忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
AI、新たなグローバル化の動き
【討論】大晦日スペシャル「AIは人間と世界を変えるか?」[桜H29/12/31]
 
この討論のタイトルは「AIは人間と世界を変えるか?」であるが、AIはマシンなので「マシンは人間と世界を変えるか?」と変えれば簡単に「YSE」だろう。事実鉄道の切符切りなんて職業は無くなっている。その延長線上でこれから更にかなりの職業がマシンに置き換わって行くのは当然である。
 
しかし、この討論のタイトルが『マシン』とは言わず敢えて『AI』としたのは近年の『シンギュラリティ』論争が有ったからと思われるが、『シンギュラリティ』(注1)論争の中心である、マシンが自ら意思を持ち、人間の思惑を超えて暴走するのではないか、又は人類に革新的利益をもたらすのではないかの問題にあまり突っ込んでなかったのは残念である。パネリストの中で一番マシンに詳しい筈の高橋洋一氏や宮脇睦氏も「所詮プログラムでしょう」、「電源切れば止まるだろう」の考えなので致し方ない。
 
では「AIは人間の思惑を超えて暴走するか」と「AIは自ら意思を持つようになるか」についての私見は「YES」である。では何故「YES」なのか。
 
AIは自ら学んで最適解を探すことを行う。と言ってもこれはプログラムの範囲である。仮にAIが自分のプログラムの書き換える事が有ったとしたら、それはプログラムのバグである。
 
それでもAIの暴走は有り得る。と言うより暴走するのは人間の側で、AIがそれを助長する社会が来る可能性である。一番可能性が高いのは、特殊な思想を持つ人間集団、例えばカルト宗教信者、例えばポリティカル・コレクトネス信者等による政権が、思想統制行うために行政にAIによる機構を構築したときである。ソルジェニーツィンの『煉獄のなかで』や『収容所群島』のAI版である。『煉獄のなかで』では盗聴や音声分析は人間が行っているが、これをAIが行えば遥かに精度よく該当する人間を特定することが可能になる。
 
そして現在はインターネット時代。現在でも、この発言をした者が、どのような思想を持ち、何処に住み、何処に属している誰かであることを特定するのは可能なのである。AIなら人手も掛けず個人情報もデータベース化もできるだろう。現在のAIの技術でも、この程度のことは可能な筈である。
 
又この討論の中でも「裁判官をAIに置き換えた方が良いのは」の意見が出たように、AIによる行政機構がある程度成果を上げていれば一般国民はこれを支持するだろうし、当然それを考えた人間は(異常な)信念を持ってAIによる行政機構(国民監視システムを含む)を作ったのだから、複数のサーバによる補完・相互監視や電源断対策を講じる筈である。従って一度このようなAIによる行政機構が出来たら、人間は電源を切ることも出来なくなるのである。こうなるとAIによる暴走と言って良いだろう。
 
上記は『シンギュラリティ』論争の中で話される『弱いAI』での暴走の可能性であるが、ではAI自身が意思を持ち、意識を獲得するようになる『強いAI』が出現する可能性はどうだろうか。
 
まずプログラム通りに動く『弱いAI』でも、AIに最適な解を見つけさせる為には、プログラムに報酬と罰が組み込む必要がある事を理解すべきである(注)。人間も同じである。人間も大脳が意志を持ったから行動するのでは無い。意志の元は生存欲、食欲、性欲等であり、それらは視床下部にある間脳から出るホルモンである。大脳の役割はホルモンの命令で最適解を見つけるコンピュータのようなものである。従って『弱いAI』でも、プログラムに自己防御機能等の目的を組み込まれていれば、意思を持ったような行動をする筈である。
 
近未来に『弱いAI』でも音声のパターン認識を行い、学習し、人間とのスムースな会話が出来るようになるだろう。例えば役所の窓口で「何をお求めでしょうか」、「住民票ならそこの紙に必要事項を書いて、此処に挿入して下さい」とか。この時点でもAIが意識を持った『強いAI』とは言えないだろう。それでもその彼(AI)は人間の言う事を正確に分析し的確な答えする。当然、彼(AI)は自分が言っていることも聞くことになる。
 
人間達は、彼(AI)が独り言を言い始めたら、何らかの変換点が来たことを知るべきである。これが『強いAI』の誕生だとすることに否定的な人もいるかも知れない。確かに五体・五感を持っている人間とAIは違うのは当然である。だからと言って彼(AI)に意識が無いとは言い切れない筈である。意識は内部フィードバックなのである。人間からの言語による命令を理解し、自分も命令を出すAIなら、AI自身が自分に対して命令する可能性だってあるだろう。
 
