忍者ブログ
NHK一万人集団訴訟で裁かれる者
NHKの番組『ジャパンデビュー・アジアの一等国』への一万人集団訴訟の東京高裁の判決に対して、NHKは不服として上告するが、判決が不服なのは原告団も同じである。それは以前の記事にも書いたが、もう一度おさらいをする。
 
原告団は何が不服か?。それは東京高裁は、台湾人女性の精神的苦痛を認めたが、その他の原告団が指摘した「公正な放送を行う義務違反について」何ら考慮せず、結果一万人の原告団の精神的損害については認めなかったことである。
 
東京高裁が台湾人女性の精神的苦痛を認めた理由として、「(NHKが)一部の学者が唱えている"人間動物園"と言う言葉に飛びつき、その評価も定まっていないのに」と述べたのは、『ジャパンデビュー・アジアの一等国』の放送内容が恣意的で偏っている事を認めたに等しいのである。
 
にも係わらず、東京高裁が放送法を無視したのは、東京高裁も一審の東京地裁と同じ偏向裁判所だったからに他ならない。つまり東京地裁も東京高裁も死んでおり、次の最高裁判所で裁かれるのは日本の司法そのものだとい言うことである。勿論裁くの最高裁判事では無い。裁くのは国民であり、裁かれるのは裁判官達である。
 
恐らく、最高裁も高裁判決と同様な判決を下すと思われる。台湾人女性の精神的苦痛は認めるが日本人の苦痛は認めないである。別冊正論20号の『NHKよ、そんなに日本が憎いのか』の表題にある日本憎し、つまり反日の風潮はマスコミだけでなく司法の場にも覆っているのである。
 
そうではないか、近年の虐めやパワハラ等の訴訟に対し、積極的に精神的損害を認めている日本の司法が、台湾人女性の精神的苦痛は認めたが、なぜ日本国民の精神的苦痛を認めないのだろうか。放送法の公正な放送を行う義務とは、精神的苦痛の被害者を出さないためなのである。
 
処が反日裁判官達は放送法など眼中に無いようである。NHK始めとする反日マスコミが使っている、自分達の都合が良い情報は流すが都合が悪い情報は流さない手法と同様、都合の良い法は採用するが都合が悪い法は採用しないようである。
 
では、放送法にうたわれる「政治的に公平で、事実び即し、意見が対立している問題についてはできるだけ多くの角度から論点を明らかにし」が何のためにあり、何故それが精神的苦痛の被害を出さないためであるか考えてみよう。 
 
此処に精神的苦痛がどのようなものかを一つ例で説明する。それは「ネズミに電気ショックを与える実験がある。この時ネズミに電気ショックを与える直前にブザーを聞かせ、ネズミに予告を与えると、予告なしにショックを受けたものよりストレスの症状が少ない」という心理学での実験結果である。
 
これによると動物は条理・不条理を区別し、不条理な事に出会うとストレスを感じるようである。上記のネズミは胃には潰瘍が出来、毛が抜け落ち、最後は電気ショックにも無反応になった。電気ショックのような物理的迫害より、不条理による精神的苦痛が勝事が示されたのである。
 
これを人間に置き換えるとどうなるのか。人間はネズミより遥かに不条理に敏感である。虐めにより自殺する人間が後を立たないのもその理由による。虐めの多くは物理的なことより、言葉による精神的もので行われる。
 
NHK一万人集団訴訟は、その精神的虐待に対しての訴訟だったのである。NHKは、存在しなかった事実をあったかのように捏造し、やらせ、歪曲、印象操作、サブリミナル効果まで用いた悪意に満ちた放送を、日本国民に見せたのである。
 
これが悪意に満ちた放送というのは、番組の目的は日本そのものを貶めることだったからである。高裁の判決文も、NHKが『人間動物園』なる言葉に飛びついたのは、「日本政府の姿勢を批判しようとしたものであり、・・パイワン族の人たちがを野蛮であると報道したものではない」と言っていることで明らかである。つまり、番組の目的は台湾人の貶めることではなく、過去現在を含む日本国民全員を貶めることだったのである。
 
