忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
高学歴にサヨクが多い理由
若い仲間から「サヨクに高学歴の人が多いのは何故なんでしょう?」と聞かれた。学問と言うのは先生から学ぶ事である。つまり学ぶ事とは一種の洗脳なのだ。教授がサヨク思想なら、サヨク思想に染まった学生が最も優秀な学生と思うだろう。そしてその学生は次の教授になり、またサヨク思想を教える。しかしその学生は本当は優秀では無い。自分の頭で考える事が無い人間だから教授になれたのだ。智の劣化の連鎖はこうして続いて行くのだ。
 
だが本当に優秀な学生なら自分の頭で考え、直ぐ師を越えるだろう。『守・破・離』の破から離まで行ってしまうのが本当に優秀な人間なのだ。当然本当に優秀な学生はサヨクにならない。
 
一方,我々一般人は学ぶ事が苦手である。そうなると物事全て自分の頭で考えなくてはならない。従って偏差値が低くても、一般人は常に自分の頭で考える訓練がされているのである。これ又当然サヨク思想に嵌る筈が無い。サヨクがカルトで有る事も見破るだろう。それでもサヨク思想に嵌る偏差値の低い人間がいるが(W)、その人間は学ぶ事もせず、自分の頭で考えることもしない一番馬鹿と言うことになる。
 
こう説明した処、彼は「俺は勉強しなかったからなー」と言って納得した。(アーサー・C・クラークがカルトに嵌る高学歴の人間を憂いて「知能指数以上に教育を受けた人」と評したが、こちらの方が適切な説明かもしれない。)
 
この事について、田中英道氏が大学がサヨクに席巻されている事の理由を考察していた。
 
      
https://www.youtube.com/watch?v=mZstTjzsvkE&t=112s
【日本国史学会】「第四十三回連続講演会」講演:田中英道「近現代史研究3 日本とユダヤ人の歴史的考察」 (2017/02/25)
 
田中英道氏が日本国史学会を立ち上げたのは、正に大学がサヨクに席巻されている事を憂いたからである。彼が言わんとしている事は、
 
理系は実験成果などで有用性の結果が出る客観性の有る学問である。それに対して人文系(文系)は元々客観性が無い学問である。芸大などもそうで有るが、芸術にどう客観性を持たせると言うのだ。芸大出身の天才など見たこともない(確かに殆ど芸大出身者は芸術活動より学芸員のポストを欲しがる)。文学だって歴史学だって同じ、否社会学全般が、有る種の情念が有るから是非の評価が出来るのである。
 
そう考えると、人文系学問が狭い分野の学問に分割されているのが可笑しい事になる。文学も芸術も庶民文化も歴史も区切りなど無い。人文系は狭い分野を突破しないと学問として成り立たない。第一狭い分野に区切って何々学部として大学で教える必要が有るのか?。好きな人間なら大学で教えなくても勝手にやるだろう(確かに、趣味で骨董をやっていた叔父が、教授に出土品の年代を教えていた)。
 
そこで客観性が無い人文系学問に権威付けたい教授達が飛びついたのが西欧の社会学である。だが社会学はユダヤ人が始めた学問である。それも共産主義、特にフランクフルト学派のユダヤ人学者である。なので彼らが始めた社会学が客観性があると言っても、ユダヤ人の価値観に基づいている。ユダヤ人が国家や団体を否定し個人に重きを置いているのは、ユダヤ人が国家を持っていなかったからである。
 
ユダヤ人学者が国家や家庭、伝統文化までを個人を縛る物として否定するのは、その思想の背景に異民族は騙しても良いと教えるタルムードに有る事は間違いないだろう。つまり世界中の異民族の国・家庭・伝統文化・既存の価値観を破壊してバラバラの個人にすれば御すると思っているのだ。それが客観性のあると言われている社会学の正体である。
 
