忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
日本人の嘘、支那人の嘘、朝鮮人の嘘
先ずは自民総裁選で安倍晋三と、最良な選択がされたことでほっとした。とは言っても前途多難である。早速NHKが『又派閥政治が復活した』と、安部氏に対して負の印象操作をしているからである。

又、NHKの石破上げ安倍下げは、石破氏が左よりの思想の持ち主だからだろう。当然これからは、反日マスコミによる安倍叩きがもっと激しくなる筈である。

従って、安倍氏は経済政策をやるだけではなく、反日マスコミと戦わなければならないのである。それなら、真っ先にやるべきことは反日マスコミ退治である。反日マスコミは安部氏だけの敵では無い。日本人共通の敵なのである。まず国民に反日マスコミこそが日本の敵だと訴え、国民を味方につけるべきである。

幸い、支那・南北朝鮮の反日ぶりが国民の目に晒されるようになった。そしてNHK、朝日、毎日と全て支那・南北朝鮮と繋がっている。今なら党首会談等の機会を利用し、マスコミに反日ぶりを訴える手もあるだろう。反日マスコミ退治のときは今である。

----------------------------------------------------------
日本人の嘘、支那人の嘘、朝鮮人の嘘
通訳捜査官・坂東忠信氏の公演で思ったことの続きである。

支那人の噓つきぶりは度を越している。現行犯で捕まっても証拠を突きつけられても、次から次へ嘘を付く。捕まっても、まず名前から嘘である。全て嘘である。

支那人が噓つきなのは、今に始まったことではない。戦前の支那を観察したラルフ・タウンゼントに言わせれば『支那人は嘘が好き』なのだ。当然、支那人は自分が嘘を付いていることを分かっていると思われる。

この点が、同じ噓付き民族の朝鮮人と違う処である。朝鮮人も次から次へ嘘を付くが、彼らが嘘を付くのは、精神的なものから来る。朝鮮人が嘘を付くのは劣等感を癒すためになので、自分が付いた嘘の世界が現実なのか、空想なのか区別が付かないと思われる。

一方、支那人は現実主義者である。坂東氏が支那人犯人と犯行現場に向かう途中、白鳥が沢山いる所を通りがかった。そこで支那人犯人が言ったことは『あれは養殖しているのか』だったたという。綺麗とか自然が有るなんかは、どうでも良い。支那人の関心事は、食べれられるかとか、金で換算して幾らなのかである。

支那人は、現実主義者であると同時に物欲の塊である。政府高官も一般国民もである。それが尖閣騒ぎで世界の人にも知られるようになった。その為、支那人に多額の献金を受けていた、あのヒラリー・クリントン女史さえ『支那の全国民が崇拝するのは、権力と金銭のみだ』(中国は最も貧しい国になる?、参照)とついに見限ったようである。

支那人は物欲の為に嘘を付く。朝鮮人は劣等感を癒す為に嘘を付く。では日本人はどうか。

筑波大大学院教授・古田博司氏は『支那人・朝鮮人は嘘つきだが、日本人は不正直である』が持論である。確かにその通りである。インチキ裁判である東京裁判に従い、見たこともない南京大虐殺に反省し、事実も調べずに従軍慰安婦に謝罪が出来るのは、不正直だからである。

不正直?、ようするに嘘つきのことである。結局は日本人も嘘つきが一杯いるのである。

昔は、潔くて、さっぱり、はっきりしているのが日本人だった。しかしどういう訳か、近年は、不正直という嘘つきがやたら目立つようになった。今大手マスコミの言論界を牛耳っているのは嘘つきばかりである。

支那人・朝鮮人・日本人の嘘つき達を比較すると、支那人の嘘が一番率直で正直である。彼らの嘘は金や物を得る只の道具である。次に率直なのは朝鮮人である。しかし日本人の嘘つきが一番不正直で陰険である。そして、その嘘つき日本人の代表がいわゆる反日サヨクである。

彼らが何故嘘を付くかと言えば、仲間の日本人より偉ぶりたいからである。お前達日本人は戦争犯罪人なのだ、反省もしない日本人は愚か者なのだと、上から目線で物を言いたいからである。

