忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
討論番組、日本強靭化会議

【討論】日本強靭化会議[桜H29/10/7]


https://www.youtube.com/watch?v=sqa_zdUjov0

討論内容は、日本の経済成長率は世界最低、経済だけでなく科学技術のレベルも急速に低下し、もう駄目レベルという話です。研究分野に大投資しないと日本は生き抜くことが出来ないだろう事は、粗一致した意見、処が政治家・官僚・マスコミは皆緊縮財政派。
 
その対処法は、高橋洋一氏が言った「財源が必要だが税金でやろうとするから出来ない、投資なので国債を発行すれば良い。インフレ目標に達するには、未だお金が足りない。25兆円ぐらい有効需要があるので25兆円の国債発行は可能と言い。しかも現在金利0なので、B/C(ビーバイシー)=コストパフォーマンスは全てクリアできる」でしょう。
 
処が今の日本はこの当たり前のことが出来ません。経済も分らない、日本の将来への危機感も無い、官僚や政治家ばかりだからです。彼らがそんなに緊縮財政をしたければ、まず東大あ法学部への予算を0にすべきですね。
 
この会議でもう一つ重要な意見が有りました。それは山下了氏が「学生の挑戦意欲が失われている。真剣さとかまじめさが日本人から段々失われている。昔は作る事が夢だったのが、いけない風潮になっている」と言っていることです。
 
高橋洋一氏や藤井聡氏の話は日本の危機の現状とそれに対処するにはどうするかの話ですが、これは日本に限ったことではなく、どの国でも対処法も同じになる筈です。それは有効需要を見つけ幾ら貨幣を創出するかの新たな経済理論であり、いずれ何処の国も採用するようになるからです。
 
それに対して山下了氏の話は日本の独自性が失われていることの危機感です。現時点なら日本が中国や韓国と同じ経済政策で競争させたら、恐らく日本が勝つでしょう。それは未だ日本の独自性があるからです。何故日本が中国や韓国より有利なのか?。それが前のエントリー儒教脳の呪縛の影響の差です。
 
こじつけ心理学なのであまり使いたくありませんが、心理学に『達成動機』なる言葉が有ります。何故人が困難な事を達成しようとするのかの動機のことです。殆どの人の動機は、征服欲、金銭欲、名誉欲等です。後、脅迫観念の人もいるかも知れませんが、それ以外に物事を深く追求することに喜びを感じる人もいます。それが昔の日本人には多かったのです。
 
欲があるのは日本人も支那人も朝鮮人も同じです。でも物事を達成するのに一歩差を付けるのは、欲のために動く人より、物事を追求することに喜びを感じる人です。彼らは人参も鞭も御者もいらず、レールさえ自分で敷いてしまう機関車のような人です。そういう人が日本に少なくなっているのです
 

  
伊藤若冲:酒も女も眼中に無く、絵を描くことを無上の喜びとしていた人です。それが可能にしたたのは彼が裕福な家に生まれたからで、いくら好きとは言えある程度資金がないと何も出来ない事を物語っています。倉庫で埃をかぶっていた彼の作品を発掘したのはアメリカ人。絵画なので先端技術では有りませんが、超先端絵画だったのでしょう。物事を深く追求することに喜びを感じる人の一例です。
PR
【2017/10/08 15:47 】 | 未選択 | 有り難いご意見(2)
<<討論番組、日本強靭化会議 | ホーム | 儒教脳の呪縛>>
有り難いご意見
日本文明の特徴
>>物事を達成するのに一歩差を付けるのは、欲のために動く人より、物事を追求することに喜びを感じる人です。彼らは人参も鞭も御者もいらず、レールさえ自分で敷いてしまう機関車のような人です。そういう人が日本に少なくなっているのです
 呍、その通りだと思います。 日本人は戦争に負けたショックと野蛮国米国のWGIP施策に拠って、戦前の古い価値観を否定されたままなので、立ち直れていないのだと思います。殊に経済学と云う分野は西洋入来のモノと云う感覚が一般的ですが、江戸期既に株屋があり、社会での評価も「札差し」と云う蔑称を戴いていたし、菱垣廻船等の海運による国内流通も、海難保険の原型のような「購」も有ったと云う話があります。 是も時代の要請に敏感で有れば舞台は違って居ても、粗同じようなモノが出てくると云う事でしょう。 そう意味では、日本人の感性は、昔から世界一流だったと云えると思います。

 例えば、日露戦争の戦費を集めていた高橋是清等は、当時、社会の裏面に居た英国ロスチャイルド系の米国のシフを通して莫大な戦費を調達して居ました。斯う云った、世界スケールでモノを考えそして実行するのは、当時の差別当然の欧米世界の常識では、並大抵の事ではありません。

 タダ、1:20と云う圧倒的に日本不利なオッズであったのに、日本がロシアに勝った事で、シフは大儲けしましたが、借りた戦費はチャラにはならず、確りと回収されました。それ故、日本はロシア相手に多くの血を流して手に入れたダケに、満州利権を独占して終った。 これで米国や英国が敵に廻り、仲よくできる機会も与えられないママ、戦争に突入して終ったのです。 昭和11年の2・26で殺された高橋さんは、草葉の陰で悔やんでいた事でしょう。

 日本文明からは「独想の天才」が、出やすいのだと思います。 或る基礎的な技術習得段階以上は、誰に習ったでもなく、自身の脳みそに浮かんだ閃きを形にして顕現させる、新たな構想、其れを実現させる新たな技法、そして、其れに共感する周りの人々、これ等に恵まれた時に、「天才」が生み出されるのでしょう。 華道の佐々木某、能の観阿弥・世阿弥、蒔絵の光悦、絵画の北斎、若冲、写楽・・・は、全て生前芸術家として名を成したわけではありません。然し後世になって、寧ろ、外国での評価が高くて、見出されているモノが多いと云えましょう。真の芸術は人を選ばず、感動を与えるモノだと思います。

 それにモゥ一つ、日本文明は世界でも希な庶民発の文明であると云う事でしょう。 民度が元々高いのは、スメラミコトを頂にする、威力分離の政体を2千年近くも続けてきた事が主な原因であるのは、3万年以上と観られる日本史で為政者が民を「おほみたから」とし、支配者と民の良好な関係を継続した事に拠り、事実上の民主政治を早くから実現して居たとも考えられるからです。

 それも、日本が、世界でも希に見る災害の多い土地であり、この列島で暮らして行くには、絶えざる工夫と皆の協力が不可欠だったからだと思います
【2017/10/10 11:01】| | ナポレオン・ソロ #6af5d29afa [ 編集 ]


Re.日本文明の特徴
ナポレオン・ソロ様
>それにモゥ一つ、日本文明は世界でも希な庶民発の文明であると云う事でしょう。 民度が元々高いのは、スメラミコトを頂にする、威力分離の政体を2千年近くも続けてきた事が主な原因であるのは・・・・

それを可能にしたのは、縄文時代という1万数千年にもわたる定住にあると思っています。定住すると、じっくり物作りが出来ますし、分業が始まります。となりの人は競争相手では無く、別の能力を持っているの尊敬すべきプロです。恐らく長江からのボートピープルはそうして受け入れらたのでしょう。

処が大陸や半島の人間は乗っ取るか、人を奴隷として働かせるかしか考えていません。日東壮遊歌は半島人の考えを如実に表しています。

現在日本から追求することに喜びを感じる人が少なくなったのは、半島人の日本乗っ取りが粗完成し、彼らの生き方、考え方が主流になりつつあるからです。
【2017/10/10 19:21】| | 崗上虜囚 #7dc4e17e2f [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>