それも知らずに多文化主義とか地球市民と騒いでいるのが、知能指数以上に教育を受けた高学歴のサヨクである。自分の頭で考えない彼らは、批判理論を叫んで権威を批判してもユダヤ人学者が作った権威に頭は上がらない。ユダヤ人学者も自ら権威に乗っている矛盾は無視である。その矛盾は彼らが批判する人間を「ナショナリスト」とか「歴主修正主義」とレッテルを貼るだけで討論に応じないのを見れば明らかである。
 
社会学を作ったのもユダヤ人なら西欧の思想家は殆どユダヤ人である。だとしても凄いと思う必要は無い。むしろ彼らが稚拙な言葉の奴隷であることを哀れむべきである。東洋では釈迦以降、哲学・思想の類は全て無意味になったのだ。日本人でも哲学者と自称する人間を見かける事が有るが彼らも言葉の奴隷、全て偽者である。
 
仏教にしても同じである。釈迦が言った事を記した万巻の経典が有るが、思想を記した書物ではない。釈迦が言ったのは全て方便、比喩の類である。第一、空・無がどのような思想に成りえるのか。法華経が最高の経典と言っている宗教が有るが、これも全て偽物である。唯一つの道路標識を有り難がっているようなものである。
 
田中英道氏の言っている事と多少脱線したが。氏も、この文の意を知れば同意するだろう。
 
  
油絵に挑戦して、改めて筆と墨の凄さが分る。広重の「大はしあたけの夕立」と言う浮世絵をゴッホが模写しようとしているが、油絵であの様な細い線を描く事は無理である。日本人が陰影法に遅れを取ったのは、筆と墨の便利さにかまけた為と思う。
 
それにしても油絵は思う所に思う色が乗らない。コンピュータお絵かきソフトも思う所に思う色が乗らないが、油絵は被覆力が弱いため思う色が乗らないのである。一方コンピュータお絵かきソフトは思う場所に筆を運べない事である。何事も修練かな。
PR
【2017/11/25 19:19 】 | 共産主義・グローバル主義 | 有り難いご意見(4)
航空母艦保有考
今日のエントリーは日本は航空母艦を保有すべきかであるが、此処で取り上げる航空母艦は勿論攻撃型原子力航空母艦である。そう言うと「いや原子力潜水艦が先だ」とか「小型空母で良い」や「揚陸艦の方が良い」と言う人がいるかも知れないが、小型空母保有は兎も角、勿論核武装も原子力潜水艦も揚陸艦も保有すべきである。
 
それでも脆弱な航空母艦を保有することに異議を唱える人もいるだろう。確かに航空母艦は脆弱である。図1は原子力空母ジェラルド・R・フォード(満喫排水量101,605頓)、いずも(満喫排水量26,500頓)、大鳳(満喫排水量34,200頓)、信濃(満喫排水量68,000頓)のシルエットである。
 

                  図1、
 
此処で分るのは、大鳳、信濃が低重心で艦形が小さく見えることである。理由は飛行甲板に95mmもの装甲板を敷き詰めており、更に格納甲板の下にも装甲板を有し、信濃に至ってはそれが200mmに及ぶ重装甲なので、勢い重心を下げざる得ないのである。
 
それを考えれば、いずもの艦形が巨大なのは装甲が殆ど無いためである事が分るだろう。そう、現代空母は殆ど装甲をしていないのある。ジェラルド・R・フォードの主要部は64mmのケブラー複合材で装甲しており、格納容器周辺は大和以上の装甲が有ると思われるが、マッハ3~5の高速巡航ミサイルが命中すれば、1発で航空母艦として機能を失う筈である。ミサイルだけでは無い、潜水艦から発射される魚雷でも同じである。
 
そんな脆弱な航空母艦での空母同士の決戦など、この先起こることは無いであろう。更に航空母艦は高価である。航空母艦はコストパフォーマンスが悪いのである。尤も全ての水上艦艇は脆弱である、それなら小型艦を多数就役させた方が良いと言う意見も分らないでもない。それでも日本は航空母艦を持つべきである。
 
