忍者ブログ
ドイツ帝国
ドイツ帝国とは、エマニュエル・トッドが著書『「ドイツ帝国」が世界を破綻させる』の中で命名したものである。
 
フランスの大統領選挙の結果は、エマニュエル・トッドの警鐘も甲斐なく粗大方の予想通りの結果となったが、それにしてもマクロンも彼に投票した人は、EU存続を前提にしたフランスの大統領の存在が、どれだけ矛盾しているか気が付いているのだろうか。否、EUの矛盾をどれだけの人が気が付いているのだろうか。国の存在を否定している人が、その国の大統領選に熱狂するなんて。
 
マクロンを熱狂的に応援した人は兎も角、フランス人は恐らく茹で蛙状態だろうと推定できる。茹で蛙状態なのは、EUの中で一人勝ちのドイツ人も同じである。イギリスだけが生気を取り戻し、ソロバンを弾いて茹で蛙状態から抜け出ることに成功した。
 
エマニュエル・トッドが指摘しているように、EUの最大の問題はEU参加国が自国通貨を発行出来ない事である。その癖国毎抱える経済問題も失業問題も財政問題も、可決はその国がしなくてはならないのである。
 
        
トッドは、その解決は国家破綻するのが一番良いと言っている。そう、ギリシャ政府は国民に大盤振る舞いをして破綻宣言をしてしまうのが良い。そうなるとEU各国はどうする?。EUを連邦国家か合衆国のような国になろうと提案をするのか?、それともギリシャをEUから除外するのか?、見物である。
 
ドイツが何故そこまで強くなったか?。それはEU統合により域内の貿易は無関税なら、元々法令順守で勤勉な国民を持つドイツが有利になるのは当然である。それに加えて共通通貨なので、貿易競争即ち通貨の奪い合いに負けた国は益々不利になり、勝ったドイツは益々強くなるのである。
 
数字上でも、嘗て一人当たりのGDP比がドイツより上だったオランダやスエーデンでも、ドイツが上になりつつある。当然フランス、イタリアなどは落ちる一方である。イギリスの離脱は、その数字を見ての上だったのである。今やEUはドイツ帝国と、周辺の衛星国家のようになりつつある
 
トッドは、ロシアが国家として健全であると考え、EU=ドイツ帝国の膨張を抑えてくれることに期待している。しかし仮にEU=ドイツ帝国と対抗するため、ロシア・中国・インドが大陸でブロックを成したとしても、ヨーロッパのテクノロジーのレベルに引き上げることが出来るのは日本しかなく、日本を加えなければ機能しないと見ている。
 
ユーロを打ち砕くことが出来る唯一の国はユーロを発明したフランスであるが、フランスがドイツに隷属しているのは、フランスの1%の最富裕層はドイツ支配の規律正しさに満足しているからである。その結果フランスの寡占支配者に対するドイツの寡占支配者たちの支配が確立されつつある。
 
寡占支配者の出現はEUだけの現象ではなく、世界のすべての先進国に共通する事の一つは、人口の1%の最富裕層が銀行システムと金融活動に強く結びついていることである。従って、「ブリュッセル」「マーケット」「金融機関」「格付け会社」などの概念に騙されないようにすべきである。そういったインチキな言葉は、最富裕層が政治権力を奪取している事をカムフラージュしている言葉なのだ。殆どの国家(アメリカ,EU諸国)は、富裕層に仕える国家になっているのだ。
 
ドットは「政府財布は民間金融機関の発明」、「ネオリベラズムの正体---銀行が国家をコントロールしている」ことも指摘している。
 
トッドはドイツの勤勉性は文化的背景、家族構造にあると見ている。ドイツは日本と同じ親は子に対して権威的であり、長男が家を継ぐような家族構造のようである。確かにドイツ人も日本人も勤勉で貿易競争に強いことは確かであるが、それが家族構造の為かは疑問である。それでもトッドが指摘した、ドイツ人にメンタルな硬直性があることは納得できる。
 
先に「茹で蛙状態なのは、EUの中で一人勝ちのドイツ人も同じである」と書いたのは、ドイツ人のメンタルな硬直性ことである。つまりドイツ人は、自分達が進んでいる道が、ある種の信仰となって引き返せないのである。日本人もドイツ人同じく法令順守で勤勉であるが、その点(硬直性)に関する限りはもっと融通無碍である。これは両国の文化的背景が、原理主義的なキリスト教によるものか、悟りを目的とする仏教によるものか、の違いによるものと考えられる。尤も日本で悟りを得るような人間は僅かであるが、その僅かの違いが文化的違いになるのである。
 