しかも日本国民は、その番組に対して強制的に金を支払わされているのである。これ程不条理な事は無いではないか。不条理な内容で自分達が貶められている番組を、強制的に金を支払わされて見せられる。日本国民が受けた精神的苦痛は如何程であろうか。
 
処が、その精神的苦痛を守るべき法、即ち放送法は、地裁・高裁の裁判官により施行されることは無かった。日本国民はNHKに続き、裁判所からも精神的苦痛を受けることになったのである。
 
都合の良い法は採用するが都合が悪い法は採用しない。これを司法の独善と言わずしてなんと言えばよいのか。三権分立と言っても、裁判所も所詮国家の機関である。それを恰も司法は国家とは関係が無いかのように、国法さえ無視し不条理な判決をする裁判官が多すぎる。もはや日本の司法は死んだと言って良いだろう。
 
次に、NHK一万人集団訴訟で裁かれなければならない者は、NHKと日本の司法である。
-------------------------------------------------------------
参考資料:
チャンネル桜 | NHK 一万人・集団訴訟
 
平成25年11月28日・東京高裁判決文
 
平成24年12月14日・東京地裁判決文
PR
【2013/12/22 20:44 】 | NHKを解体せよ | 有り難いご意見(4)
NHKを解体せよ!
東京高裁で『NHK一万人集団訴訟』の判決が言い渡された。NHKの敗訴である。
 

【緊急特番】勝った!NHK一万人集団訴訟控訴審[桜H25/11/29] 
 
判決文の一部、
本件番組を制作した島田等は、日本を代表する番組のディレクターとして、全ての人に人間の尊厳を認め、公平且つ平等な報道を行うよう心がけるべきであり、報道によっていたずらに人の心を傷つけること無いよう細心の注意払うべきにもかかわらず、一部の学者が唱えている人間動物園という言葉に飛びつき、その評価も定まっていないのにその人種差別的な意味合いに全く配慮することもなく、これを本件番組の大前提として採用し、上記のパスカルブランシャールを番組の随所に登場させて内容を組み立てて製作して放送し、1910年の日英博覧会に志と誇りを持って出向いたパイワン族の人達を侮辱しただけではなく、行為で取材に応じた控訴人コウキョ(高許月妹氏のこと)を困惑させて本来の気持ちと違う言葉を引き出し、人間動物園と一体のものとしてそれを放送して、控訴人コウキョが有していた、父親はパイワン族を代表してイギリスに行ったことがあるとの思いを踏みにじり、侮辱すると共にそれまで控訴人コウキョがパイワン族の中で受けていた、パイワン族を代表してイギリスに行った人の娘であると言う、社会的評価を傷つけたことは明らかであるから、その名誉を侵害したものであり、不法行為を構成するものと言うべきである。
 
被控訴人NHKらが主張しているように、人間動物園と見世物とが同意(同じ意味)であると等とは到底ありえないことである。例えば、歌舞伎は日本における代表的な見世物の一つであるが、これを人間動物園と表現することが出来ないことは明らかである。しかも浜崎および島田らは、本件番組の政策担当者自身、控訴人コウキョに対する取材の時点では、未だ人間動物園と言う言葉を知らなかったと言うのであるから、見世物と言う言葉で人間動物園と言う言葉の持つ上記のような複雑な意味合いを説明したり、説明が出来たと考えることは不可能であるから、その意味でも被控訴人NHKらの主張は失当である。
 
本件番組は、日本の台湾統治が台湾の人々に深い傷を残したと放送しているが、本件番組こそその配慮の無い取材や編集等によって、台湾の人達や、特にゴウシ村の人達、そして79歳の高齢で無口だった父親を誇りに思っていた控訴人コウキョの心に深い傷を残したというべきであり、これを上記認定の通り、本件の番組の内容の影響の大きさ等の一切の事情を斟酌すると、控訴人コウキョの被った精神的苦痛を慰謝するには100万円を持って相当というべきである。
以上。
 
原告団の人達は、この判決を評価しているが、果たしてそうだろうか。裁判官が判決を下したのは、台湾人への人種差別的的な番組内容だけではないか。
 
然しながら裁判官は、判決で「一部の学者が唱えている人間動物園という言葉に飛びつき、その評価も定まっていないのに、その人種差別的な意味合いに全く配慮することもなく、これを本件番組の大前提として採用し」と言っているのなら、NHK番組制作者が何故評価も定まっていない学者の言葉に飛びついたのかを考慮すべきであった。
 