                図2
図2はある日のある時間のインド洋や太平洋、南シナ海を航行する船舶の状況である。航行する船は日本に関係する船だけではないが、如何にシーレーンの確保が重要であるかが分る筈である。この何処かで海賊行為や国籍不明の潜水艦による攻撃、または中国による航行妨害行為や嫌がらせが起きたら日本はどのように対処すれば良いのか。まさか核弾頭付きミサイルを持つ原潜を多数保有したとしても、いきなりミサイルを撃つ訳にはいかないだろう。
 
確かに核抑止力が有れば戦争は起きない。しかしシーレーンが確保できなければ、戦争にならずとも日本は疲弊してしまうのである。小競り合いには小競り合い、立ち技には立ち技、寝技には寝技と、日本はあらゆる戦争形態に対応しなければならないのある。航空母艦戦力は、その一つである。
 
結局の処、日本は軍事大国に進むしか生きる道は無いのである。その理由は以前のエントリで言っているように、アメリカは中国とは戦わない。まだ日米安保が有用だと思っている人がいるかも知れないが、既に日米安保の効力は無くなっているのだ。
 
更に馬鹿馬鹿しい事に「アメリカはチキンなので中国と戦いません」と、ジャパンハンドラーと言う同じくチキンな策士が公表してしまったのだ。その公表の一つがマイケル・グリーンが「尖閣諸島の公務員常駐施設の建設は日米関係に悪影響を及ぼしかねない」と言っている事である。つまり「日本人がいる島に中国が攻めてきたら日米安保の対象になってしまい、アメリカは中国と戦いたくないので止めてくれ」と言ったのだ。
 
臆病な人間ほど、弱い人間と見ると高圧的に出る。マイケル・グリーンしかり、リチャード・アーミテージしかり。支那人しかり。当然臆病な中国政府も日米安保が効力を失っている事は知っている筈である。
 
では尖閣を守っているのは誰か?。勿論自衛隊である。中国は尖閣を譲ることが出来ない自国領土である主張しているのだから直ぐにでも占領する行動に移っても良さそうであるが、中国もアメリカ同様チキンなので絶対勝てると見極めない限り行動を起こす事は無い(尤も勝てるかどうか分らないのに戦争に走るのは日本ぐらいであるが)。と言っても現在の自衛隊と中国の戦力の差を考えたら、何時中国が冒険を犯すかも知れない。
 
日本が完全に戦争回避したければ多少高くても保険を掛けなければならないだろう。航空母艦保有はその保険の一つと割り切るべきである。
 
--------------------------------------------------------
参考:
    
https://www.youtube.com/watch?v=4UEP9zdQNyc&t=3s
【特別番組】伊藤貫・激動する国際情勢の真実[桜H29/10/31]
 
 伊藤貫氏曰く「2030年頃には中国の経済規模はアメリカの倍」、「アメリカは中国との戦争が怖いから日本人を尖閣に行かせない」それなのに「アメリカは日本だけは核を持たせたくない」。
 
    
https://www.youtube.com/watch?v=4UEP9zdQNyc&t=3s
【討論】桜国防戦略会議-核・最新兵器は、日本を守れるか?[桜H29/9/30]
 
矢野義昭「2020年頃までに軍事産業を育成し軍事力をNATO並みにすべき。相乗効果でGDPもアップする」、「アメリカの中にも同盟国に核を持たせてアメリカの負担を少なくする方が合理的との考える人もいる」。
水島氏が持論である「非核3原則の撤廃を宣言し、アメリカの核の持込を許可すれば・・」、と言ったところ矢野氏は言下に否定。「何故かというとアメリカの核のボタンはアメリカの大統領が握っている。アメリカの大統領が日本の為にアメリカを危険に晒す筈が無い」、「密かに組み立て置いて、何時でも使える能力が出来たとき宣言しないと潰される(02:57)、「現在なら実験しなくても可能」。
この討論番組の出席者の中で、矢野義昭氏の意見は全て同意である。
【2017/11/15 19:29 】 | 尖閣戦争 | 有り難いご意見(6)
最後の定住民族国家=日本
三橋貴之氏の『スウェーデンは移民によって台無しにされた(Japan's Top Economicst - Sweden Was Ruined By Immigrants 』の動画が海外の人に注目されている。
 
