忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
世界惨禍、イナゴの来襲

拡散希望:
1 中国大使館「領事館業務」は建坪150平平米で東日本は十分
http://youtu.be/C5fnkIoPcCM
2 超限戦の元締め中国大使館は日本総督府になるのか?
http://youtu.be/usbXPKr3ydw
3 中国大使館経済商務参賛処は売国商人達の密会所か?
http://youtu.be/C7HUzcZpSc8
4 中国大使館別館・第二別館予定地への道を歩いてみよう
http://youtu.be/vwhfxc4rlKs
5 中国大使館第二別館予定地は大使公邸用ではあり得ず
http://youtu.be/0Y-amE-0gXg
6 知られざる中国大使館教育処(江東区)とは?
http://youtu.be/l0R9SbeY5h8
7 中国大使館教育処-2 ここを発見したのは神の計らい?
http://youtu.be/KWOimsmiEK4
8 中国大使館教育処-3新潟市民の皆さん知って下さい!
http://youtu.be/oDQi-5G_DV0
9 中国大使館教育処別館 大使より格上の人が居るかも?
http://youtu.be/8f8yYkgte5U

世界惨禍、イナゴの来襲:
支那人・朝鮮人はイナゴに似ている。それは移住先の地を食い荒らし荒廃させると、また別の地に飛び去って行くイナゴの生態にそっくりだからである。彼らは祖国の経済状況が悪くなると、いとも簡単に国を捨てる。

支那人・朝鮮人が国を捨て、他国に移り住んでも、嘗ての祖国のために活動するのは、祖国に対する忠誠心では無い。彼らに国家意識があれば、国を捨てる人間がこれ程多くいる筈がない。彼らに有るのは、仲間や同族の結びつきである。それでも、彼らの仲間や同族の結びつきは、彼らには愛国心が有ると思わせる程強固であるが、彼らの本質は流浪の民であり非定住民である。

そして、今日本で起きている混乱は、その支那人・朝鮮人の群れが、彼らの都合の良いように日本を変え、さらに仲間を呼ぼうとしている事である。つまり、彼ら都合のよい形態とは、日本が国家としての意味を成さなくさせる事であり、その混乱とは、それに気が付いた一部の日本人と、支那人・朝鮮人連合との戦いの事である。

これは有る意味、国家が有るべきであると思う人間と、国家を必要と思わない人間との戦いである。又これは、以前のエントリーの「最後の定住民国家」でも取り上げた、定住民対非定住民、又は定住民対移動民の戦いである。

現在、世界中に国があるが、国と称していれば同じ地に位置し、国民はその国に定住しているのが普通である。豊かの地を求め、見つければそれを襲うという、フン族や匈奴のような生き方は、最早出来なくなっているからである。

と言っても定住してから日も浅く、まだ国家として若い国は、国民が定住のノウハウを身に着けていない国もある。それは、いずれも野蛮な国である。ロシアもアメリカも、国家や国民の行動を見ると、それに近い国に見える。

新興国家であるアメリカは、砂のような国民の集まりである。合衆国と言う入れ物が無ければ、その地で生きている人間達は、ばらばらになるだろう。それに対して、現存する世界最長国家の日本では 、日本列島に定住する限り、国家の機能が麻痺したとしても、そこに暮らす日本人は、モラルある社会を形成する筈である。縄文時代から続いている日本社会には、定住のためのノウハウが山ほど有るのである

そのためアメリカ等では、常に国民に国家を意識させる啓蒙活動を行っている。アメリカの小学校が国旗を飾っているのは、国民に国家観を教えているのである。そうしないと、アメリカ人はすぐばらばらになるであろう。

逆に日本は、国家の成り立ちを誰もよくしらない程古すぎるため、国民は国家の存在を意識しないのが当たり前となっている。そこで、支那人・朝鮮人達が、日本を破壊しようと暗躍してるのも、日本国民が国家を意識しなくなった弱点を知っているからである。彼らの工作目的は、日本人が国家意識に目覚めないようにすることが第一である。