それを考えるなら、NHK番組制作者の意図が、台湾人を卑しめる事は本来の目的では無く、NHKの意図は日本を貶める事だったことは明白なのが気が付く筈である。
 
『ジャパンデビュー・アジアの一等国』は、NHK番組制作者達がある目的のため、事実を捻じ曲げて強引に作ったので、図らずも彼等が持つ台湾人への人種差別的な考えが露呈してしまったが、番組の目的は日本を貶めることであり、結果卑しめられたのは日本人全体だったのである。
 
番組内の嘘に傷ついたのは台湾人だけでは無く、日本人も同じである。東京高裁の判決は日本人被害者に対して考慮していない。その為か番組内で使われたサブミナルなどについて全く言及していない。隠蔽工作についても考慮していない。
 
明確な嘘が有った偏向番組で有ったにも関わらず、放送法違反についても考慮していない。
 
今回の判決は、前回の判決(判事・小野洋一)が余りも酷かった為、世間体を考えた裁判所が妥協した結果のように見える。はっきり言って不服である。原告団はこれを勝訴とせず、上告すべきである。
 

【緊急特番】反日マスメディア敗れたり!NHK訴訟の今後[桜H25/12
 
特定な思想に基づく偏向番組は許されるべきでは無い。嘘捏造で構築された番組なら尚更である。
 
電波は国民の共有資産である。共有資産と言っても、国民の誰もが自由に使えるほど、電波の帯域が有るわけでは無い。だからその為に放送法が有る。
 
処が今回の裁判では公平でないと結論付けたのに、放送法に言及することは無かった。裁判官達は言論の自由の一言で、片付けようとした。何のための放送法か!。
 
それでも今回の判決だけでもNHKの偏向報道は実証された。NHKは解体するしかない。
 
           
明白な証拠が有るにも関わらず見ようともせずに、トンデモ判決を下した前回の裁判の小野洋一判事(左)と、今回の、それよりはましの判決を下した須藤典明裁判長(右)。
 
友達がNHKに勤めている知人の話である。「NHKの内部は下請けにキックバックを要求するなど相当に荒れている」だそうである。想像していた事ではあるが、NHKがそうなったのには理由がある。
 
偏向番組を作るためには公平・公正な考えを持つ人間を排除しなければ出来ないであろう。製作担当者が如何に特定な思想を持っていても、公平・公正な日本人が中にいるなら、番組内容を厳正にチェクした筈である。
 
放送局は放送法に縛られており、全て言論の自由が保障されている訳ではないからである。
 
現在のNHKから、裁判沙汰になった『ジャパンデビュー・アジアの一等国』のような番組が生まれたのは、NHKから公平・公正な人間が排除された結果である。
 
今NHKに残っているのは、特定な思想に被れた人間(反日サヨク)、反日外国人、物事の真偽や道理も分からない馬鹿、そして金に汚い不公平・不公正な人間達である。
 
このことを考えてもNHKは解体するしかない。
【2013/12/01 15:22 】 | NHKを解体せよ | 有り難いご意見(4)
必要なのは除鮮
2013/04/01の産経の記事に、NHKが、LNG(液化天然ガス)の価格高騰問題に関する番組で、原発容認発言をした十市勉氏の出演取りやめの話が載っていたが、ネットではもっと前に、同じような話がでていたと記憶する。

それにしてもNHKは、なりふり構わずの反原発工作である。放射線の危険性を言う学者は今も多いが、福島原発事故から既に2年たった。その間放射線障害による死者は一人も出ていない。このことは、過大に放射線の危険性を騒ぎすぎたに他ならない。反原発の人間が言っていたことが間違っていたことの他ならない。それでもNHKは反原発番組しかやらない。

今回のNHKによる原発容認発言者の出演取りやめどころか、NHKは過去に意図的な改竄や印象操作で反原発の為の偏向放送(=追跡!真相ファイル「低線量被ばく、揺れる国際基準」2012/12/28)を行っている。