といっても、彼らが南京大虐殺や、従軍慰安婦に本心で謝罪したり反省したりしている訳では無い。反省処か、従軍慰安婦は反日サヨクの嘘から始まったのだから、当然事実でないことは、彼らが一番知っている。それでも彼らが謝罪したり反省したりしするのは、目的は仲間の日本人より偉ぶりたい為であり、彼らの言動は全て芝居である。

この点は、支那人のダイレクトな物欲の為の嘘と違って、反日サヨクの嘘は朝鮮人の嘘に近い。反日サヨクが朝鮮人と親和性が良いのもその為である。

反日サヨクの嘘が、精神性だといっても、朝鮮人や支那人と結びつけば実害が出ることになる。実際、今支那人を引き入れているのは反日サヨクである。支那人の犯罪発生率は日本人の4倍。たった一人の犯罪者の為に社会が右往左往することになり、警察官を増やしたり、犯罪防止の為に余計な金が掛かったりするのを考えれば、支那人を引き入れている日本人は犯罪に加担していると言ってよいだろう。

ともあれ、支那人の入国を阻止する以前に、先ずは日本人の嘘つきを社会から排除することである。

日本人を1とした、外国人の国籍別犯罪発生率
坂東氏も述べていたが、在日韓国人の犯罪発生率が、来日韓国人より高いことに注意する必要がある、。

参考:来日外国人犯罪の検挙状況(平成24年4月)
http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kokusaisousa/kokusai/H23_rainichi.pdf


参考:中国は最も貧しい国になる?
PR
【2012/09/26 21:57 】 | 支那人 | 有り難いご意見(8)
支那の日本侵攻
中国人犯罪者と対応してきた通訳捜査官・坂東忠信氏の公演を聞いてきた。以下は公演内容の一部である。

2010年9月30日に愛媛県で64歳の日本人男性が26歳の支那人男性に包丁で滅多刺しにされ、さらに心臓を抜き取られるという事件が起きた。10月1日、愛媛新聞はネッとで報じたが、どういうわけか直ぐ消した。10月15日にも捜査関係者の話をネットで報じたが、これも直ぐ消した。

坂東氏は不審に思い愛媛新聞に問い合わせをしたが、要領の得ない返事しか返ってこなかった。察するに、尖閣沖漁船衝突事件の後であり、支那との関係をおもんばかる、なんらかの力が働いたと思われる。マスコミが飛び付きそうな猟奇的な事件であったが、TV新聞でこれを報じた形跡はない。

肋骨に囲まれている人間の心臓を抜き取るのは大変である。坂東氏は、どのようなやり方で支那人が心臓を抜き取ったのか、何故心臓を抜き取ったのか興味を感じ、歴史研究者黄文雄氏と月刊中国中国編集長の鳴霞(めいか)氏に聞いてみた。

すると支那では、心臓を抜き取る意味は、強い恨みを持つ相手に対して行う行為であり、心臓を抜き取るには胸元をちょっと切り裂き、腹を踏みつければ心臓が飛び出してくるそうで、手も汚さず簡単であるとの答えが返ってきた。又、そのやり方は解放軍兵士なら誰でも知っているとのことである。

支那では解放軍兵士80万人のリストラをしている。また支那では日本に対する恨みを持つ教育がされている。それと呼応するように、現在日本は支那人を着々と受け入れている。しかし心臓を抜き取るような猟奇的事件でさえマスコミが報じないのだから、その実態を殆どの日本人は知らない。

支那人が日本に潜入する手口の一つに、中国の公安局が発行する正規のパスポートに、別人が成りすます手口がある。これと観光ビザも2親等以内であれば家族にビザを発給することになった為、誰でも日本に来ることが出来るようになった。嘗ては密航船に潜んで来日したが、いまや堂々と日本に入ることが出来るのである。

そうなると日本国内でも、ビザが切れた支那人や成りすまして入国してきた支那人の身元を、黒から白にする商売も行われるようになった。マネーロンダリング(資金洗浄)ならぬ身元ロンダリングである。それをやっているのは支那人だけでは無い。日本人もいるのである。その一人が櫛渕万里なる民主党議員(元ピースボートの事務局長)である。