と言っても、その事に日本国民が気が付くと、国家意識を回復するのは早いと思われる。現在マスコミ・教育等の重要な処が支那人・朝鮮人達に乗っ取られているが、日本国民同士が結びつく処はもっとある。天皇の存在しかり、日本語の存在しかり、文化や生き方しかり、国家を無くそうとしても、あらゆる処で日本国民同士は結びついており、国民の家としての日本国家の存在は、消しようもないのである。

むしろ、問題はアメリカ等の新興国家では無いだろうか。現在、多数の支那人・朝鮮人がアメリカ等に移住している。先に述べたように、彼らは移住先の国に忠誠を誓わない。そして移住先で仲間だけのコロニーを作り、仲間同士で結束し、その地域の多数派を形成する。議会は乗っ取られ、教育内容も変えさせられるだろう。

古くからいるアメリカ人が国として、支那・朝鮮を取るに足らずと馬鹿にしても、支那人・朝鮮人に内部から食い荒らされれば、なす術はない。アメリカは、国民大多数が共通項を持たない、後から来た移民で成り立つ国である。国家意識を持つアメリカ人等は、あっと言う間に少数になる筈である。

今、アメリカの多くの州で、独島の看板が立てられ、慰安婦の碑が建てられようとしている。朝鮮系アメリカ人は高々200万人程度ある。その彼らでも、これ程の影響力を行使できるのである。恐らくアメリカ人の多くは、それ等は日韓関係の問題であり、対岸の火事としか映らないだろう。しかし国家意識を持つアメリカ人なら、僅かな韓国系アメリカ人が大きな影響力を持ち、アメリカの利益でない事を熱心にやっている事に関心を持つべきである。

それは、本命である支那人が、これからアメリカを支配するだろう事を示唆しているからである。そこから想像されることは、イナゴに食い荒らされるアメリカの姿である。そしてやっかないな事に、このアメリカを食い荒らすイナゴの群れは本体では無いと言うことである。

世界各地を食い荒らしたフン族は本体が移動してきた。しかし現代版、遊牧民・騎馬民族の本体は大陸の支那や朝鮮半島にある。彼らに本国が有る限り、いくら一国だけで彼らの流入を止めても、その他の国に押し寄せてくるだろう。それは、現代版遊牧民・騎馬民族の後方にある、本体である彼らの国家の意思だからである。

彼らは嘗ての華僑と違い、流浪の民では無い。これから、世界の国に押し寄せてくる集団は、本国で世界乗っ取りを教育され、それを意識している人間達である。言わば彼らは尖兵である。

それは、明確に世界制覇を言い出した支那人だけではない。在米朝鮮人や朝鮮系アメリカ人の言うことが、悉く彼らの嘗ての本国の言うことと連動しているのは、彼らの眼中に、アメリカの国益が入っていないことは明らかである。そして、オリンピックやサッカー試合の買収劇の成果を見れば、朝鮮人の能力も高いことはわかる筈である。

支那人・朝鮮人。食い荒らすだけで、定住のノウハウを持たない民。仲間内だけの利益を追い、公に奉仕することを知らない民。陰謀、分断工作、懐柔工作に長けた民。アメリカであれ、日本であれ、支那人・朝鮮人の軍門に下る国が一つでもあれば、それは止まる事を知らず、世界の惨禍として広がるであろう。

日本人よ目を醒ませ!。

 

