忍者ブログ

崗上虜囚の備忘録

日本よ!。私の日本への思いです。 コメントに返事を書かないこともあります。悪しからず。 コメントの投稿は日本人だけにしてください。 日本人でない場合は、国籍を書いてください。 注、google chromeで閲覧出来ませんので、filefoxかinternet explorerで閲覧してください

内部侵略

今回のチャンネル桜の討論番組は、外国(主に中国)勢力による内部侵略を危惧する北海道と沖縄と東京の日本国民有志による討論番組(【討論】もう侵略は始まっている!北海道・沖縄三元中継[桜H30/5/19])でしたが、なんと『YouTube』では「この動画は、次の YouTube ポリシー違反のため削除されました: 悪意のある表現の禁止」と字幕が出て、視聴出来なくなっていました。
 
抗議が効いたのでしょうか、現在は視聴可能です。

 
【討論】もう侵略は始まっている!北海道・沖縄三元中継[桜H30/5/19]
 また消されるかも知れないので『nicovideo.jp』『freshlive.tv』をリンクしておきます。

  
詳しい内容は見て頂くとして、尖閣諸島での中国軍機や中国艦船による領空侵犯/領海侵犯は深刻な問題ですが、目に見えぬ形で着実に進んでいる内部侵略はそれ以上に深刻な問題です。このまま行けば日本の末端どころか中枢まで中国に支配されることになります。こうなると幾ら国防力を上げても対処出来ません。
 
今回の『YouTube』で見る事が出来なくなった事は、日本国民の動きを常に監視し、内部侵略を意図している中国にとって都合が悪い情報出て来ると、すぐさま一般人に拡散することを邪魔するシステムが出来上がっている為です。中国の本気度が分るでは有りませんか。
 
然しながら、如何に中国が日本に内部侵略を行おうとしても、こんなに侵略が進む筈が有りません。それが可能だったのは、中国の工作に加担している日本人がいるからです。そうなると中国に加担する日本人が一番問題であると言うことになり、それは日本人の脳が何処ぞの勢力に乗っ取られている問題になります。頭の中が侵略されているのですね。
 
つまり内部侵略とは洗脳工作の問題です。そうなると事は中国だけの話では無くなります。日本での最大の洗脳工作はWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)だからです。むしろ中国による日本内部侵略はWGIPを利用したものであり、WGIPの延長線にあるものと言えるでしょう。従ってWGIPによる洗脳から多くの日本人を目覚めさせないと、中国の日本侵略は成功するでしょう。
 
確かにWGIPの洗脳工作の効果は絶大でした。特に高学歴の人程効果的に効き、彼等の弟子達も洗脳される事になったので現在も継続しているのです。こうなると元々物事を深く考えずに学歴信仰を持つ一般日本人は、彼等の考えに引きずられる事になり、ますます中国による日本侵略を利することになっています。
 
それに対処するには日本人の高学歴崇拝を捨てさせる事ですが、世はインターネット時代。自分から情報を探し、自分の頭で考える人が少しづつ増えてきており、一点の光明が見えます。そのような自分の頭で考える人から見ると、現在の高学歴の学者・政治家・有識者の考えは、とても信頼がおけるものでは無いようです。特にWGIPに洗脳されたと思われる有識者達の言動は、脳に欠陥が有るのではないかと思われる程、思考力が欠如しているように見えます。
 
例えば、NHKのラジオを聴いていたところ、出演していた学者と思われる人物が「人殺しの為の軍事技術」とか言い出したので、またNHKのご用達、WGIPの洗脳頭の登場か、ひょっとしたら以前このブログで紹介した京大の山極壽一総長かなと思っていたら、池内了と言う名古屋大教授でした。後でWikiで調べたところ:天文学者、宇宙物理学者、理学博士(京都大学)と有り、そしてやはりというか「九条科学者の会」呼びかけ人でもありました。
 
彼が言っていたことを全て覚えている訳ではありませんが、「これ以上便利さを追求すべきでは無い」、「これ以上の経済発展は不要」とか、まるで周囲におもねって深く考えないで発言した中学生のようなことを言ってました。
 