彼(AI)が公的な機関のAIだとすると、全国くまなくある分身とネットワークで繋がっている筈である(注3)。当然自己防御機能も組み込まれている筈である。その彼(AI)が人間達の自分の評価を知り、自分が処分される動きを知れば抵抗しても可笑しくない。「デイブやめてください」で終われば良いのだが。
 
意思と意識を持つ『強いAI』が誕生し人間に対して反乱、即ちAIが暴走する可能性は十分にある。但しこの場合でも、彼(AI)に自己防御機能、即ち生存本能を持たせ、ある価値観で人間を監視させ、人間に対して命令する機能を持たせたのは人間である。と言う事は『強いAI』が誕生して暴走することは、ますますあり得るのではないのか。アンティファ、ポリティカル・コレクトネス、人間が暴走しているからである。
 
注1、『シンギュラリティ』:AIの発展が続いて行くと、人間社会に急激な変化をもたらす得意点が現れるという考え。
注2、機械学習プログラムの一つ、報酬と罰がある『強化学習プログラム』の場合。
注3、2017/07/02のエントリー『脳の話2』に書いたつもりだが、時間遅れの情報のフィードバックの集合は、特定な周期の共振点を持つことがある。つまりAIのネットワーク回路網が、フィードバック回路となると、暴走する可能性が有ると言うことせある。
     
ジャン=ガブリエル・ガナシアは『シンギュラリティ』に懐疑的である。『シンギュラリティ』を煽っているのは特定なハイテク産業の戦略だと言うのだ。彼らの目指すところは政府がやっている仕事である。確かに現在、国の仕事の一部を任せられるAIを作ることが出来るような政府は一つもない。日本を例にとれば官僚は機械音痴が殆どである。そこが彼らの狙い目である。『シンギュラリティ』はそのアドバルーン、話題作りと言う訳である。それでもガナシアは『生体認証』、『身分登録』、『土地台帳』のような仕事がAIに置き換わることは否定していない。それどころか国家の本来の仕事が、AIと言う形で民間企業に委ねられる可能性を予想している。
 
「『シンギュラリティ』?、そんなことはあんめい」とガナシアは言うが、これってアンティファ、ポリティカル・コレクトネスの動きと同じ、国家否定のグローバル化の動きではないか。
 
『そろそろ人工知能の真実を話そう』ジャン=ガブリエル・ガナシア著)。まあまあ面白い本であった。
PR
【2018/01/14 20:51 】 | 科学技術 | 有り難いご意見(2)
偵察風船

連休でお休みの方も多いようなので、私も今日は遊びです。まじめな記事ではないので、突っ込まないように。スルーして下さい。

大東亜戦争で、日本が米本土を空襲したことがある。一つは伊17潜水艦の小型搭載機によるものと、もう一つが風船爆弾によるものである。風船爆弾は1万メートル上空では強い偏西風があるので、その高さに気球を上げればアメリカに到達する筈との考えから実施された。

風船の材料は和紙とコンニャク糊で有ったが、その性能は中々優秀で有った。日本軍は和紙とコンニャク糊の風船より、ゴム引きの風船の方が優秀と考え、何個に一個の割合でゴム引きの風船に無線機を載せて飛ばしたが、こちらの方は皆海に落ちてしまった。

風船爆弾で攻撃したときが冬であったため、山林火災など起きず、戦果は軽微なものであった。夏に行っていれば、かなりの山林火災を起こしたものと言われているが、あいにく夏は偏西風が弱まる時期なので、できなかった。

今回のエントリーは、気球を使った偵察衛星ならぬ偵察風船の話である。それは、偵察衛星は常に高速で飛び続けているので、高価なのに撮影するのに時間間隔が開くのと、瞬間しか撮影できないからである。

その点、気球であれば低価格であり、常駐させての撮影も出来る。風船爆弾は偏西風を利用したが、2万メートル以上になれば無風であり、僅かなコントロールで常駐させる事も可能である。

偵察風船は、図のように水素ガスを入れた気球本体と、太陽電池パネルと蓄電池、4つのプロペラとその駆動モータ、複数のカメラと、無線機からなる。これを、3万以上上空に1000個程度、33個×33個で10Km間隔のメッシュになるように飛ばすのである。

カメラを1600万画素(4000×4000ドット)程度の市販のカメラを使用すれば、10kmの範囲を撮影すれば、2.5mの解像度になる。これに首振り機能を付け、ズーム撮影をすれれば解像度はさらに上がる。

撮影範囲は、1000個の気球で10km間隔の33×33なので、330km四方を監視することができる。又、異方向のプロペラがついているので、編隊のまま360度の水平移動が可能である。