『「ドイツ帝国」が世界を破綻させる』を読んだ感想は、ドットが言いたい事はこのブログの記事(「お金の話」、「共産主義は人類の敵」等と同じであろうと再確認した。と言ってもトッドが金融と共産主義が結びついている事を言及している訳ではない。
PR
【2017/05/18 20:08 】 | 政治・経済 | 有り難いご意見(3)
トヨタリコール問題からの教訓
 2009年から2010年にアメリカで起きたトヨタ自動車に対する大規模リコール問題は、トヨタが米司法省に12億ドル(凡そ1200億円)を支払うことで和解した。司法の場ではファームウェアの欠陥かどうかが争われたのだが、原告側は組み込み機器の専門家による徹底調査を行い、数々のプログラム上の不具合を発見することで勝訴に成功した。
 
 と言っても、発見されたプログラム上の不具合が、今回の訴訟になったアクセルペダルの不具合の原因であったかは明らかにされていない。若しそうであれば、トヨタとしても再現実験を行って結果を公表すれば誰もが納得出来る筈であるが、そうでないのは指摘された箇所が事故原因ではない可能性が高いと言えるだろう。従って事故原因は不明のままである。
 それでもトヨタとしては、指摘された内容は一々ごもっともな内容なので、高い授業料で有るがこれ以上争うのは不利として制裁金を払うことで和解したものと思われる。
 
 制裁金は司法省の基金が管理し、被害を受けた消費者はこの基金からの賠償相当の受けられるようであるが、新たな訴訟に対しては、トヨタはさらに賠償を支払わされる可能性があるかも知れない。でもこの点に関してだけは、指摘された箇所さえ修正しておけば訴訟される事はないだろう。
 
 それにしても、この問題に対してのアメリカの並々ならぬ意気込みである。ソフトウェアは作るよりバグを発見するほうが大変である。まして他人の作ったハード&ソフトが入り組んだファームウェアの何処に欠陥があるかを見つける作業である。そのバグを発見する為に高度な専門知識を持った複数の人間が必要である。アメリカはその費用を捻出して裁判に望んだのである。
 
 恐らく米司法当局は、トヨタに対してソフトウェアのソースコードだけでなく、その他の設計資料の提出を命じたものと思われる。結果はどうだろう。アメリカはトヨタの技術の心臓部と言える情報を得ることが出来た。トヨタから12億ドルもの金をゲットした。トヨタに対して、恥ずべき行為を行った企業、技術が無い企業等のダーティナなイメージを植えつけることに成功した
 
 これから得たアメリカに進出してしまった日本企業へ教訓としては、訴訟を念頭に置いた物作りの必要性である。つまり品質向上以上に、訴訟された時のいい訳を予め用意して置く必要があると言うことである。日本人には余り得意ではない事ではあるが。当然「スタック領域のうち41%しか使用していないと主張してたが、実際は94%だった」のような指摘をされることは有ってはならない。
 
 だがそれ以上に全ての日本人に言いたい事は、アメリカでの日本企業の勝ちは絶対無いと肝に銘じるべきである。それどころか日本企業バッシングはこれから更に激しくなる筈である。手を変え品を変え、あらゆる事で日本企業はバッシングされるだろう。理由は『出来る杭は打たれる』であるが、もっと深い理由がある。
 
 理由を知りたければ、ブッシュ政権時のジョン・トーマス・シーファー駐日大使の「河野談話から撤退したら、日米関係は破局的になる」の言葉の意味を考えることである。オバマ政権下の国務省が首相の靖国参拝に「失望した」と言った意味も同じである。
 『大東亜戦争未だ終わらず』の記事を書こうと思っていたが、「トヨタ、制裁金1200億円でアメリカと和解」の記事が目に入ってしまった。でも『トヨタリコール問題からの教訓』も『大東亜戦争未だ終わらず』の記事も同じ内容である。
  