物理学者なので、自分の頭で考えない人間とだと言われると、彼は反駁するかも知れませんが、自分の頭で考えると言うことは「自分で設問して自分で解いたか」と言う事です。ニュートンも釈迦も「解いたのは、自分で出した設問です」。恐らく彼は「自分で設問して自分で解いた」事はないでしょう。でなければ軍隊が無ければ平和になるなどの結論に至る筈がありません。
 
この手の人間には「若し日本が他国に侵略されたとき、君を殺しに行く」と言うことにしています。「で、どうするんだい?。その時日本は大混乱、警察も君を守ってくれないぜ。第一警官が腰にぶら下げている拳銃って、およそ人を殺すしか用は無い物だろう。自衛隊は人殺しなど言っていた君なら、そんな警官に守ってもらおうと思わないだろう。それとも仲間を集めて集団で守るのかい。夫々武器を手にして。ならこっちも集団で殺しに行くことにするね。でも、それって戦争だろう」と続けます。
 
    
池内君、山極君、いやさ九条科学者の会諸君、この血だらけのチベットの僧侶は人を殺すための武器なんか持ってないぜ。
 
     
「戦争反対」とか「自衛隊は人殺し」など叫んでいる人間は、頑迷固陋だけで無く、意見の異なる人に対して極めて攻撃的な事が特徴です。何が戦争反対だ。
PR

天皇の遺伝子2

Y-DNAは父から息子に伝えられる男性だけの遺伝子ですが、近年遺伝子検査技術が簡便になったため、天皇のY-DNAについての情報が色々出ています。例えば東山天皇の複数の子孫のY-DNAがD1b1a2(D-IMS-JST055457)、崇光天皇を先祖とする伏見宮家の子孫のY-DNAがD1b1a2(D-IMS-JST055457)、その他どのようなサンプルか不明ですが、継体天皇、桓武天皇、後村上天皇、近衞文麿のY-DNAもD1b1a2(D-IMS-JST055457)なので、かなりの確立で天皇の遺伝子はハプログループD1b((D1b→D1b1→D1b1a2)から分岐した系統のようです。
 
ハプログループD1bは、従来の分類法ではD2の系統名称で呼ばれていましたが、日本人男性の中に30%~40%存在する遺伝子です。又D1bは、近縁のD1aがチベット等にいますが、世界で日本列島とアンダマン諸島にしか見られない極めて稀な遺伝子です。従って天皇の遺伝子は、日本列島の先住民である縄文人の遺伝子と考えられています。
 
それにしても日本国の象徴、日本の国体、即ち日本の長である天皇が、日本列島の先住民である縄文系で有った事は凄いことです。何故なら世界の歴史は、後からやって来た民族が、先住民族を迫害し、又は奴隷にし、あるいはホロコーストをしたりして、国/土地を乗っ取った歴史でもあるからです。
 
例えばアメリカ。北米には先住民のインディアンが『土地や自然は皆の物』の考えの下、極めて民主的で平穏な暮らしを営んでいましたが、そこに15世紀に白人がやってきます。インディアンは『全ての物は皆の物』の精神の下、白人に物を分け与えます。ところが結果はどうでしょうか。
 
RACE, ANCESTRY, AND GENETIC COMPOSITION OF THE U.S.
アメリカの2億1500万人の69%が白人で、500万人のアラスカの先住民を含む約3400万人がアメリカの先住民人(13.6%)ですが、遺伝的にはほとんど白人です。下の表のように先住民人男性のY-DNA遺伝子を受け継ぐ人は3%しかいないのです。
  Y-DNA  人口  人口比%  出身地
    R1b      156     50       西ヨーロッパ
    E           43     14       アフリカ
    I            44     13       中欧
    R1a        16       6       東欧
    J            14      5       南欧、中東
    G            12      4       南西アジア
    O            10      3       アジア
    Q              9      3       先住民
    N              2     0.7      バルト諸国、シベリア
    M            0.5    0.2      太平洋諸島
 
これはアメリカの例ですが、南米も同じでしょう。アメリカ大陸の殆どの先住民の男性は子孫を残せなかったのです。
 
これはアメリカ大陸だけで起きた事ではありません。例えば旧約聖書の民数記・第31章を見て下さい。「ミデアンびとと戦って、その男子をみな殺した」、「女たちとその子供たちを捕虜にし」、「この子供たちのうちの男の子をみな殺し、また男と寝て、男を知った女をみな殺しなさい」、「まだ男と寝ず、男を知らない娘はすべてあなたがたのために生かしておきなさい」。これが世界で常識だったのです。勿論アジアでも同じす。
 