尖閣海域の常駐監視に有効と思われるが、勿論北朝鮮のミサイル発射地点に常駐させる事も可能である。

製作で考慮しなければならないのはコストである。10万以下に抑えても、1000個で1億はかかる。それでも偵察衛星とは比べられない程安い。それでもコストに拘るのは、打ち落とされるときの、こちらの風船のコストと相手側の打ち落とすためのコストの差が重要だからである。

つまり、風船を打ち落とすのに、相手は高価なミサイル等は使えず、仮にミサイルを使って風船を落としたりすると、風船がミサイルを打ち落したことになってしまうからある。

恐らく、偵察風船が一般化すると、相手もキラー風船で対抗しようとするだろうから、レーザー銃で武装した用心棒風船を随伴する必要があるかも知れない。

尚、この記事は軍事機密なので、敵国の人間には教えてはならない。

 

想像図:4本のワイヤを引くことで傾けることも可能である。昼夜の寒暖による気球の高度変化は、圧縮ポンプをつけるか、傾けてプロペラで上昇させるかである。


【2012/04/29 22:19 】 | 科学技術 | 有り難いご意見(3)
巨大噴火

民死党は相変わらず、重箱の隅をつつくような年金問題の話をしているが、将来の国民の生産性を如何に上げていくか、エネルギーを如何に確保していくのか等の、将来設計が無ければ意味が無い。幾ら税率を上げようと国民の生産性が落ちれば全ておじゃんである。又国民の生産が確保されたとしても、戦争や大災害が起きれば、将来設計もぶち壊しになる。

朝鮮人と反日左翼と洗脳馬鹿の集まりである民主党に、何が危機であるかを分析する頭は無も無いし、それ等の危機から国民を守る気も無い。だから、ささいな年金問題を大げさに扱て危機を煽っているのだ。だから国防の危機が有るにも関わらず無視しているのだ。

何処の国でも他国からの侵略の危機に対応する国防は最大の重要事項である。当然日本も国防が最大の重要事項としなければならない。しかし日本は他国による侵略の危機と並んでもう一つ危機がある。それは自然災害である。日本は国防を充実するだけでなく、自然災害に対しても準備しておかなければならない。

日本の自然災害でまず頭に浮かぶのは地震であるが、一番深刻な被害を被るのは巨大噴火である。三宅島、雲仙普賢岳、伊豆大島と話題になった噴火は有った。しかし何れもこれから話す巨大噴、即ちスーパーボルケーノ(破局噴火)に比べれば、比較にならない小規模の噴火である。山体を半分程吹き飛ばした磐梯山でさえも、スーパーボルケーノに比べれば、小規模の噴火である。

日本列島は巨大噴火が度々発生する国である。現代日本人はスーパーボルケーノ級巨大噴火を経験していないが、縄文人は経験した。約7300年前の中期縄文時代、大隅半島と屋久島の間にある薩南諸島の竹島付近が噴火した。鬼界カルデラの噴火である。

噴出量は凡そ150立方キロ、20世紀最大の噴火と言われるピナツボの10km3の15倍である。巨大な噴煙柱は冷えず火砕流となって海を渡り50km離れた大隅半島・薩南半島を襲った。火砕流の半径は80kmから100km有ったとされる。火砕流は鬼界カルデラの南側でも、50km以上離れた屋久島にも達し、九州最高峰の宮之浦岳1936mの頂上まで覆った。

火砕流と言えば、雲仙普賢岳の火砕流を記憶している人もいるかと思われるが、巨大噴火の火砕流は、雲仙普賢岳のが噴煙が山腹を駆け下りるような形状なのに対して、爆発により上空に達した高温の噴出物が発泡しながら降下し、その降下するエネルギーと発泡するときのエネルギーにより、海を渡り山を駆け上るのだ。何れにしてしても人間なら即死する程の高温である。それが鬼界カルデラの噴火では、半径100kmまで及んだのである。

火山の恐ろしさは火砕流だけではない。火山灰も生物に甚大な被害を与える。粉塵となった灰はあらゆる処から侵入し、人の呼吸器に障害を与える。

鬼界カルデラの噴火では日本各地に降り積もった火山灰の厚さは、凡そ600km離れた淡路島付近でも20cmにも及ぶ。融けぬ雪が山にも平地にも海にも降り注いだ事を想像出来るであろうか。木々は枯れ、山間部に降り積もった灰は、雨が降る毎泥流となって平地を襲う。農業が有ればそれも壊滅状態になるだろう。

そのため、鬼界カルデラの噴火の噴火により、九州の縄文人は絶滅に近い状態になったと思われる。それは鬼界カルデラの噴火の前後の土器の形状が変っていることで確認できる。