 
トヨタ訴訟問題を調べているとき、このようなブログに出会いました。紹介させて頂きます。
えんだんじのブログ』日本復活に執念を燃やす男、えんだんじの話
【2014/03/24 12:51 】 | 政治・経済 | 有り難いご意見(2)
アメリカの頚木
 安倍首相が3/14の国会答弁で「河野談話の見直しはしないと」と表明した。産経のコラム欄には、顔に「痛恨の極み」と書いてあると評した。安倍首相の選択は大間違いである。従軍慰安婦問題は、検証さえ行えば虚構だった事が証明され、日本に着せられたあらゆる汚名を晴らす突破口になりえたのである。日本としては問題を大きくなればなるほど、韓国政府や慰安婦の嘘がばれ、日本が有利になる筈だったのである。処が馬鹿な事に、安倍首相は問題を静める方に舵を切ったのである。しかも自ら牙を抜いて、敵に差し出したである。「痛恨の極み」どころではない「万死に値する」行為である。即ち利敵行為を行った。
 
 勿論、その敵とはアメリカのことである(支那・朝鮮はアメリカの犬)。
        
  『アメリカの大変化を知らない日本人。日米関係は新しい時代に入る』
              (日高義樹:PHP研究所)
 
・アメリカが中国にものを言わなくなったのは、ドルと人民元の通貨同盟が出来たからである。中国がドルを支える見返りは、人民元の固定相場の容認である。当然、尖閣紛争があろうと、アメリカは介入するつもりが無い。
 
・オバマは、それ程TPPに関心が有ったわけではないが、経済政策の失敗を貿易で補おうとしている。若しTPPが失敗に終わると矛先は日本に向けられる。アメリカから見たTPPの成功とは日本から貿易利益を得る事(日本は雇用を喪失し、貿易収支悪化分GDPは減る)であり、TPPの失敗とは「日本政府の約束違反」として日本を制裁することになるだろう。
 
・シェールガスは環境問題を抱えている。TPPの失敗を日本によるものと考えるアメリカとしては、当然日本へのシェールガス輸出はしないだろう。仮に日本にシェールガスを輸出した場合、環境問題の矛先が日本に向けられるかもしれない。それだけでなく、アメリカが中東の石油に頼らなくなり、又米軍の兵力削減によりアジアは大混乱となり、今度は中東の石油が日本に入らなくなる可能性がある。
 
・中国はアメリカに代われない。(言わずもがなである。世界で最も民度の低い国の1位がインド、2位が中国である)
 
・次の大統領のもとでも日米関係は悪化する。現在のアメリカに有能な政治家はいない。次の大統領も又、日本悪者にすることで人気を得ようとするだろう。
 
・無人機等の先端兵器により、日本に基地がある意味がなくなりつつある。従って、アメリカは日米安保の必要性を感じていない。しかしアメリカの東南アジアの戦略は無定形で混乱している。(当然、日本の東南アジアの戦略も日米安保の延長線上で見ることは出来ない)
 
・安保条約は、日本の領土占領を続けるためのものである。駐留米軍の目的は日本を監視するためである。(横田、厚木と首都圏の基地は全て米軍基地。一方航空自衛隊の首都防衛の基地は遠くはなれた百里基地。しかも軍民共用)
 
・集団的自衛権は幻である。集団的自衛権という言葉を理解しているアメリカ人はいない。集団的自衛権という言葉はアーミテージのような安保ビジネスを行っている「安保屋」が、アメリカ国内で「アメリカだけが日本を守るのはフェァではない」との声が上がり始めたときに、日米安保の延命を図るために言い出したものだ。集団的自衛権という言葉は英訳することもできない。(しかし、GHQの呪縛である憲法を変えられない日本としては、なし崩し的にGHQ憲法を無意味にする手もあるかも知れない)
 
・アメリカの国防予算は大幅に削減されるが、それでも米軍は最新兵器を装備する。レーザー砲、レールガン、GPS不要なミサイル、無人機等である。
 
・アメリカ社会では伝統的な家族システムの崩壊が起きている。それは保守層の弱体化、共和党支持層の減少に繋がっている。そして民主党政権は反日であった。オバマ政権はそれを継承している。
 
・アメリカは友人を裏切ってきた。パーレビ国王、ゴジンジェム政権、ムバラク政権等である。(台湾もそうだった。現在は日本を裏切っている。従軍慰安婦問題でのアメリカの対応がそれを証明している)
 