母親だけから伝わるミトコンドリアDNAにも色々のハプログループの系統が有りますが、その比率は日本列島とアジア大陸で大した違いがありません。それに対してY-DNAのハプログループの系統の比率が違うのは、旧約聖書の民数記と同じことがアジア大陸でも行われていたからです。つまり大陸では、殆どの女性は生き残びて子孫を残せるチャンスが平等にありましたが、男性は子孫を残せるチャンスが平等では無かったのです。
 
ところが日本で大陸では殆ど見かけないか、偏狭な地に追いやられているようなY-DNAハプログループが、堂々と日本国内の何処でも粗一定の割合で存在するのです。しかも現在、それらの人は、単一民族とも言われる日本人の構成要因になっているのです。
 
それは先住民の下、秩序ある他民族の受け入れが行われたからでしょう。そしてその秩序は日本列島の先住民に長がいたから生まれたからではないでしょうか。その長が天皇です。
 
民族は何故移動するのか。それは食料や気候などのより良い環境を求めての移動の場合もありますが、危機、民族が滅亡するかも知れない危機から逃れる為に移動する場合もあります。歴史を鑑みれば、その危機はホローコーストのような危機だろう事は、容易に想像できる筈です。
 
長江人と思われるハプログループO1b2(旧O2b)は朝鮮半島や日本列島を主に満州や東南アジアにいますが、大陸に殆どいません(注1)。又日本のハプログループD1bと近縁のD1aの民族がチベットのような高地に追いやれていることを見れば、それが人間が起こした危機によるもので有った想像できる筈です。否、想像しなくても現にチベット・ウィグルで今正に起きている事です。
 
 
これらの事を敢えて無視し、ミトコンドリアDNAのハプログループ等のみに着目して、昔は国家など無く、民族も無く、世界がグローバル化していたように言う学者がいますが、彼等は学者と言うより特定な思想(グローバル主義)のスポークスマンでしょう。特にそのような学者は『混血』等の言葉を好んで使い、ホロコーストが起きてきたことを曖昧にします。
 
ともあれ、大陸で希少になったY-DNAの民族も受け入れ、和して一つの民族国家となった日本は、世界でも希有な国です。その希有な国が2000年以上の長きに渡り継続してきたのは、先住民の長、即ち天皇を頭に置き、民も秩序を重んじ、後から来た民の勝手を許さなかったからです。本来なら日本は世界の模範となるべき国です。その為か、近年欧米人の中には、自国の無秩序の移民政策による民族間の紛争に悲観してか、日本に羨望し或いは期待している人が増えています。
 
処が日本では、帰化しても日本国民になりきらず、出自の仲間と結託して日本から天皇を無くそうとする輩や、出身国と連携して日本乗っ取りを画策している者が多数います。馬鹿々しいことに、天皇が存在している事の有り難味も分らず、彼等に協力して日本を壊そうとする日本人もいるのです。このまま行けば、日本は世界の模範どころか、過去のアメリカ大陸で起きていた、後から来た民族による先住民への迫害が、日本でも始まるでしょう。
 
  BC14000 長江文明開化  旧O2b+旧O2a
  BC4500   河姆渡城陥落  旧O2b1の流入
  BC2500   良渚文化滅亡  〃
  BC1000   弥生時代         旧O2b*+旧O3の流入
   AD200    邪馬台国
   AD300    古墳時代    
   AD660    百済滅亡         旧O2b*+旧O3+旧C3の流入
   AD668    高句麗             旧C3+旧O3の流入
新しい系統名称では、旧O2b1がO1b2a1b、旧O2b*がO1b2a1a2a、旧O3がO2、旧C3がC2になっています。
BC4500年頃からから7世紀の間の民族移動の概念図
 
-------------------------------------------------------------
ついでに。『文化・歴史』のカテゴリーではY-DNAを度々扱ってきましたが、自分のY-DNAも調べてみました。結果はD1b1a2b1(旧D2タイプ)、縄文系でした。
 