(この動画を知ったのは『どんぐりこ』の「海外「その通り!」日本の評論家が実体験で語る欧州移民問題に海外から賛同の声』です。
 
内容は、スウェーデンに中東やソマリアから移民を受け入れた結果、日本並みに低かった犯罪率は日本の13倍、彼らは集住し、その地区へは消防も警察官と一緒じゃないと出動出来ない状態になり、スウェーデン人はそこに寄り付かず、国の中に別の国が出来てしまったという話である。
 
動画の閲覧者数は3万人程度なので、スウェーデンや欧米の人への影響はあまり無いと思われるが、かなりの人が彼の忠告を好意的に評価しているコメントを読めば、スウェーデン人や欧米人が移民問題をどう見ているか分るであろう。コメント欄には日本に期待している人のコメントも有るし、中には移民政策が共産主義と関係していると正しく分析しているコメントも有る。
 
スウェーデン政府は何れ移民達は同化するだろうと思っていたのであろうが、残念ながらそうは行かなかった。移民達は排他的なイスラム教徒なのである。彼らか見れば、同化するのはスウェーデン人だと思っている筈である。つまり全スウェーデン人がイスラム教に改宗しなければ、この問題は解決しないのだ。
 
では日本はどうだろうか、現在日本には凡そ50万人の在日朝鮮人(南北)がいる。帰化する在日も毎年5千人程いるので、日本は立派な移民国家である。そして彼らは日本に同化しているのだろうか。
 
スウェーデンと違って、在日も日本に帰化する南北朝鮮人も必ずしも集住していないし、イスラム教徒のような宗教信者ではない。なのでスウェーデンのように問題は起きない?。
 
そこに大きな落とし穴がある。在日も日本に帰化する南北朝鮮人も、直ぐ側に祖国があるのである。アイデンティティの有る無しから見れば、スウェーデンに住むイスラム教徒も日本に住む南北朝鮮人も同じなのである。
 
そして彼らのアイデンティティは『日東壮遊歌』を書いた金仁謙の「この犬にも等しい輩(日本国民)をみな悉く掃討し、四百里六十州を朝鮮の国土とし・・」と同じ思いを持つ集団ではないだろうか。事実、出自が南北朝鮮であるTVや新聞に出て来る著名人や政治家の殆どが反日なのだ。
 
スウェーデンに住むイスラム教徒は派手に問題を引き起し、スウェーデン人に注意を喚起しているが、日本の在日や移民は深く静かに侵食していると言って良いだろう。
 
従って、今度の衆院選は保守対革新の対決では無い、右対左の対決でも無い、勿論政策の違いの対決でも無い、日本人対非日本人の対決の選挙である。
 
【最後の定住民国家=日本】
移民に危機感を抱く欧米人の期待星となった日本であるが、Y遺伝子を例にとって日本は多民族で構成されている話を何度もした。そして日本は成功した多民族国家アメリカである話もしたと思う。
 
では何故日本は成功した多民族国家になったのか。多民族なのに単一民族だと自他共に思うようになったのか。
 
それは一つに、縄文人が定住した後に日本列島にやってきた人間が、少数の集団が三々五々にやってきたからである。もう一つが、縄文人が1万数千年の長きにわたって定住していたからである。
 
日本には世界最古の土器だけでなく、世界最古の(局部)磨製石器が出土している。漆工芸も日本が世界最古の可能性が高い。これを見ると太古の日本列島では人々が分業していたことを想像できる筈である。例えば勾玉を作るのに、硬玉の翡翠に孔を開けるなどの加工をするのにどれほどの時間が掛かったか。
 
その間、猟に出たり食料を採取していたら、勾玉などできる筈もない。当然、食料を調達する人は食料を調達する人、勾玉作りをする人は勾玉作りをする人と分業していたのである。そして勾玉は糸魚川流域で作られ、三内丸山遺跡まで持っていかれ、何かの物産と交換したのであろう。
 
