忍者ブログ
日本の工芸

韓国が盛んに日本文化の剽窃を行っている。如何に捏造しようと日本の文化は朝鮮半島のそれと根底から違う。人の感性も違うし精神構造も違う。しかし残念な事に、近年日本人なのに日本文化を理解出来ない人間が増えて来た。精神構造も朝鮮人と変わらない人間が増えてきた。

無理も無い。マスメディアや教育現場が乗っ取られていれば、そうなるのかも知れない。

【日本の工芸】

  

日本画では写実と装飾が混在することが許される。文様の中に細密な花鳥画が混在しても絵として通用する。それは西洋絵画ではあり得無かった。画家は芸術家であるが装飾は職人がやることであった。それが変わったのは日本の絵画からの影響である。クリムトの絵等はその代表であろう。

何も囚われない自由な発想、それは工芸の世界でも同じである。職人や技術者と芸術家の垣根が無いのも日本の文化の特徴である。

左の2つの写真は16世の埋忠明寿作の刀の鍔である。 埋忠明寿は足利将軍家に仕える金工師とされているが、刀も打つので刀工としても著名である。従って彼の立場はその時代の芸術家であり将軍家をとりまく文化人だったようである。

それは彼の残した作品を見れば分かる。自由な発想と共に知性が感じられる。そして何よりも驚くのは、まるでアール・ヌーボーの作品のように感じられることである。否、アール・ヌーボーこそが日本の芸術からヨーロッパへ接木されて花開いた芸術だったのである。それ故、未だに根強い日本人のファンが多いのは当然である。

だが、日本の芸術はそれに留まらない。中央の写真は江戸前期の金工、林又七作の鍔(破扇文散鍔)である。高価な金を象嵌した作品であるが、その象嵌の地は鍛えられ槌跡が残るような朴訥な鉄地であり、金象嵌で描かれるのは破れ朽ち行く扇である。世界にこのような芸術があるのだろうか。

西欧であれ東洋であれ美術品は美を誇るものであり、金を使うなら宝石も使い飾り立て競うものの筈であった。だが日本は違った。滅び行く物に美を感じ、粗末な道具にも気高さを感じた。もうアールヌーボのはるか先を行き追従は許さない。

豪華も質素も派手も朴訥も全て合わせ持つ。それが日本の芸術の特徴であり、それを育む自由こそが日本そのものである。

右の写真は、16世紀末頃の刀の拵えである。派手で奇抜な拵えと質素で朴訥な拵えが、同じ刀掛けに並んでいる光景を想像すると微笑んでしまう。それは下の質素な拵えでも、精一杯のお洒落を感じさせるからである。

この時代を境に、武士の刀の拵えは殿中指と呼ばれる黒一色の黒色蝋塗の拵えばかりになってしまう。それは端整であるが没個性である。これもまた武家社会が儒教による影響を受けたせいかも知れない。


PR
【2011/10/21 19:15 】 | 文化・歴史 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<お知らせ | ホーム | 日本の絵画>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>