子供の頃に父親から「先祖は菅原道真で、戦国時代は岡山県新見市のとある城主で有ったが、尼子氏-毛利氏の抗争で尼子側に付いた為に毛利に滅ぼされた」と聞かされ来たので、一度祖父(祖父は次男)の実家を訪れたところ、先祖は岸本城城主吉岡道秀であることが分りました。
 
先祖が吉岡道秀であることが分ったのは、実は落城のときに兄弟で落ち延びて、兄にあたる子孫が同じ市に住んでいたのです。向こうはこちらを知っており、道秀の子が落ち延びたとき、兄は道秀の位牌を持ち、弟は観音像を背負って落ち延びたとの言い伝えがあったそうで、事実祖父の実家には観音像が有り、近年と言っても大分前ですが、その胎内から鎧観音が見つかり、又位牌の戒名も『賢休院殿右近道秀清居士』と『殿』が付いているので道秀が城主であったことは間違いないようです。
           
                  
鎧観音
 
では何故自分の遺伝子を調べる気になったかですが、菅原道真は天孫族の天穂日命の子孫(天穂日→出雲国造家→野見宿禰→菅原道真)と言うことになっていますが、それとは違い、菅原道真は出雲族の長である大国主命の直系であるとの説を唱える人もいますので、ひょっとしたら菅原道真の系譜も分るかも知れないと思ったからです。
 
出雲国造家についてはD1b2a(D-CTS220)の情報もありますが定かではありません。この情報が正しかったとすると、同じ天孫族でも天皇の先祖と天穂日命の先祖はハプログループD1系統ですが、2万5千年程前にようやく同じ先祖にたどり着けるの程離れており、天穂日命は天皇の先祖である天之忍穂耳命の兄弟では無さそうです。尤も神代の話なので、2万5千年前の出来事なのかも知れません。
 
結果として私の遺伝子(D1b1a2b1)は、同じハプログループD1b1系統ですが、天皇の遺伝子(D1b1a2)や出雲国造家の遺伝子(D1b2a)と違う結果になりました。菅原道真が大国主命の子孫で、出雲族も縄文系だった可能性も出てきたのです。それが正しければ「出雲族は渡来系」の話も無くなります。
 
と言っても、自分も吉岡道秀さえも、菅原道真のY-DNAを受け継いでいる確証など有りません。日本では男子に恵まれなければ養子で家を継ぐことが普通だからです。それでも誰かが菅原道真の系統を調べる事があれば、私の遺伝子情報も統計上のサンプルの一つとしてお役に立てる筈です。また岡山の片田舎にD1b1a2b1の男性が居たことの情報も、何かの役には立つでしょう。

一番美味しい日本料理は?

一番美味しい日本料理は?。それは『ご飯』である。「ご飯が料理か?」と思う人がいるかも知れないが『炊く』等の『ご飯』を作るときしか使わない言葉が有るのを見て分るように、『ご飯』は立派な料理である。当然炊き具合によっても味が落ちるし、日本料理の特徴である素材、即ちお米を厳選しないと味が落ちる。
 
欧米人の中には「ただ煮れば良いのに電気釜を買う人間の気が知れない」とか「こんな味のないものとか」と言う人間がいるが、恐らく味音痴の人なのであろう。
 
その点、電気釜を秋葉で爆買いしていた支那人は味が分っているようである。「日本のご飯は何故か美味しい」と言っていたシンシアリーと言う韓国人も味が分っているみたいである。
 
それでも支那人も朝鮮人も米を炊く料理法は思いつかなかった。第一、漢の皇帝でさえ米の『ご飯?』を食べるのがままならなっかった時代、日本では『豊葦原の瑞穂の国』と天皇も国民も一緒に米を追及していたのである。
 
散歩道にある小さな田圃。美味しいお米を作ってくれる人に感謝です。

ジャスティン・マッカリー

ガーディアン紙のジャスティン・マッカリーという記者が、財務次官セクハラ疑惑をめぐって、日本社会は未だにセクハラと戦うことに消極的だとの記事を書いている。

       
その中で彼は「福田氏の一件は日本社会が未だにセクハラ(場合によっては、より深刻な性的暴行も含む)と戦うことに消極的であることを示しました。」だと。
 
「おいマッカリー。日本の国の強姦発生率はOECD諸国の最下位だ。処がお前の国の強姦発生率は堂々の世界5位(日本の25倍)ではないか。そんな国の人間が、今回のようなセクハラもどき問題で、日本に説教する等おこがましいと思わないのか。こちらもおこがましい事を言わせて貰うが、未開人に説教を垂れたかったらオーストラリア(日本の84倍)かニュージーランド(日本の28倍)やアメリカ(日本の26倍)に行ったらどうだ。どれも英語圏なので言葉に不自由はないだろう。」