こうなると縄文人に取って、隣の住民や他人は協力すべき異種業者であって競争相手ではない。三々五々やってきた長江からのボートピープル、即ち移民も稲作文化を持ってきた技術者として歓迎された筈である。現代日本の均等的にあるY遺伝子のパーセンテージは、ホロコーストなど日本列島では無かったことを物語る。当然移民達も同じアイデンティティを持って今に至る。
 
処がその頃大陸では羊をめぐって生存競争の真っ只中。そして修羅場で習得した略奪や乗っ取りで長江人をホロコースト、結局長江文明を滅ぼしてしまったのである。金仁謙が『日東壮遊歌』で垣間見せたのは、大陸や半島人の習性だったのある。
 
日本人なら『日東壮遊歌』に違和感を覚える筈である。日本が羨ましいなら何でまねをしないのか?、何で技術を学ぼうとしないのかと。それが彼らと日本人の違いである。彼らに取って定住民は略奪や乗っ取りの対象でしかないのである。
 
下の動画は文科省編纂の日本刀の職人たちの一つ『柄巻師』である。一本の日本刀を仕上げるのに、色々の職人がいることが分る。こんな事までと思うかもしれないが、このように一つの事だけに精通した職人達の分業により物を完成させるのが、古来からの日本文化の特徴なのである。
【2017/10/11 21:01 】 | 未選択 | 有り難いご意見(4)
討論番組、日本強靭化会議

【討論】日本強靭化会議[桜H29/10/7]


https://www.youtube.com/watch?v=sqa_zdUjov0

討論内容は、日本の経済成長率は世界最低、経済だけでなく科学技術のレベルも急速に低下し、もう駄目レベルという話です。研究分野に大投資しないと日本は生き抜くことが出来ないだろう事は、粗一致した意見、処が政治家・官僚・マスコミは皆緊縮財政派。
 
その対処法は、高橋洋一氏が言った「財源が必要だが税金でやろうとするから出来ない、投資なので国債を発行すれば良い。インフレ目標に達するには、未だお金が足りない。25兆円ぐらい有効需要があるので25兆円の国債発行は可能と言い。しかも現在金利0なので、B/C(ビーバイシー)=コストパフォーマンスは全てクリアできる」でしょう。
 
処が今の日本はこの当たり前のことが出来ません。経済も分らない、日本の将来への危機感も無い、官僚や政治家ばかりだからです。彼らがそんなに緊縮財政をしたければ、まず東大あ法学部への予算を0にすべきですね。
 
この会議でもう一つ重要な意見が有りました。それは山下了氏が「学生の挑戦意欲が失われている。真剣さとかまじめさが日本人から段々失われている。昔は作る事が夢だったのが、いけない風潮になっている」と言っていることです。
 
高橋洋一氏や藤井聡氏の話は日本の危機の現状とそれに対処するにはどうするかの話ですが、これは日本に限ったことではなく、どの国でも対処法も同じになる筈です。それは有効需要を見つけ幾ら貨幣を創出するかの新たな経済理論であり、いずれ何処の国も採用するようになるからです。
 
それに対して山下了氏の話は日本の独自性が失われていることの危機感です。現時点なら日本が中国や韓国と同じ経済政策で競争させたら、恐らく日本が勝つでしょう。それは未だ日本の独自性があるからです。何故日本が中国や韓国より有利なのか?。それが前のエントリー儒教脳の呪縛の影響の差です。
 
こじつけ心理学なのであまり使いたくありませんが、心理学に『達成動機』なる言葉が有ります。何故人が困難な事を達成しようとするのかの動機のことです。殆どの人の動機は、征服欲、金銭欲、名誉欲等です。後、脅迫観念の人もいるかも知れませんが、それ以外に物事を深く追求することに喜びを感じる人もいます。それが昔の日本人には多かったのです。
 
欲があるのは日本人も支那人も朝鮮人も同じです。でも物事を達成するのに一歩差を付けるのは、欲のために動く人より、物事を追求することに喜びを感じる人です。彼らは人参も鞭も御者もいらず、レールさえ自分で敷いてしまう機関車のような人です。そういう人が日本に少なくなっているのです
 