民主党代議士・櫛渕万里も腹立たしいが、それより怒り心頭なのは「グローバル30」と言う、文科省などが主導している民主党の30万人留学生受け入れ政策である。留学生には月々12万から11万円支払われ、学費は免除、奨学金は返済義務は無く、日本に来るための飛行機代2万5千円等であるが、彼らの為に年293億円もの税金が使われているのである。

財政赤字を考えれば当然、奨学金制度を受けた日本人には返済義務があり、高い月謝も支払わなければならない。たった73億円の「はやぶさ2」の宇宙開発予算さえも削られる中、処が支那人・朝鮮人だけには大盤振る舞いである。日本人が食い物にされているだけでは無い。日本国民の税金が解放軍兵士を日本に引き入れるために使われているのである。

留学生の数は現在14万人ほどであるが、殆どが支那人、そして朝鮮人である。当然支那人留学生の中にはリストラされた解放軍兵士が一杯いる筈である。解放軍兵士でなくても「国家総動員法」により、日本にいる全ての支那人が兵隊になることを考えれば、日本に侵攻する敵国の兵隊を日本の金で受け入れている状態である。

これだけでは無い。現在中国語で自動車運転免許の学科試験が受けられるという。中国語学科試験実施の自治体は、北海道、青森県、宮城県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、和歌山県、鳥取県、島根県、山口県、熊本県、栃木県の全17自治体がある。(該当自治体の人は、是非抗議をして欲しい)

こうなると、支那は軍事力を使わなくても、尖閣は手に入ると思っている筈である。内側からの侵攻である。でもそれには手を貸す日本側の役人がいなければ出来ないが、出来ているところを見ると、かなりの役人が支那の手先になっているのだろう。ようするに支那人の脅威より、脅威を作り出しているのは日本人のようである。


 
 
こんなことも、何れ日本国内でも起きるのだろう。
 

おまけ:「支那人「対日武闘訓練」始まる」:博士の独り言 II から。
http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-1126.html

【2012/09/23 17:00 】 | 支那人 | 有り難いご意見(47)
上昇志向の支那人・朝鮮人
日本人と支那人・朝鮮人はかなり違う。欧米人の目からみれば殆ど変わらないと見えるだろう。また日本人の中にも『もっと巨視的な目でみれば日本人と支那人・朝鮮人の違いなど微々たるものだろう』と言う人間がいるかもしれない。

しかし宇宙から日本列島、支那大陸、朝鮮半島を見るとどうであろうか。森林の多さ、海洋汚染の度合い、夜の明るさ、これらを見れば歴然とした違いが分かる筈である。宇宙から見ても、国毎の自然環境や人工環境の違いが見えるのである。

当然である。現代では自然環境のかなりが人間が作っているのである。国家は、人間の移動制限する機能をある為、地域環境の違いは、人間の違いから生まれて来たものが、かなりある筈である。

 



海洋汚染:支那と朝鮮の間に注目


支那人と朝鮮人は、行動パターンが良く似ている。彼らは一様に努力家である。国を捨てて外国に移住する事も似ている。アメリカ・カナダ・オーストラリに移住している支那人・朝鮮人を見ると、何れも教育熱心である。学問だけでなく音楽や芸術、スポーツの分野でも子供の英才教育を行っており、親子共々熱心なのも支那人と朝鮮人の特徴になっている。

支那人・朝鮮人の似ている点は、両者共上昇志向の人間達だと言うことである。他国に移住する人間だけでは無い。本国でも同じである。日本人も教育熱心と言われるが、日本人は必ずしも上昇志向とは言えない。例えば。博士号を取る韓国人は多いが、日本人はそれ程博士号取得に拘らない。ノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏が良い例である。『日本人は博士のことをバカセと呼ぶ言葉がある』と、有る韓国人が言っていように、日本人は学位を取るのに、それ程熱心ではない。

確かに、教育は国家の礎である。世界には教育熱心で無い国もある。そういう国は、やはり国としてぱっとしない。しかしそれ程教育熱心で、上昇志向の高い支那人・朝鮮人が、何故国を捨てて出て外国に移住するのだろうか。少なくても、上昇志向の高い人間が多ければ、その国は栄え、環境はよくなり、外国に移住する国民は少なくなる筈である。

支那人・朝鮮人の上昇志向は、近代以前も同じであった。志ある者は皆論語を学んだ。現代は論語の代わりに、それが多種の学問や音楽、又はスポーツに変わっただけである。今も昔も、支那人・朝鮮人の上昇志向は変わらないようである。