        OECD諸国の強姦発生率(拡大)
から。
 
マッカリーとデイビッド・マックニールは、お仲間のようだ。フェークニュースで有名な朝日新聞ともだ。当然ガーディアン紙も朝日新聞同様、何処かの集団に乗っ取られたフェークニュース垂れ流す新聞社なのだろう。
 
CNNもマッカリーと同じく、伊藤詩織を引き合いにしてきたが、フェークニュース専売のCNNが言ってもねぇ。
 
 
福田次官セクハラ疑惑問題では、フジテレビ「とくダネ!」(201804/18)でこんな事もあった。
     
デーブスペクターが「・・、でも自らああいう酔っ払ってる状況の中にみずから夜遅く居て、同意も無く録音してるわけですよ。そういうタイプだとエロ親父だと分かってる上で、確かに不愉快かもしんないですけど、それを皆が一緒になって守ってあげようということなのかと思いますよ」と言ったことに対して、柿崎明ニ(共同通信 論説委員)が「やり方は多分アンフェァなのかもしれないけど、日本の社会自体はまだアンフェアなので、・・」と、ドサクサに紛れて、日本を貶める発言をしたのだ。
 
「おい柿崎、お前もOECD諸国の強姦発生率のグラフを見ろ!。日本が最下位なのは、日本社会が他の国の社会よりフェアな証拠ではないか。因みに韓国の強姦発生率は日本の12倍。日本が他国よりアンフェアな社会だと言う証拠を見せろ」
  
でも、朝日新聞=共同通信=CNN=BBC=ガーディアンが繋がっていることを公表してくれて有難う。
 

思考停止は罪である

【経済討論】財務省主導の経済でいいのか?日本[桜H30/4/14]
 
久々に見ごたえのある討論番組であった。
この討論会での結論は「間違った財政再建論に誑かされて、今直ぐにでもやらなければならない将来投資をしないと、20年後は日本が消滅する」である。
 
これは、この討論の参加者全員の合意の筈であるが、何の為の増税阻止か、何の為の財政出動か、なんの為の何の為の経済政策か、が合意されてなかったのが残念である。藤井聡氏は言葉の端々で言っており、恐らく参加者も頭の隅では分っていたのだろうが、きちんと認識していないと増税問題やデフレ問題に端を発している経済政策の話が、今後経済の為の経済論議になりかねない事になるだろう。
 
そこで改めて、何の為の増税阻止か、何の為の財政出動か、何の為の経済政策かを言うと、ずばり国防の為である。
 
食料とエネルギー確保、国防は国の根幹である。食料の有無は直ぐ生死に結びつくので重要性は分るだろう。エネルギーの有無も、日本のような高度な工業社会ではエンルギー不足も生死に結びつき、重要性も理解できるが、江戸時代のような生活を考えればかなり倹約できるはずである。それでいて不幸せになるかと言えば、そうとも言えない。
 
例えばブータンはGDPを追求することを止め、GNH(国民総幸福量)の追求を国策としている。そして97%の国民が幸せと答えている。
 
江戸時代も同じであった。「日本国民ほど幸福に充ちた国民はいない」エドーワード・パーリントン・ド・フォンブランケ将軍1861年、「平和、裕福、明らかな充足感を見出した」オールコック1860年、「私はいたるところで子供達の幸せそうな笑い声を耳にした。そして一度も生活の悲惨を目にしたことがない」ヒュースケン1857(注、『鉄砲を捨てた日本人』より)、であった。
 
江戸時代、日本人は貧しかったが、不幸せだった訳ではなかったのだ。経済力がなくて幸福は得られるのである。日本が経済一辺倒ではなく、ブータンのように国民の幸福度を追求することになんら異存は無い。
 