  
伊藤若冲:酒も女も眼中に無く、絵を描くことを無上の喜びとしていた人です。それを可能にしたたのは彼が裕福な家に生まれたからで、いくら好きとは言えある程度資金がないと何も出来ない事を物語っています。倉庫で埃をかぶっていた彼の作品を発掘したのはアメリカ人。絵画なので先端技術では有りませんが、超先端絵画だったのでしょう。物事を深く追求することに喜びを感じる人の結果がどうなるかの一例です。
【2017/10/08 15:51 】 | 未選択 | 有り難いご意見(4)
討論番組、日本強靭化会議

【討論】日本強靭化会議[桜H29/10/7]


https://www.youtube.com/watch?v=sqa_zdUjov0

討論内容は、日本の経済成長率は世界最低、経済だけでなく科学技術のレベルも急速に低下し、もう駄目レベルという話です。研究分野に大投資しないと日本は生き抜くことが出来ないだろう事は、粗一致した意見、処が政治家・官僚・マスコミは皆緊縮財政派。
 
その対処法は、高橋洋一氏が言った「財源が必要だが税金でやろうとするから出来ない、投資なので国債を発行すれば良い。インフレ目標に達するには、未だお金が足りない。25兆円ぐらい有効需要があるので25兆円の国債発行は可能と言い。しかも現在金利0なので、B/C(ビーバイシー)=コストパフォーマンスは全てクリアできる」でしょう。
 
処が今の日本はこの当たり前のことが出来ません。経済も分らない、日本の将来への危機感も無い、官僚や政治家ばかりだからです。彼らがそんなに緊縮財政をしたければ、まず東大あ法学部への予算を0にすべきですね。
 
この会議でもう一つ重要な意見が有りました。それは山下了氏が「学生の挑戦意欲が失われている。真剣さとかまじめさが日本人から段々失われている。昔は作る事が夢だったのが、いけない風潮になっている」と言っていることです。
 
高橋洋一氏や藤井聡氏の話は日本の危機の現状とそれに対処するにはどうするかの話ですが、これは日本に限ったことではなく、どの国でも対処法も同じになる筈です。それは有効需要を見つけ幾ら貨幣を創出するかの新たな経済理論であり、いずれ何処の国も採用するようになるからです。
 
それに対して山下了氏の話は日本の独自性が失われていることの危機感です。現時点なら日本が中国や韓国と同じ経済政策で競争させたら、恐らく日本が勝つでしょう。それは未だ日本の独自性があるからです。何故日本が中国や韓国より有利なのか?。それが前のエントリー儒教脳の呪縛の影響の差です。
 
こじつけ心理学なのであまり使いたくありませんが、心理学に『達成動機』なる言葉が有ります。何故人が困難な事を達成しようとするのかの動機のことです。殆どの人の動機は、征服欲、金銭欲、名誉欲等です。後、脅迫観念の人もいるかも知れませんが、それ以外に物事を深く追求することに喜びを感じる人もいます。それが昔の日本人には多かったのです。
 
欲があるのは日本人も支那人も朝鮮人も同じです。でも物事を達成するのに一歩差を付けるのは、欲のために動く人より、物事を追求することに喜びを感じる人です。彼らは人参も鞭も御者もいらず、レールさえ自分で敷いてしまう機関車のような人です。そういう人が日本に少なくなっているのです
 

  
伊藤若冲:酒も女も眼中に無く、絵を描くことを無上の喜びとしていた人です。それが可能にしたたのは彼が裕福な家に生まれたからで、いくら好きとは言えある程度資金がないと何も出来ない事を物語っています。倉庫で埃をかぶっていた彼の作品を発掘したのはアメリカ人。絵画なので先端技術では有りませんが、超先端絵画だったのでしょう。物事を深く追求することに喜びを感じる人の一例です。
【2017/10/08 15:47 】 | 未選択 | 有り難いご意見(2)
| ホーム | 次ページ>>