【西部ゼミナール】3/16 「あの反原発騒ぎと東電叩きはどうなったのか」

http://www.youtube.com/watch?v=g5tagnpFjoM&feature=player_embedded

凡そ、日本国民の健康になんら障害ならず、日本の経済にとって必要不可欠の原発を、何故NHKはこれほど反対するのだろうか。

NHKの過去の偏向報道やその姿勢から推測できることは、1つは、今や朝鮮人放送局とでも言えるNHKの目的が、朝鮮人による日本乗っ取りのための破壊工作であることと、もう1つが、原発を廃止することが、朝鮮人の為の利権を生むからである。それが再生可能エネルギー利権である。

『南相馬市と中国系企業①』河添恵子 AJER2013.3.27(3)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=X5EKDyhl5Ac#!

河添恵子氏の調べで、南相馬市と契約した太陽光発電のメーカは、帰化人(恐らく支那人)が経営しているGMGという会社であったことがわかった。このGMGという会社はメーカではなく只の設置業者であり、日本のメーカからは総代理店を剥奪され、支那で訴えられているような会社であった。さらに怪しげなことに、GMGは岩国基地周辺の土地も買っている。

その会社が、復興補助金を30億円使っているのである。GMGのホームページには、日本の有名企業と取引があるように書いてあるが、全て嘘である。その会社が、メーカとして南相馬市と契約したのは、仲介者による口利きがあったからと思われるが、噂ではその仲介者とは孫正義だそうである。

NHKは、金子勝慶大教授を度々起用するが、それは金子教授が反原発で再生可能エネルギー推進者だからである。勿論NHKの目的は、反原発利権である太陽光発電で、一儲けしようとする孫正義達を支援するためであろう。今思えば、アイソトープ総合センターセンター長の児玉龍彦東大教授の国会で吼えた芝居も、反原発利権の為の布石だったのだろう。何故なら、児玉龍彦教授は放射線医学に関しては素人であり、金子勝教授と同級生だからである。

NHKが反原発であるもう一つも理由が、朝鮮人による日本乗っ取りのための破壊工作であるが、これは、南北朝鮮が如何に国際的に日本を貶めようと工作しており、南朝鮮が日本の文化を朝鮮起源と世界に喧伝している事で、朝鮮人が日本乗っ取りの為に破壊工作をしているだろうことを想像してもらう事として、NHKの朝鮮化について話したい。

その例として、「安定のネトウヨクオリティwww」と暴言を吐いたNHK中央番組審議会委員の駒崎弘樹が、朝鮮語が得意で朝鮮人の友人が多く、娘の名前を朝鮮語から取って付けたことから、駒崎が朝鮮人であることが分かり、NHKが朝鮮人に汚染されていることが、多くの人に知られることになった。

この駒崎弘樹は、震災支援も行っているNPO法人フローレンスの代表理事であるが、ソフトバンクの孫正義から支援を受けている。ソフトバンクの震災支援というより、朝鮮人同士の身内への支援といえるかも知れない。当然ながら孫正義ー駒崎弘樹ーNHKと接点があったのである。

もう一つの例が、国会で慰安婦問題が嘘であることを示した中山成彬氏の動画を削除したNHKデイレクター倉又俊夫のことである。

倉又俊夫は株式会社シュヴァンで「2011夏映像著作権セミナー」で講師を務めているが、そのシュヴァンの代表取締役社長細谷遊は、慶應義塾大学菅谷実教授のメディア・コミュニケーション研究所のプロジェクト・メンバーである。メディア・コミュニケーション研究所と言えば、経歴詐称(論文も書いたことは無いし、博士でもない)で有名になった金正勲が准教授で在籍し、学生に教えているところである。

金正勲准教授は、住居も六本木ヒルズと金回りがよさそうで、NAVERの親会社の諮問委員のようである。NAVERの親会社はNHN Japan株式会社である。まさにNHKとずぶずぶの関係である。

一方、菅谷実教授は公益法人情報通信学会会長でもある。この情報通信学会は実に怪しげな団体である。例えば、情報通信学会が行った情報社会システム研究会のシンポジウムでは、第1部の司会が玄武岩(岩石の名前ではない)准教授で報告がチェ・ミンゼ(韓国言論財団責任研究員)と金ウィグン(韓国言論振興財団研究員)、討論が遠藤薫(学習院大学法学部 教授)とハン・ジョンウ(シラキュース大学教授)、第2部の司会李洪千(慶應義塾大学専任講師)と、朝鮮人ばかり登場し、凡そ日本の公益法人主催とは思えない団体である。