それなのに、支那・朝鮮は、何故日本の後塵を拝するようになっているのだろうか。結論を言えば、その理由は彼らの上昇志向が問題だと言える。発展途上の国が、国民の上昇志向が無いが故に発展できなかったように、支那・朝鮮では国民の上昇志向が、国の発展を阻害しているのである。

では何故、支那人・朝鮮人の上昇志向が国の発展を阻害しているかと言えば、彼らの上昇志向とは、人の上に乗っかる事が上昇の意味だからである。学問をやっても、学問の真髄を極めることが、上昇の意味では無い。支那人・朝鮮人にとって学問は、他人を蹴落とし、他人の足を引っ張り、誰よりも上の地位になる為の道具である。

そうして地位を得ても、学問が身に付いている訳では無い。無能な人間が人の上に乗っかっているのに過ぎないのである。だが、上になった人間だけが問題なのではない。なにより問題なのは、上も下も上昇志向の為、他人を蹴落とし、他人の足を引っ張るような人間ばかりで、組織が成り立たないのである。近代国家は人間が組織だって動かないと何事も進まない。組織は良好な人間関係が無いと機能しない。これでは日本の後塵を拝するのはやむ得ないだろう。

しかし支那人・朝鮮人は、何事を行うのにもすぐ徒党を組み、団結力もあるではないか、と言う人もいるだろう。処が、この支那人・朝鮮人が徒党を組むのは、別の集団を蹴落とすための場合が多い。例えば、支那人・朝鮮人が反日で、団結しているのは、日本人の上に立ちたいからである。

支那人・朝鮮人が、歴史を捏造し、日本人に自虐史観を植え付け、捏造した日本人の悪行を世界に喧伝するのは、そうしないと世界の中の自分達の地位が上がらないと思っているからである。彼らは上昇志向なのである。もっとも、仮に日本人を蹴落としたとしても、今度は仲間同士で足の引っ張り合いをするだろう。支那・朝鮮の歴史は数千年来、この繰り返しである。

人間関係だけでなく、生活環境・自然環境まで悪化させ、国家の発展を阻害しているのは、支那人・朝鮮人の上昇志向のなせる業である。

その支那・朝鮮と日本が違う点の一つは、日本にはオタクが多い事であろう。此処で言うオタクとは、専門分野を追求する人間の事である。彼らは金や地位に目もくれず、時に寝食を忘れ一つの事を追及したりするのが特徴である。例えば、以前紹介した石油を取れる藻を発見した渡辺信教授は、その代表である。

渡辺信教授は、若い時から藻の研究一筋である。どこにに行くにも藻の採取の道具を忘れなかったと言う。そしてそれが、世界的大発見に繋がるのである。若し、石油が取れる藻を発見出来なかったとしたら、渡辺信教授は藻が大好きな風変わりなおじさんで終わっていたかも知れない。だとしても、それでも渡辺信教授は満足で有ったろうし、それはそれで世間は彼の業績を認めていた筈である。

(渡辺信教授が、藻で作った燃料でトラクターのエンジンを始動し、隣に奥さんを乗せて二人だけの喜びに浸っていた風景は、中々良いものでした)

渡辺信教授のような成功者でなくても、日本には物事をとことん追求する人間が一杯いる。それは、金や地位に目もくれずに専門的な事を追求しても、他人の踏み台にされず、自由に一つの事を追求する環境が日本に有ったからである。

オタクのような個性的な人間の話だけでは無い。没個性と言われ、集団の中に埋もれてしまう人間が、組織内で協力的なのも日本の特徴である。彼らが命令に従順な奴隷で無いことは、彼らがしばしば上司の命令以上の事を行う事を見ても明らかである。消極的な人間が、集団にいると積極的な人間に変わるのである。支那人・朝鮮人が『日本人は一人だと豚だが、三人集まると竜になる』と言う所以である。

それは、日本文化が人間を持て成す事が喜びである事を知っているからである。只、残念な事に、日本にも支那人・朝鮮人のように、人の上にに立ちたがる、上昇志向の人間がいることである。


