忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
種子法廃止の大問題
食料エネルギーの確保、国防は国の根幹です。今回は食料安保の話です。重要な事なので是非動画を見て下さい。
 
何故カテゴリーを『共産主義・グローバル主義』にしたのか?。種子法廃止の裏で蠢いているのはモンサント社です。モンサント社の大株主はロックフェラー一族、つまりユダヤ金融資本、つまり共産主義・グローバリズムの大本だからです。
 
【討論】種子法廃止は日本農業を滅ぼすのか?[桜H29/5/20]
パネリスト:
 入澤肇(公益財団法人すかいらーくフードサイエンス研究所理事長)
 河添恵子(ノンフィクション作家)
 篠原孝(衆議院議員)
 三橋貴明(経世論研究所所長)
 安田節子(「食政策センター ビジョン21」代表)
 山田正彦(元農林水産大臣・弁護士)
司会:水島総
 
種子法廃止の経緯は、アメリカの圧力で大店法(大規模小売店舗法)を廃止したのと同じですね。大店法が廃止になり、スーパが近くが出来た消費者にとっては便利な事だったようですが、地元商店街は消えました。日本長期信用銀行や山一證券が潰れた背景もアメリカの圧力だったと言われています。郵政民営化もそうですね。しかし種子法廃止は日本の食料安保が脅かされるという国家主権に関わる大問題なのです。
 
食料安保についての危機意識の薄い日本の中で、僅かに食料安保を守って来たのが種子法(主要農作物種子法)です。その種子法を安倍首相は無くそうとしています。思い起こせば、安倍首相がニューヨーク証券取引所やロンドンのシティでの演説で男女共同参画を推進し、日本を開放しますと演説していた事が頭に浮かびます。事実上移民政策である外国人労働者の受け入れも安倍首相は推進しています。多くの人がTPPの問題点を指摘しているのにTPPを熱心に推進しているのも安倍首相です。憲法改正と言っていながら、何と9条二項を残すとか。
 
安倍首相は、実は金融資本の代理人じゃないでしょうかね。
 
安倍首相の事をニューヨークタイムズのよう様な共産主義新聞はナショナリストだと言ってましたが、アメリカ人の中でも彼の政策をチャント見てる人は、安倍首相は新自由主義者(ネオリベラリズム)ではないかと言っています。新自由主義とは社会自由主義(ニューリベラリズム)が国家が失業、健康、教育などを関与しすぎる反動として生まれた思想ですが、新自由主義は国家解体をもくろむ勢力が望んでいる思想なのです。新自由主義とはグローバリズムですから。つまり新自由主義とは共産主義の別思想です。社会主義者は左翼など言われていますが、食料安保を考えている社会主義者の方がナショナリストなんですね。分りにくいですが。
 
今回チャンネル桜の討論番組に新たに加わったのは、山田正彦(元民主党で脱原発)、篠原孝(民進党で女性宮家創設賛成、原発反対)、入澤肇(自由党→保守新党→自民党で夫婦別姓賛成)、安田節子(原発反対)、さんです。
 
皆さん脱原発とか夫婦別姓賛成とか女性宮家創設賛成とかと花畑みたいですが、反グローバリズムで食料安保を考えている国士でもあります。是非チャンネル桜の討論番組に参加して下さい。食料安保だけでなく、国防、エネルギー問題についても話有って欲しいものです。恐らく何れ水島さんなどとも意見が一致するでしょう。日本の原子力発電の行き先を憂えている服部禎男さんを交えてのエネルギー問題の討論なんかも良いですね。
 
今回参加者全員の意見の一致したのが『農業に所得保障すべき』です。どのように所得保障すべきかは色々あるでしょうが、私も基本的に賛成です。食料安保の問題だからです。
PR
【2017/05/24 13:20 】 | 共産主義・グローバル主義 | 有り難いご意見(2)
<<猛威を振るポリテカル・コネクトネス | ホーム | ドイツ帝国>>
有り難いご意見
続々のアップ有り難う御座います。
コメを色々考えているうちに次々とアップで追い付けてません。
種子法廃止の件ですが、主犯は小泉進次郎です。
今日は
日本と世界宇宙の動向
というブログで興味深い記事が載っていたので紹介したいと思います。

社会主義政権を裏で支えているのがウォール街のユダヤ金融資本だということが分かる記事です。
彼等は左翼思想を推し進めていますから、社会主義国を裏で支えると同時に社会主義国の政府を操っています。しかし社会主義は失敗しており、いくら裏で左翼政権に大金を与えて支えても長続きしないのです。
このようなことが明らかになれば、ベネズエラの現政権は長続きしないでしょう。何しろ財政破たんしたベネズエラの現状は地獄そのものです。国民の生活は破たんしています。
しかし金融資本は破たんした独裁政府を支えています。その延長上にあるのがNWOだからでしょう。悪魔崇拝のユダヤ(シオニスト)集団は世界中の政府を支配することで世界を支配し続けています。

新世界秩序
実は私が洗脳されて活動していたカルトでも語られていました。今更ながら、人生間違えた! と思うのですが、あの経験があるから色々な事象が自分としては普通の人達よりも理解できるかな? と自分を慰めているところであります。
【2017/06/01 09:35】| | HAPPA #224b6e8abf [ 編集 ]


Re.HAPPA様
EUも金融資本に支配されているようです。但しウォール街では有りません。EUの金融資本の本拠地はフランクフルト学派で有名なフランクフルトです。当然ウォール街とも関係があるでしょう。でもフランクフルト学派の学者達は金融資本を批判しませんね。

やはりユダヤ(シオニスト)達の原動力は洗脳によるものでしょう。頭の良い人種と言われる彼らが何故洗脳されるのか。それはユダヤ教が言葉を大事にする宗教だからです。この点左翼も同じです。左翼の発する「歴史修正主義」「ナショナリスト」なんて言葉が有りますが、彼らは言葉を当てはめると、そこで思考停止になってしまいます。

知識人程左翼思想に嵌りやすいのは、彼らも言葉を絶対的なものとして信仰しているからです。論文・報告書とか、彼らの商売道具ですけどね。それに対して一般人は言葉を道具としか見てませんし、それが正しいのです。白隠和尚の「片手の音声を聞くより、両手を打って商いをせよ」ですね。

金融資本に支配されるEUに批判的な、エマニエル・ドットはユダヤ人です。でも彼はユダヤ人としての教育を受けていないようです。彼は『フランスよ国家を取り戻せ』と言うフランス文化を愛するフランス人です。やはり洗脳教育が問題のようです。

又、洗脳と脳について書こうと思っていますが纏まっていません。
【2017/06/01 21:07】| | 崗上虜囚 #7dc377d16b [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>