・昭和憲法では新しい世界に対応できない。日本人が忘れているのは「日本の主権がアメリカにあった」事実だ。憲法が施行されたのは占領中の1947年5月3日である。その憲法は日本がアメリカと戦っているときに、連合軍が日本の降伏文書と平行して憲法原案を作成していたのである。そしてアメリカは憲法を日本人の手で変えられないように、衆参三分の二以上の賛成がなければ、憲法改正の発議が出来ないように定めたのである。
 
 
 日高氏は「アメリカの対等の同盟を結ぶ」と、必ずしもアメリカから手を切るべきとは考えていないようである。だが日本の羽を切り飛べないようにしているのはアメリカである。従って日本はアメリカの頚木から逃れない限り、日本の明日は無いと思われるが、どうであろうか。
 
 日本がアメリカの頚木から逃れるには、核武装、次世代原発、海水からウランを採取、藻類バイオ燃料、メタンハイドレード採取の推進が必要不可欠である。
 昭和憲法については捨てるしかないだろう。悪意を持って作られた憲法である。憲法改正は間違いである。捨て方としては、これから作る法率が憲法に定めれらた事と異なる場合は、新たな法律を優先するとして、昭和憲法をなし崩し的に無効にしてしまう方法もある。どうせ支那・朝鮮との侵略に対処するには、昭和憲法を無視するしか無いのである。 
 
【慰安婦像撤去訴訟】未来の子どもたちに歴史の真実を取り戻せ!
 
 加瀬英明氏は「河野談話があるから従軍慰安婦の話を信じるアメリカ人がいる」と言うが、その河野談話の検証さえさせないように圧力をかけているのは、アメリカ政府ではないか。アメリカ政府だけではない。知日派と言われたアーミテージ元米国務副長官、マイケル・グリーン元米国家安全保障会議アジア上級部長も、『河野談話』見直し阻止にやっきである。なんだコイツ等は、頚木が外れていないか見張っている看守だったのか。
【2014/03/15 15:20 】 | 政治・経済 | 有り難いご意見(15)
安倍首相を孤立させるな!
安倍首相の靖国参拝を批判したのは、 韓国政府、アメリカ国務省、アメリカ大使館、ロシア外務省、EU(アシュトン外交安全保障上級代表)、などが有る。中国政府は主だった声明を出していないが、以前から最も日本の首相を靖国参拝をさせないようにしていたのは中国なので、当然靖国参拝批判組である。
 
安倍首相の靖国参拝により安倍包囲網が出来たように見えるが、むしろ安部首相の靖国参拝により、隠れていた安倍包囲網があらわになったというべきだろう。
 
又、各国の声明や批判的メディアの論調は、安部首相の靖国参拝が「民族主義姿勢を売り込んで支持者を得るため」とか、「中韓のパートナーより右翼を取る安倍首相」とかなので、安部包囲網が目論んでいるのは、安部首相を孤立させる作戦のようである。
 
安部首相を孤立させる理由は、勿論日本人を結束をさせないためである。従って、安部包囲網というより、日本包囲網、日本人分断工作、即ち日本弱体工作というべきである
 
然しながら、この安倍包囲網の理由は国によって微妙に違う。否、安倍包囲網が連携しているとしたら、国によって役割が違うといって良いかもしれない。
 
まず韓国であるが、韓国は中国がA級戦犯を祭られているからと言って靖国参拝を非難しているのとは異なり、韓国は靖国神社存在自体を、軍国主義復活のためにあると非難しているのである。従って、批判するのは靖国参拝だけでは無く、集団自衛権の行使とか武器輸出三原則の撤廃や、ヘリ空母を建造することまで批判するのは、ようするに韓国が反対なのは、日本の国防力強化そのものと言える。
 
その反対の目的は何か。ずばり対馬への進攻である。これが考え過ぎとか、おとぎ話だと思う人は、中国が尖閣諸島を自国の領土と言い出したことを思い出して欲しい。支那人は核心的利益と称して、他国の領土を自国の領土と思い込むようになった。自分に都合が良い嘘や空想を何べんも口に出して、他人も自分自身も騙すのが支那人である。朝鮮人も同じである。朝鮮半島は支那の文化圏。朝鮮人は支那人のDNAを色濃く残す民族である。
 
今や「対馬は我が領土」は、韓国人全員の合言葉である。その対馬侵攻の地ならしが、世界に向けての「日本は悪いだ」の宣伝活動である。ナチと結びつけた靖国批判はその一つにすぎない。
 