【2012/06/19 21:57 】 | 支那人 | 有り難いご意見(4)
世界惨禍、イナゴの来襲

拡散希望:
1 中国大使館「領事館業務」は建坪150平平米で東日本は十分
http://youtu.be/C5fnkIoPcCM
2 超限戦の元締め中国大使館は日本総督府になるのか?
http://youtu.be/usbXPKr3ydw
3 中国大使館経済商務参賛処は売国商人達の密会所か?
http://youtu.be/C7HUzcZpSc8
4 中国大使館別館・第二別館予定地への道を歩いてみよう
http://youtu.be/vwhfxc4rlKs
5 中国大使館第二別館予定地は大使公邸用ではあり得ず
http://youtu.be/0Y-amE-0gXg
6 知られざる中国大使館教育処(江東区)とは?
http://youtu.be/l0R9SbeY5h8
7 中国大使館教育処-2 ここを発見したのは神の計らい?
http://youtu.be/KWOimsmiEK4
8 中国大使館教育処-3新潟市民の皆さん知って下さい!
http://youtu.be/oDQi-5G_DV0
9 中国大使館教育処別館 大使より格上の人が居るかも?
http://youtu.be/8f8yYkgte5U

世界惨禍、イナゴの来襲:
支那人・朝鮮人はイナゴに似ている。それは移住先の地を食い荒らし荒廃させると、また別の地に飛び去って行くイナゴの生態にそっくりだからである。彼らは祖国の経済状況が悪くなると、いとも簡単に国を捨てる。

支那人・朝鮮人が国を捨て、他国に移り住んでも、嘗ての祖国のために活動するのは、祖国に対する忠誠心では無い。彼らに国家意識があれば、国を捨てる人間がこれ程多くいる筈がない。彼らに有るのは、仲間や同族の結びつきである。それでも、彼らの仲間や同族の結びつきは、彼らには愛国心が有ると思わせる程強固であるが、彼らの本質は流浪の民であり非定住民である。

そして、今日本で起きている混乱は、その支那人・朝鮮人の群れが、彼らの都合の良いように日本を変え、さらに仲間を呼ぼうとしている事である。つまり、彼ら都合のよい形態とは、日本が国家としての意味を成さなくさせる事であり、その混乱とは、それに気が付いた一部の日本人と、支那人・朝鮮人連合との戦いの事である。

これは有る意味、国家が有るべきであると思う人間と、国家を必要と思わない人間との戦いである。又これは、以前のエントリーの「最後の定住民国家」でも取り上げた、定住民対非定住民、又は定住民対移動民の戦いである。

現在、世界中に国があるが、国と称していれば同じ地に位置し、国民はその国に定住しているのが普通である。豊かの地を求め、見つければそれを襲うという、フン族や匈奴のような生き方は、最早出来なくなっているからである。

と言っても定住してから日も浅く、まだ国家として若い国は、国民が定住のノウハウを身に着けていない国もある。それは、いずれも野蛮な国である。ロシアもアメリカも、国家や国民の行動を見ると、それに近い国に見える。

新興国家であるアメリカは、砂のような国民の集まりである。合衆国と言う入れ物が無ければ、その地で生きている人間達は、ばらばらになるだろう。それに対して、現存する世界最長国家の日本では 、日本列島に定住する限り、国家の機能が麻痺したとしても、そこに暮らす日本人は、モラルある社会を形成する筈である。縄文時代から続いている日本社会には、定住のためのノウハウが山ほど有るのである

そのためアメリカ等では、常に国民に国家を意識させる啓蒙活動を行っている。アメリカの小学校が国旗を飾っているのは、国民に国家観を教えているのである。そうしないと、アメリカ人はすぐばらばらになるであろう。

逆に日本は、国家の成り立ちを誰もよくしらない程古すぎるため、国民は国家の存在を意識しないのが当たり前となっている。そこで、支那人・朝鮮人達が、日本を破壊しようと暗躍してるのも、日本国民が国家を意識しなくなった弱点を知っているからである。彼らの工作目的は、日本人が国家意識に目覚めないようにすることが第一である。

と言っても、その事に日本国民が気が付くと、国家意識を回復するのは早いと思われる。現在マスコミ・教育等の重要な処が支那人・朝鮮人達に乗っ取られているが、日本国民同士が結びつく処はもっとある。天皇の存在しかり、日本語の存在しかり、文化や生き方しかり、国家を無くそうとしても、あらゆる処で日本国民同士は結びついており、国民の家としての日本国家の存在は、消しようもないのである。