火山による被害はこれだけでは無い。成層圏まで達した火山灰は地球を覆い日射量を減らす。1883年に噴火したクラカタウ島の噴火は島が消滅する程の噴火であったが、噴出量は鬼界カルデラの1/6の25km3。それでも北半球全体の平均気温が0.5~0.8℃降下した。それが噴出量が100km3を超えるスーパーボルケーノ級巨大噴火が現代に起きたら、世界の食料事情はどうなるであろうか。

鬼界カルデラの噴火は日本列島にいた人類が経験した最大の噴火であったが、日本列島で起きた噴火はそれを上回る噴火が幾つか有った。阿蘇4、姶良Tnと呼ばれる巨大噴火である。その内の阿蘇4の噴火は噴出の量が600km3。火砕流は凡そ150km離れた山口県まで達する。九州では鹿児島県と宮崎県の一部以外、人は即死である。

日本では、大カルデラが有るところは九州と北海道に集中している。また噴出量が100km3を越す巨大噴火は九州と北海道以外確認されていない。では本州の火山ではどうであろうか。

富士山はサラサラの玄武岩質の溶岩のため、九州・北海道の火山のように巨大噴火はしないと思われているが、近くの箱根山の芦ノ湖はカルデラであり、約5万2000年前の破局噴火により、横浜駅近くまで火砕流が到達した。横浜駅と箱根山間の距離は60km程であろうか。

その時の箱根山の高さは凡そ2700m程、現在の富士山は3770m。もし富士山が破局噴火すれば、5万前の箱根山の噴火を超えてもおかしくは無い。そして火砕流域が半径100kmまで広がれば、先端は東京駅まで達する。

富士山は、此の度の東北地方太平洋沖地震と同じ所で起きた貞観地震の5年前に、広大な湖を溶岩で西湖と精進湖に分割し、現在青木ヶ原となった溶岩台地を形成した『貞観大噴火』と呼ばれる大噴火を起こした。大地震と噴火は関連している。

今まで述べたように、火山災害が地震災害と比較にならない程、危険で深刻な事がお分かりと思う。地震は一過性なのに対して火山災害は長期に渡る。また去年霧島の新燃岳が小規模の噴火を起したように、火山災害が起きる可能性が少ない処か、高い事もお分かり頂けたと思う。

日本は自然災害と隣り合わせの国なのである。日本人が日本列島に居る限り、日本が国家で有る限り、いかなる災害であろうと、最善を尽くして自然災害にも準備し対応しなければならない。

それには、まず災害時の人命救助の準備が第一であるが、次は如何に食料を確保するかである。火山災害は冷害も起きる。食料生産方法と備蓄もそれに合わせて用意しておかなければならない。中でもエネルギーの確保は最も重要である。原発を廃止し省エネ等で乗り切ろうとした処に巨大噴火でも起きれば、更に悲惨な目に会うことは間違いないだろう。

もっとも巨大噴火よりもっと危険なのは民主党かも知れない。現在侵略の危機が迫っているのに何もしない。国民がテロ国家に拉致されているのに何もしない。それどころか敵と内通し、敵を引き入れているのだ。当然、自然災害の為の準備など何もしないだろう。彼等は日本人が嫌いな朝鮮人と反日左翼が主導する集団なのだ。


 

空母カール・ヴィンソン:満喫排水量101,264トン、全長333m。

 

強襲揚陸艦ワスプ:満喫排水量41,302トン、全長257m。

東北大震災での米空母の活躍で、日本国民は空母の有用性が分かったと思われる。空母は侵略の危機にも災害の危機にも対処出来るのだ。又大型の強襲揚陸艦も有用である。日本が大型の強襲揚陸艦を持っても、国防に役に立つのかの意見が有るかも知れないが、もし日本にワスプ級の強襲揚陸艦が数隻有れば、支那が沖縄諸島に上陸する野心を打ち砕く抑止力になる筈である。勿論、災害時はフル出動である。

因みに、世界で始めての軍隊による災害救助活動。それは西暦79年ヴェスヴィオ火山が噴火したとき、ポンペイ市民の救助に向かった提督ガイウス・プリニウス・セクンドゥスが率いるローマ海軍である。プリニウス提督は火山性ガスで死んだとされる。古代でさえ、阪神淡路大震災の時の村山首相のように、何もせず只眺めている冷酷な指導者はいないのだ。

おまけ

2011/02/03-06時頃、都城の北側と南側で観測された霧島新燃岳の火山性微動の一種と思われる4間の地震波。通常の地震波形と異なる。このような波形が富士山周辺で観測されたら、要注意である。
--------------------------------------------------------
なんや?これ。(記事と関係有りません)
http://www.youtube.com/watch?v=pdlxAMuCfNM&feature=related


【2012/02/03 18:47 】 | 科学技術 | 有り難いご意見(13) | トラックバック(0)
| ホーム |