又菅谷実教授は、総務省にある「ユニバーサルサービス委員会」に絡んでいる。その「ユニバーサルサービス委員会」には当然ながら孫正義の名も登場する。

この人脈を見れば、倉又俊夫が動画を削除したのは朝鮮人による日本乗っ取りが邪魔になるからで、駒崎弘樹同様、倉又俊夫も朝鮮人の仲間であり、NHKが朝鮮人に汚染されている証拠と言えるだろう。

確かに、エネルギー、通信とメディアを押さえれば(乗っ取れば)、日本そのものを乗っ取ることが可能である。朝鮮人達はよくそれを心得ている。NHKはその尖兵となっているのである。NHKによる反原発工作はその一つと言って間違いないだろう。

N(日本)H(破壊)K(局)。よく言ったものである。今度はアノニマスにより、北朝鮮工作員としてNHKソウル支局長塚本壮一の名前が出てきた。

今日本に必要なのは除染ではなく、除鮮だろう。まずはNHKから除鮮。
【2013/04/07 20:42 】 | NHKを解体せよ | 有り難いご意見(0)
NHK受信契約解約の勧め
以前の記事『コンクリートより人へ』で、NHK職員の平均年収が1700万円以上もあるくせに、番組の中で安倍政権批判の為に、格差や生活保護問題を取り上げていることを紹介しましたが、今度は電力料金値上げで電力会社を批判していました。

目 的は朝鮮企業を儲けさせる為の、発送電分離への情報操作と思われますが、女性アナウンサーが、『電力料金値上げの前に、給与削減とか企業努力が出来るので はないか。電力会社は競争原理が働かないから、給与が高いのではないか』のような事を言っていましたが、まさに『お前が言うな!』です。

NHKは、国民の共有資源であり僅かしかない電波を独占的に使わせてもらい、しかも強制的に料金を徴収して、1780万円もの平均年収を得ていながら、日本を貶めて支那・朝鮮の為の偏向報道をしているのです。

その給与実態が知られて決まり悪くなったのか、10%の給与カットの提案をしているようですが、数字が違うんじゃないでしょうか。最低でも70%カットでしょう。

仮 にNHKが70%カットを提案してきても騙されないようにしましょう。給料カットで浮いた金は売国活動の資金や、天下り先に回るだけです。それを防ぐに は、その前に70%の給与カット分(NHK職員数1万2千人×1780万円×0.7)1495億円を電波使用料として、国庫に納めさせるべきです。でも、それよ りNHKは解体すべきでしょう。

一般日本人には、愛国日本人やお花畑日本人が入り交ざっていますが、反日日本人や反日極左など極僅かで す。反日朝鮮人だってあまり見かけません。NHKだって一般日本人の構成と同じ筈です。しかし現在のNHKの放送内容を見ると、反日日本人や反日朝鮮人ば かりの放送局としか見えません。

それを想像すると、現在のNHKの組織は下のような状態になっていると思われます。

      △
     ▼◆◆
    ▼▼◆◆▲
   ▼◆▲▲▲▲△
  ▼◆▲▲△△△☆☆

  記号の説明
  ☆:愛国日本人
  △:お花畑日本人 or 左巻き日本人
  ▲:金の為なら祖国を売る日本人=売国奴
  ◆:反日日本人 or 反日極左
  ▼:日本人に成りすました在日 or 反日朝鮮人

トップは外部から来るので、お花畑日本人が選ばれるようですが、その下は反日日本人・反日極左や金の為なら祖国を売る日本人と日本人に成りすました在日に占められていると思われます。

NHKでは、不正を不正と言うような愛国日本人は煙たがれて昇進できず、昇進出来るのは、反日日本人と反日朝鮮人や金の為に魂を売った日本人ばかりになるようなシステムが出来上がっていたのです。