むしろ、問題はアメリカ等の新興国家では無いだろうか。現在、多数の支那人・朝鮮人がアメリカ等に移住している。先に述べたように、彼らは移住先の国に忠誠を誓わない。そして移住先で仲間だけのコロニーを作り、仲間同士で結束し、その地域の多数派を形成する。議会は乗っ取られ、教育内容も変えさせられるだろう。

古くからいるアメリカ人が国として、支那・朝鮮を取るに足らずと馬鹿にしても、支那人・朝鮮人に内部から食い荒らされれば、なす術はない。アメリカは、国民大多数が共通項を持たない、後から来た移民で成り立つ国である。国家意識を持つアメリカ人等は、あっと言う間に少数になる筈である。

今、アメリカの多くの州で、独島の看板が立てられ、慰安婦の碑が建てられようとしている。朝鮮系アメリカ人は高々200万人程度ある。その彼らでも、これ程の影響力を行使できるのである。恐らくアメリカ人の多くは、それ等は日韓関係の問題であり、対岸の火事としか映らないだろう。しかし国家意識を持つアメリカ人なら、僅かな韓国系アメリカ人が大きな影響力を持ち、アメリカの利益でない事を熱心にやっている事に関心を持つべきである。

それは、本命である支那人が、これからアメリカを支配するだろう事を示唆しているからである。そこから想像されることは、イナゴに食い荒らされるアメリカの姿である。そしてやっかないな事に、このアメリカを食い荒らすイナゴの群れは本体では無いと言うことである。

世界各地を食い荒らしたフン族は本体が移動してきた。しかし現代版、遊牧民・騎馬民族の本体は大陸の支那や朝鮮半島にある。彼らに本国が有る限り、いくら一国だけで彼らの流入を止めても、その他の国に押し寄せてくるだろう。それは、現代版遊牧民・騎馬民族の後方にある、本体である彼らの国家の意思だからである。

彼らは嘗ての華僑と違い、流浪の民では無い。これから、世界の国に押し寄せてくる集団は、本国で世界乗っ取りを教育され、それを意識している人間達である。言わば彼らは尖兵である。

それは、明確に世界制覇を言い出した支那人だけではない。在米朝鮮人や朝鮮系アメリカ人の言うことが、悉く彼らの嘗ての本国の言うことと連動しているのは、彼らの眼中に、アメリカの国益が入っていないことは明らかである。そして、オリンピックやサッカー試合の買収劇の成果を見れば、朝鮮人の能力も高いことはわかる筈である。

支那人・朝鮮人。食い荒らすだけで、定住のノウハウを持たない民。仲間内だけの利益を追い、公に奉仕することを知らない民。陰謀、分断工作、懐柔工作に長けた民。アメリカであれ、日本であれ、支那人・朝鮮人の軍門に下る国が一つでもあれば、それは止まる事を知らず、世界の惨禍として広がるであろう。

日本人よ目を醒ませ!。

 

『河添恵子著「豹変した中国人がアメリカを・・・」①』梅原克彦 AJER
http://www.youtube.com/watch?v=9VMtHPQ4cVM

『河添恵子著「豹変した中国人がアメリカを・・・」②』梅原克彦 AJER
http://www.youtube.com/watch?v=AkSIhG84i_c


『国家が有るべきであると思う人間と、国家を必要と思わない人間との戦いである』と言ったが、日本人にも日本国を無くそうとしている人間が一杯いる。所謂サヨクと呼ばれる人間達である。しかし、彼は支那人・朝鮮人と多少違う。日本を無くそうとしている日本人に限って、日本に庇護を求める人間だからである。言わば、サヨクは親のスネをかじっていながら、自分を認めさせようと、家庭内暴力を起こしているような人間達である。例えば、大江健三郎である。彼は、日本を誹謗中傷し北朝鮮を讃美したが、一向に北朝鮮に移住しようとしない。日本のサヨクはスネかじりの馬鹿である。


【2012/06/07 22:34 】 | 支那人 | 有り難いご意見(4)
| ホーム |