と言っても、韓国単独で対馬進攻略は出来ない。韓国による対馬侵攻は、恐らく中国が行う尖閣侵攻の機に乗じて行われるだろう。韓国軍の兵力は65.3万人(予備役380万人)、その内陸軍は52万人。それに対して陸上自衛隊は15.4万人しかいない。
 
「韓国海軍は上陸作戦機能が強いです」と教えてくれたのは、元海兵隊員だったドイツ系アメリカ人マックス・シューラー・小林氏である。北に対峙しなければならない韓国が強襲揚陸艦独島を建造した理由も、対馬侵攻の為と考えれば納得できるのだろう。
 
   
                強襲揚陸艦独島と韓国軍の上陸訓練
 
 
韓国がそれなら、本家の中国の靖国参拝批判も同じ、靖国参拝批判は悪い日本をやっつける為の言い訳である。このところの中国が、日本のちょっとした軍事力増強にも過敏に反応するのは、尖閣侵攻を意識しすぎている為かも知れない。
 
中国・韓国の安倍首相の靖国参拝批判が侵略のための地ならし(=日本は侵略されて当然な悪い国だとの宣伝活動)なら、同じ理由で安倍首相の靖国参拝批判を行ったもう一つの国がある。ロシアである。日中紛争が起き、それに乗じて韓国が対馬のへ侵攻を企てたとき、北海道の自衛隊は全て南下せざる得なくなる。ロシアはミストラル級強襲揚陸艦強襲揚陸艦をフランスから買いウラジオストックに配備し、さらに同型艦をロシア国内で建造中である。
 
その意味は、自衛隊が南下して手薄になったたときに、あわよくば北海道の一部でも掠め取ろうとの下準備と考えて良いだろう。その言い訳が「(靖国参拝が)世界で広く受け入れられているものとは異なる偏った第2次世界大戦の結果に関する評価への遺憾の意」である。従って中国が強盗なら、韓国・ロシアはこそ泥の類と言えるだろう。
 

        中国071型大型揚陸艦         ミストラル級強襲揚陸艦、
 
それに対して、アメリカ政府が「安倍総理の靖国参拝に、失望した」との声明を発表したのは、中国・韓国・ロシアの靖国参拝批判の目的、否役割とは多少違う。サンフラシスコ条約により、アメリカは東京裁判史観を強要出来ないのである。そのため日本では、処刑された戦犯はサンフランシスコ条約後、全て公務死と変更されているが、それに対してアメリカが文句を言った事は無い。
 
処が、今回の「失望した」声明は、明らかに中国・韓国の東京裁判史観の継続に加担したものである。しかも、内密の忠告の形式を取らず、わざわざ声明の形で発表したのは、勿論目的がある。恐らく、中国・韓国は今回のアメリカ政府の声明を、日本制裁の許可、即ち日本侵攻許可のシグナルと受け取るだろう。つまりアメリカは中国・韓国をけしかけたのである。
 
「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」処か、アメリカは、緊張を悪化させたのである。
 
その理由を考えれば、策謀家ジョセフ・ナイの戦略が、「日中戦争が起きたとき、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦争が中心となるように誘導し、日中戦争が激化したところで、アメリカが和平交渉に介入することで、東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権をアメリカが入手し、日本近海に眠る未開発の石油・天然ガスを得る」だったことを思い出せば腑に落ちるだろう。
 
中国の尖閣への侵攻が始まり、それに乗じて韓国の対馬侵攻、続いてロシアの北海道侵攻となれば、如何に米軍が強力であっても対処できない。アメリカの役割は調停になる。否、最初からそのような目論見だった。ジョセフ・ナイの戦略通りである。こう考えれば今回のアメリカ政府の声明が何を意味するか分かる筈である。
 