『河添恵子著「豹変した中国人がアメリカを・・・」①』梅原克彦 AJER
http://www.youtube.com/watch?v=9VMtHPQ4cVM

『河添恵子著「豹変した中国人がアメリカを・・・」②』梅原克彦 AJER
http://www.youtube.com/watch?v=AkSIhG84i_c


『国家が有るべきであると思う人間と、国家を必要と思わない人間との戦いである』と言ったが、日本人にも日本国を無くそうとしている人間が一杯いる。所謂サヨクと呼ばれる人間達である。しかし、彼は支那人・朝鮮人と多少違う。日本を無くそうとしている日本人に限って、日本に庇護を求める人間だからである。言わば、サヨクは親のスネをかじっていながら、自分を認めさせようと、家庭内暴力を起こしているような人間達である。例えば、大江健三郎である。彼は、日本を誹謗中傷し北朝鮮を讃美したが、一向に北朝鮮に移住しようとしない。日本のサヨクはスネかじりの馬鹿である。


PR
【2012/06/07 22:34 】 | 支那人 | 有り難いご意見(4)
<<日本にエリートは不要 | ホーム | なりすまし3>>
有り難いご意見
無題
一連の動画を拝見致しました。

支那や朝鮮の人たちはいったいなにを望んでるのでしょう。
日本という国に対する意趣返しのようなものでしょうか。
嫉妬というのは人間には抜きがたい感情です。そして、それを伴った行動は非常に醜いものです。

個人であっても国家であってもそこに違いはないでしょう。

彼らの目的が見えないというのも、そういった人間の持つ基本的な感情から来る衝動のようなものが彼らの動機かもしれません。

特に特アの連中の嫉妬心から起こる行動はは非常に陰湿で残虐な行動として現れるようです。

日本の反日のひねくれ者たちも基本はそこなのではと思えます。

彼らの最終的な着地点はないでしょう。今を、、憂さを晴らす反抗心が原動力なのではと思えるからです。

崗上虜囚さんがおっしゃるように彼らは、甘えが過ぎる駄々っ子でしょう。その表現は正鵠を射たものです。


だから、このスレでリンクされた動画のように、そういった感情的な視点を排除して、論理的に未来を見ることが出来る方たちは危機感を募らせておられるのだと思います。

私は、人類の未来を信じるタイプです。
必ずや彼らのなさんとする無意味な感情的衝動は挫折への終着点を迎えると思っております。
【2012/06/09 16:56】| | 杜若 #12f2b76fea [ 編集 ]


Re. 杜若様
>彼らの目的が見えないというのも、そういった人間の持つ基本的な感情から来る衝動のようなものが彼らの動機かもしれません。

彼らは、過酷な生存競争を生き抜いてきた子孫だと思います。淘汰されずに山岳地帯に逃れた人々が、チベット人でありブータン人です。日本は海に隔てられていたので幸運でした。

日本人と同じ、古いDタイプのY-DNAタイプがいるブータン人を見て分かるように、本来の人間の持つ基本的な感情は、穏やかなものだと思います。支那・朝鮮の過酷な社会は、支那人・朝鮮人が作り出した社会です。鶏が先か卵が先かの、言わばエンドレス・ループの世界です。

支那人・朝鮮人も、周りの大多数が穏やかな人に囲まれ、彼らの我侭を許さない環境に住めば変わるでしょう。しかし今の日本は、彼らの我侭も、彼らが徒党を組むことも許しています。しかも悪い事に、彼らには彼らの生き方を後押しする本国が有るのです。

そこで、誰かが彼らを止めなければ、それは世界の惨禍になると言うのが、このエントリーの言わんとする処です。本来なら、その力が有るのはアメリカですが、アメリカ人も似た処が有るので、駄目かと思っています。

せめて日本だけでも止めるべきでしょう。簡単です。彼らとは付き合わない。それだけで彼らは困る筈です。困れば学ぶでしょう。案外、世界は日本に期待しているかも知れません。
【2012/06/09 21:04】| | 崗上虜囚 #99bc412e54 [ 編集 ]


世界から東方の西絨族が消える時
 シナ人や朝鮮人と言う、西絨族を祖先に持つ民族は、自ら生産し、自給自足する事は、馬鹿化た事だと云うのが、通底する基本認識でしょう。 それが故に、略奪に伴う暴行、殺人、詐欺、鍮盗、といったあらゆる犯罪行為の規制が甘い。