その遠因はGHQの占領政策と思われますが、此処までになった組織を立て直すのは大変です。やはりNHKは解体するしかないでしょう。
====================================================
私は受信契約解約をNHKに電話で伝えていますが、その後もしつこく請求と思われる封書が来ていました。解約の理由が偏向報道だったからでしょう。

受信契約解約のときのやりとり:
 私『音声をちゃんと録音していますか?』
 NHK『ハイ』
 私『受信契約を解約します』
 NHK『解約の理由は?』
 私『偏向報道です』
 NHK『TVは有りますか?』
 私『勿論有ります』
 NHK『TVが有るときは、法律により受信契約をしなければならないことに
     なっています』
 私『法律なら、偏向報道をしてはいけないと言う放送法があるでしょう』
 私『そちらが法を侵しているから解約するのです』

請求と思われる封書は封を切らず箱に放り込んでいましたが、先週大型の封筒が来ました。良いあんばいにNHKの差出人住所が書かれていたので、今までNHKから来た封書を全て箱に詰め、NHKを糾弾する数々のチラシと再度解約理由を書いた紙と共にNHKに送りました。

以下解約理由の文面:
-------------------------------------------------------------------
かなり以前に解約の電話をしたが、何度もNHKから手紙が来るが、新たななサギ商法か?。

何度も言ったが、受信契約解約の理由は、NHKが偏向報道を行っているからだ。

日本伝統文化の象徴であり、日本国の象徴である天皇を蔑むNHK。
やらせ・捏造・印象操作で支那・朝鮮を賞賛し、日本を毀損するNHKは、存在すること自体日本の国益に反する。既にNHKは日本国民の敵である。

現在のNHKの日本を蔑む行為は、君達NHK職員自身と家族や仲間である日本国民を蔑む行為ではないか。

平均年収1700万円。支那人・朝鮮人に乗っ取られて、金が惜しくて彼らの意のままに働いているのか知らないが、君達の卑怯な行為は多くの国民に知れ、何れ君達の家族からも侮蔑されるだろう。

恥を知れ、NHK職員。そんなに日本が嫌いなら、日本から出て行け!。


NHKは解体するしか無い。
当然受信料など払える訳が無い


             平成二十五年二月十五日 住所 氏名 印
--------------------------------------------------------------------
この文面を公開することで、崗上虜囚の住所氏名が反日日本人と反日日本人に知られた思いますが、とっくに覚悟の上です。むしろNHKから訴えられるの待っています。結果はどうなるか知りませんが、そのときは、新たな記事を皆様にお伝え出来ると思います。

お奨め:
じゃあのwwwさんの発言集20130222
http://jyaanowww.wiki.fc2.com/wiki/20130222?sid=b745e03b2d77e07ed94abdf95672227f

「ヘイトスピーチするネット弁慶、東北でボランティアでもしろ」と言ったNHK中央審議会委員の駒崎弘樹の情報が出ています。花王とも繋がりがあって朝鮮語が堪能なんですね。

その他:
【NHK解体】敗戦利得者の果てしない腐敗と増長[桜H25/2/20]
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1359125601/

【永山英樹】台湾人観光客を中国人扱いしたNHK[桜H25/2/20]
http://www.youtube.com/watch?v=jBdPoa1c3mY

【早い話が...】NHKの反皇室姿勢、法廷闘争へのご助勢を[桜H25/2/20]
http://www.youtube.com/watch?v=kZmwiwLHzt0

【断舌一歩手前】NHKの夫婦別姓世論偏向報道[桜H25/2/19]
http://www.youtube.com/watch?v=meQ6oysEPi4

【今週の御皇室】宮中・歌会始の儀、NHKの反皇室姿勢[桜H25/1/17]
http://www.youtube.com/watch?v=rp0H3oR4nnU

【2013/02/23 16:35 】 | NHKを解体せよ | 有り難いご意見(10)
NHKを解体せよ

NHK一万人集団訴訟の裁判で、ようやくNHK側の証人尋問が始まった。何故『ジャパン・デビュー「アジアの一等国」』が一万人もの集団訴訟になったのか。それは、『ジャパン・デビュー「アジアの一等国」』が証人、証拠が完璧にそろった偏向・捏造番組だったからである。言わば現行犯逮捕のようなものだからである。

【NHK一万人 集団訴訟】島田ディレクター証人尋問を終えて[桜H24/5/21]