又、仮に戦争が起きなくても日本・中国・韓国の緊張状態が悪化することは、アメリカが極東での軍事的・政治的主導権を確保をする十分な理由になり得るのである。
 
それにしても、アメリカはインターネット時代を見誤ったようである。靖国参拝を批判したアメリカ大使館のFacebookが大炎上しているようである。
 
イミョンバクが竹島に上陸したときにはあんたたちは何か声明でもだしたか?大人しく物分かりが良い日本だけに我慢させるな。日本国民の大多数は我慢の限界だからな」とか。
 
ヤスクニを批判するなら言わしてもらうけどさ、アーリントン墓地には罪もない日本人を原爆で焼き殺し、空襲により数百万の「一般」市民を殺害し、戦後にいたっても多数の日本人女性をレイプし、望まれない子供を無理やりつくらせ、虐待の限りを尽くした米兵が祀られています。どんな神経をしていたら尊崇の念を抱くことができるんですか?我々日本人から見たらはっきり言って理解できない。だけどあなた方にとっては英雄なんでしょ?そしてそれに対して日本人、というか日本政府は文句を一切言ってませんよ?自分たちは常に正義の味方だと思っているんですか?笑わせないでください(失笑)とか。
 
悉く正論である。果たしてアメリカ政府はどのように答えるのだろうか。
 
次に「日本と近隣諸国との緊張緩和に建設的ではない」との批判をしたEUのアシュトン外務・安全保障政策上級代表であるが、これも近隣諸国との緊張を口実に言っているが、緊張状態を作り出した中国や韓国の事を全く批判せず、靖国参拝批判のみ行ったのは、彼女が東京裁判史観の継続を望んでいるからに他ならない。ようするに東京裁判の正当性がひっくり返ることは、自国の歴史の正当性もひっくり返る事だからである。ちなみに彼女はイギリス人である。
 
最後に、ドイツ紙の中にも安倍首相の靖国参拝を批判すのるのも有るが、これは支那人の「水に落ちた犬は叩け」同様、批判する側に回ることで自らへの批判をかわそうとする卑怯な行為そのものである。
 
結局は、安倍包囲網といっても、ドイツもコイツも狡すからい国ばかりである。と言っても安部包囲網が連携しているとなると日本にとって極めて危険である。当然日本国民としても安部首相を孤立させるべきでは無い。安倍首相の靖国参拝批判は日本批判であり、日本弱体が目的だからである。
 
従って、日本国民は行動を起こすべきである。アメリカ大使館のFacebookの書き込みは十分意味が有ったと思われる。一番良いのは、靖国参拝批判をした機関へ公開質問状を渡すことであるが、公開質問でなくても外国新聞社への質問や外国人特派委員への質問とその結果を、ブログや掲示板に公開し、世界の人に判断してもらうのが良いだろう。
 
でもそれよりまず、アメリカ・中国・韓国の犬に成り下がった日本のマスコミへの公開質問が先だろう。
 
朝日新聞よ。ベトナム戦争のおり、韓国軍は、子供たちの頭や首を切り落とし、手足を切断して火に投げ込む、住民をトンネルに追い詰め毒ガスで窒息死させる、女性たちを次々に強姦したあと殺害、妊婦の腹から胎児が飛び出すまで軍靴で踏みつけるなどの数々の残虐行為を行った。一説には韓国軍は30万人を超すベトナム人を虐殺したとも言われている。そして強姦されて生まれた子供の数は5千から3万人。それでも戦死した韓国軍兵士は韓国の靖国、顕忠院に祭られている。その顕忠院を、韓国の大統領は勿論、日本の首相も参拝するが、顕忠院参拝を批判しないのは何故?
 
                               
                              顕忠院で焼香をする鳩山首相。
 
安倍首相の靖国参拝を支持する人はネットでは8割が支持、TBS系情報番組の調べでも68%が賛意を示したとか、今年も残り僅かとなりましたが、良い年を越せそうです。今年一年、拙いブログにお越し頂いた皆様にお礼を申し上げます。有難うございました。
 
唯、来年は他の用事の関係で、ブログ更新がままならなくなる可能性が有りますが、悪しからず。
 
では皆様、良いお年を。
【2013/12/30 13:30 】 | 政治・経済 | 有り難いご意見(6)
変だよ、西田昌司君
先週、仲間に「西田昌司も増税賛成だよ」と聞いて驚いた。11月のWILLにも「税は上げなければならないでしょう」とか「方向性としては増税」と本人が言っているので、事実だったようである。
 
でも「上げるタイミングは大事で、『もっと経済がよくなってからやるべきだ』と意見は分かります」と言っているのなら、何故来春の増税に拘るのか。増税を急ぐ理由は何処にあるのか。
 
また西田氏は「小さな政府でなく、大きな政府にすべき」とか「GDPを増やそうと思うなら、政府の支出を増やさなければならい」の意見のようであり、その点は新自由主義者などとは一線を画しており、評価できると言える。
 