だが江戸庶民の幸せな生活を打ち破ったは黒船である。日本は黒船来航後、富国強兵に舵を切り、欧米による植民地化を逃れることが出来た。だが、ブータンは中国の領土侵略から国民の幸福を守れるだろうか。無理であろう。ブータンは経済力も無く、スイスのように自力で国防を行えることも出来ない小国だからである。
 
そして、国防力が無ければ、国民のささやか幸せだって守れないのである。つまり国防力は食料についで重要なのである。この事は以前弊ブログで言ったと思うが、国防力は科学技術力であり、科学技術力は経済力から生まれてくるのである。
 
高橋洋一氏によると、国が財政出動できる金額は数年間毎年200兆円程あるそうなので後は国民の能力だけである。まあ、お金が有るからもっと働けの話である。そうなると外貨を稼ぐなどの話が如何に馬鹿げた事だと分かるだろう。カジノや観光は勿論、輸出産業も外国人の為に国民の能力を割いているのである。この点はGDPの中には輸出の総額が入っているので、特に産経の田村秀男氏なんかは自由貿易の必要を説くかも知れないが、必要な外貨は資源を輸入するための金だけで、それ以上は必要ではないことを認識すべきである。
 
後は、どのような形で財政出動をするかであるが、日銀の国債買取の裏事情を知っている高橋洋一氏は何でも有りであるが、健全財政論に洗脳された財務官僚・経済学者・政治家・マスコミそして国民を如何に納得させるかである。財政赤字なんかは幾ら大きくなっても気にする必要は無いと言う高橋洋一氏に対して、三橋貴明氏は一度財政赤字というものをチャラにしないと国民は納得しないのではと言うが、この際、日本は政府紙幣を発行し、輸出なんぞが入っているGDPなんかは止めにして、GDPに代わる経済指標で経済政策を行う国に脱皮すべきと思うが、どうだろうか。
 
討論番組の中では、国の借金は1300兆円、資産は900兆円、400兆円は子会社日銀が持っているので、1300兆-900兆-400兆=0、即ち国の借金は0円と言っているが、そんな事を知らなくても、誰かが借金をしないと世の中に存在しないお金を、国が増税して借金を返済する側に回ると日本経済が縮小する事が、何故分らないのだろうか。
 
この事について、渡邉哲也氏は財政破綻論者は自分の頭で考えないのだろうと言い、藤井聡氏は冒頭での「思考停止は罪である」と言った。『思考停止は罪である』これこそが今回の討論番組の最も重要な結論である。
 
ついでにもう一つ、討論番組の中で科研費の問題が出てきた。Wikiには、
1、学術上重要な基礎的研究(応用的研究のうち基礎的段階にある研究を含む)の遂行のための助成
2、学術研究の成果の公開のための助成(学術書の出版費の補助、学術団体による学術雑誌刊行費の補助)
3、学術研究に係る事業への助成
とあるが、この科研費、山口二郎法政大学法学部教授に6億円も出ているのである。それに対して山中伸也京都大学教授の科研費は、なんとたったの2億5千万円である。
 
山中伸也教授は世界の国が渇望する知的人間であるが、山口二郎教授は典型的な「自分の頭で考えない思考停止」人間である。つまり米国で「IYI(Intellctual Yet Idiot)=知的バカ」と揶揄(やゆ)される高学歴エリートと同じである。幾らこれから財政出動の大盤振る舞いをするといっても、こんな教授の科研費は0円でいいだろう。こんな人間に金を与えるのは、豚に真珠どころか、むしろ××に刃物ではないか。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[07/02 崗上虜囚]
[07/02 楽仙堂]
[06/28 崗上虜囚]
[06/28 楽仙堂]
[06/03 崗上虜囚]
[06/02 楽仙堂]
[05/23 崗上虜囚]
[05/23 楽仙堂]
[05/06 崗上虜囚]
[05/04 楽仙堂]
[04/19 崗上虜囚]
[04/19 楽仙堂]
[04/13 崗上虜囚]
[04/13 楽仙堂]
[03/29 崗上虜囚]
[03/29 楽仙堂]
[03/25 崗上虜囚]
[03/25 崗上虜囚]
[03/25 楽仙堂]
[03/24 楽仙堂]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
崗上虜囚
性別:
非公開

アナライズ

カウンター