それまでにNHKは幾つもの偏向番組を作っている。しかし、それ等は巧妙な印象操作だけに止めていた。だが、これまでの情報操作の成功に気を良くしたのか、NHKは『ジャパン・デビュー「アジアの一等国」』で、捏造、歪曲、サブリミナルまでやってのけた。当然、今までの偏向番組に耐えていた人々の堪忍袋の緒も切れる。取材に応じていた台湾人も騙されていたことに気が付き怒り出した。

そこで慌てたNHKは、デイレクタ達が台湾まで飛んでもみ消し工作を図った。しかし怪訝に思った台湾人は、もみ消し工作の内容が書かれた紙面のコピーをとっていた。台湾人の証人、もみ消し工作の証拠資料がそろったのである。

そして今回の証人尋問により、あらためて『ジャパン・デビュー「アジアの一等国」』は捏造番組であることが露呈した。

NHKは、『アジアの一等国』を放送する前に、『台湾総督府26000冊資料を丹念に読み解いてこの番組を作った』と言ったが、証人の島田雄介ディレクターにそれを正したところ、島田ディレクターは読んだ人を取材したと言った。『アジアの一等国』は資料を読んで作った番組では無かったのである。

又、台湾人を取材した島田ディレクターは、番組で出てきた『人間動物園』の言葉を知らなかったと言う。では何故『人間動物園』の言葉が出てきたのか。それは番組『ジャパン・デビュー』が、日本を如何に貶めるかを主題において作られた番組だからである。

その為に番組は、台湾人が少しでも日本を非難する言葉を発すると、それらを繋いで台湾人が日本を恨んでいるように編集している。ある台湾人が祖父が日英博覧会に出演した映像を見て『悲しいね』と言ったのを、よりインパクのある『人間動物園』の見世物にされて悲しんでいるように編集したのである。因み台湾人の悲しいは懐かしいの意味だそうである。

番組のナレーションでは、『日英博覧会のガイドブックです。そこでは、台湾の人々が、客の前で戦いの踊りをし、戦闘の真似事をすると記されています。当時、イギリスやフランスは、博覧会で植民地の人々を盛んに見せ物にしていました。人を展示する、人間動物園と呼ばれました。日本はそれを真似たのです』と言っていた。

私はこの点に付いて、NHK番組制作局長日向英実宛てに抗議文を出した。しかし返ってきた回答は、

お手紙には、「偏向報道」「捏造した事実」と指摘されていますが、私たちは取材で一次史料にあたり、事実を積み重ねてお伝えしています。
 ひとつの例として、お手紙にもある「漢民族」の表現についてご説明します。通常「民族」という言葉は、文化的・社会的・言語的共通性を基盤として使用されます。文字としては漢語を使用し、福建省や広東省などにルーツを持つ伝統文化を維持している(門の中に虫)人、客家、外省人は、漢人(漢民族)として位置づけられます。1937年当時の台湾総督府が、行政文書において、「500万の漢民族」という表現を使用しています。
 **様がご指摘の他の内容につきましても、事実関係、また番組編集などに関して捏造などの問題はないと考えております。番組の趣旨も含め、ご理解いただければと思います
。』

と、木で鼻をくくったような返事。反省する気など、毛頭ないようである。

矛盾を指摘されても、証人の島田雄介ディレクターの、まるで反省する気が無い態度から見ても、裁判の結果がどうなろうと、NHKは反省など絶対しないであろう。否、NHKは裁判に負けても存続する限り、これからも偏向番組を作る事は止めない筈である。

NHKは解体するしか無い。その為には、放送法違反により、NHKの放送免許を取り上げるべきあるが、その前にNHKが持つ機材等を外国に譲渡できないようにする法整備をする必要があるだろう。そうしないと機材が支那に渡ってしまう恐れがある。NHKは日本の放送局だと思うべきでは無い。

 

【映像分析】NHKスペシャル「JAPANデビュー」
http://www.youtube.com/watch?v=I1YtklJ56-o

http://www.youtube.com/watch?v=uiF1HTokf70

 


【2012/05/23 21:23 】 | NHKを解体せよ | 有り難いご意見(9)
| ホーム |