 即ち、自己生存の為の利己主義が全てに優先するから、彼等が催す社会に秩序は育たないのは、当たり前である、是が女性になると、売春行為が丸で個人の権利の様に認識されている事に気が着く。

 つまり、モラルも存在しない。

 彼らの社会を簡明に謂えば、「生きる為なら何を遣っても許される」と言う常識が存在する社会だと言えましょう。

 丸っきり、イナゴですね、否、イナゴは共食いしないでしょうから、イナゴ以下ではなかろうか。

 自前で生産を行わない民族の社会では生存条件が非常に厳しくなるのは当たり前です。 李氏朝鮮末期の惨状は当然の結果でしょうが、そんな状態が500年も続いたのは、誰も改革等行おうとするモノは現れなかったからだ、と云い切れます。 何故なら、彼ら相互が明らかに敵同士で、決して仲間では無いからです。

 最近 「略奪されるモノの生産を行う事は、弱者がする事だ」と云う感覚から、「日本人は食物連鎖の一番下」と言う発言者が入る様ですが、間違いなく朝鮮人でしょう。

 私は、米国人が何処かでそれに気が着いて、是亦、「人種差別も何のその」のドラスティックな方法で朝鮮人、シナ人を国外排除始める可能性があると思っています。 既に、「朝鮮人お断り」の制限が有る地域が有る様です。

 歴史から云って、激しくなる契機は米国が国難に遭った時でしょうね。

 当然、対抗策として其処で出てくるのが、アイムザパニーズ、日本人成済ましでしょうが、判別は簡単です。 男なら徴兵すればよい。 徴兵を逃げ回るのは朝鮮人と判定され、本国へ送還される。 女性は売春するモノは全て朝鮮人と言う類別を受ける可能性が有る。 白人種得意のクリスチャンと言う類別方法は、余り有効では無いと思いますね。

 怖いのは、黄色人種を一括りにされて終う事です、米国否白人社会は、クリスチャニティの排他主義を基本にしていますから、一旦敵性を見抜かれれば、寛容性は驚くほど狭い範囲にしか働きません、そうなれば彼らの秩序を破るモノに全く容赦が無いのも特徴です。

 まぁ、この先の米国社会には余り棲まない方が宜しいのではなかろうか。

 問題は、日本に居る朝鮮族の扱いですが、ヤッパリ基本、お帰り願うのが筋でしょう、それには、先ず、民主党を打倒しなくては始まりませんね。
【2012/06/09 22:00】| | ナポレオン・ソロ #4fbf655b08 [ 編集 ]


Re. 世界から東方の西絨族が消える時、ソロ様
> つまり、モラルも存在しない。

彼らのモラルは公が無いモラルですね。仲間内だけのモラルです。これがモラルと言えるかどうかですけど。

>丸っきり、イナゴですね、否、イナゴは共食いしないでしょうから、

大群になったイナゴは共食いもするようです。

>最近 「略奪されるモノの生産を行う事は、弱者がする事だ」と云う感覚から、「日本人は食物連鎖の一番下」と言う発言者が入る様ですが、間違いなく朝鮮人でしょう。

支那人も、同じ考えでしょう。日本人なら嬉々として働きます。日本人が労働を嬉々としなくなるときは、支那人・朝鮮人のような考えを持った人間が、上にいる場合です。

>歴史から云って、激しくなる契機は米国が国難に遭った時でしょうね。

なんか、支那人には負けるのでは。昔みたいに、おおぴらに人種差別が出来た時と違う時代の、内部侵食ですからね。

>問題は、日本に居る朝鮮族の扱いですが、ヤッパリ基本、お帰り願うのが筋でしょう、それには、先ず、民主党を打倒しなくては始まりませんね。

その通りです。そうしないと、日本人が彼らの風習に染まってしまうからです。お互い国があるのだから、棲み分ければ良いのです。
【2012/06/09 22:46】| | 崗上虜囚 #99bc412e54 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>