものである。従って、韓国人が日本が奪ったとか何も残さなかったを言おうと、韓国は日本が作った土台の上に成り立っているのである。
 
実はアキタ氏の長年の研究テーマは山縣有朋である。一般的な日本人か見れば、山縣有朋と言えば長州閥のドンであり、権謀術策を厭わない政治屋のようなイメージが有り、欧米人の研究者や朝鮮人の研究者も過酷な植民地主義を指導した人物のような評価をされているが、実は山縣有朋は繊細で、朝鮮人の民意に気配りをするような人物だったようである。アキタ氏は、此処でも山縣有朋を弁護することで、日本の朝鮮統治に対しての誤解を解いている。
 
世界の流布する日本の朝鮮統治にたいする誤った見方を、アキタ氏が指摘し正すことが出来るのは、山縣有朋の深い研究が有ればこそかも知れない。
 
以上は、この本に書かれているほんの一例であるが、多くの文献を読み砕き、それらの間違いを一々謙虚に指摘するジョージ・アキタ氏に敬意を表したい。
 
     
         「日本の朝鮮統治時代を」検証する
   ジョージ・アキタ、ブランドン・パーマー、共著、塩谷紘訳:草思社
 
「単純化の誘惑に屈してはならない」は、ジョージ・アキタ氏の言葉である。その言葉の意味を考えると、氏の学者としての真摯な姿勢と能力の高さが分かると思う。この本は日本の全ての国会議員と外交官が読んでおくべき本である。またアメリカで慰安婦像の設置を検討している州や市の首長に進呈したい本である。勿論オバマ大統領にもである。
 
久々に良書にめぐり会えた事とジョージ・アキタ氏の名前を知る事が出来たことに感謝する。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[03/29 崗上虜囚]
[03/28 楽仙堂]
[11/30 朝鮮人]
[11/30 朝鮮人]
[10/14 NeooCiz]
[09/27 MarquisWella]
[11/15 崗上虜囚]
[11/15 楽仙堂]
[10/30 崗上虜囚]
[10/30 楽仙堂]
[10/25 崗上虜囚]
[10/24 楽仙堂]
[10/21 崗上虜囚]
[10/20 楽仙堂]
[10/04 崗上虜囚]
[10/04 楽仙堂]
[09/23 通りすがりの日本人]
[09/21 崗上虜囚]
[09/16 楽仙堂]
[09/11 通りすがりの日本人]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
崗上虜囚
性別:
非公開

アナライズ

カウンター