ではその西田氏は何処を間違えて、増税に傾いたのだろうか。それは西田氏の(大きな政府実現のために)「消費税を含めた国民負担率を上げる」の考えに現れている。即ち西田氏は、税率だけが国民の負担率と考えていることである。
 
処が、アベノミクスの無制限の金融緩和や2%のインフレ目標は、国民の負担率を上げると同じ意味を持つのである。現在の日本では、金融緩和をしても民間は需要を作れないから、刷った金は国が使って国民を働かせ、国民はインフレ分余計に支出を強いられるのだが、つまりそれは国民の負担率を上げる意味なのだ。
 
良く言えば、アベノミクスは、国が国民に職を与えてGDPを増やし、富を国民に分担することだが、増税でそれができるのなら、何も無制限の金融緩和や2%のインフレ目標などする必要がない。従って、GDPを増し、大きな政府にしたいなら、まず増税より金を刷るべきだろう。
 
もし税だけで国民の負担率を決めるなら、国民は、増税反対、インフレ反対、財政出動反対の小さな政府を望み、又の貯金に将来を託す守銭奴の生き方を選択する筈である。又、増税は円の信用を高め円高を招くことになる。従って増税は、まだ成果も上げていないアベノミクスを壊すことになる筈である。結局、それは国家衰退のデフレへの道に逆戻りである。
 
やはり西田氏も、金融緩和に反対する人達と同様、「金の価値よ永遠なれ」の原理主義者と変わらないように見える。
 
大きな政府を志向する西田氏とは違うかも知れないが、増税論者は皆「金の価値よ永遠なれ」の原理主義者である。そして一様に小さな政府を志向している。何故なら、彼は何れも「国の謝金」とか「財政破綻」とかを心配している口である。「子供達の将来に付けを回すな」も彼等の合言葉である。
 
しかし此の「子供達の将来に付けを回すな」の言葉程、彼等の馬鹿さ加減が現れている言葉は無い。何故なら政府の借金を未来に回せるのなら、もっと未来から金を借りて返せば良いからである。百年先から借金、千年先から借金、未来は無限にある。
 
実はそれが、国の借金は家庭の借金と違い、金を刷って返すこと出来るの意味である。勿論それはインフレを意味する。しかし、金を幾らでも刷ることができる国にとって国民を働かすことができたなら、結果が国民の資産になろうと、国民のタダ働き終わろうと、その時点ですべてペイ出来ているのである。即ちそれは金の価値は永遠ではない事を意味するのである。
 
西田氏の増税容認発言の意味は、ひょっとしたら西田氏だけでなく安倍首相も、アベノミクスの本質を理解していないのでないだろうか。それともアメリカの意向で動いているのだろうか。
 
もし増税がアメリカの意向だとしたら、それはTPPの目的が日本の関税自主権を放棄させる事と同様、増税もアベノミクスを失敗に終わらせ、日本の貨幣発行権を無意味にする為のように見える。TPP・増税、日本の国家主権を無くすのが目的ではないのか。
 
何れにしても、今増税をするとアベノミクスは終わり、日本再生は遠のくだろう。

増税反対!。

 
 
            
      上は長江文明の遺跡の一つ四川省の龍馬古城遺跡である。          
 
長江文明は年を下るにつれ、城壁都市のようなものを構築する。城壁を作ったのは黄河流域から襲ってくる牧畜民から守る為であるが、長江文明では貨幣が使われた形跡はない。では都市国家とも言えるその城壁都市は、金も無いのにどのようにして人民を働かせて城壁を作ったのだろうか。当然、其処に住む住民は全て、国家の滅亡は我が身の滅亡と思い、労働力を供給した筈である。従って国に金が無いと何も出来ないと考えるのは間違いであることが分かる。それにしても、金を刷ることで国民を働かせる事が出来る現在の国家が、金に束縛されているのも可笑しな事である。
 
因みに、長江文明を滅ぼした牧畜民こそ現在の漢民族の祖先であり、城壁都市などから逃げ出した長江人が、現在の日本人を構成成している一つの民族の祖先である。
 
 
拡散:
楽仙堂・恥の記録
http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/20130928/1380372599#c
【2013/09/29 22:10 】 | 政治・経済 | 有り難いご意見(10)
| ホーム | 次ページ>>