忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
日本の粗大ゴミ
小沢グループが新党結成する可能性があるという。旧社会党から沈没寸前に逃れ出たような反日サヨクの多い民主党の中では、小沢グループには比較的まともな人間がいると聞く。しかし、金権腐敗、支那隷属・日本蔑視の朝鮮人頭の小沢一郎をボスに担いでいる事自体、自分も小沢一郎と同じ人間と言っているのと同じである。まともに見えたのは、偶々日本の国益と彼ら保身が一致したのを見たのに過ぎない。

小沢グループの議員も、その他の民主党議員も、同じ粗大ゴミであることに変わりが無い。せっかく『反日朝鮮人政党・民主党』と書かれた、ゴミ袋に分別されたのだから、焼却の日までおとなしく納まっていて欲しいものである。

それにしても不思議なのは、その粗大ゴミと対話しようとする自民党の姿勢である。

民主党政権は、『日本列島は日本人の物ではない』発言と日の丸裂き事件から始まり、尖閣漁船衝突事件での国益を無視した対応、前原元外務大臣を始めとする在日からの献金、北朝鮮テロリストと菅直人の繋がり、野田首相と民団との繋がり、スパイ事件で明るみに出た農水大臣と支那の癒着、売国支那大使の温存、進まぬ震災復興、エネルギー問題の無策、デフレ不況や円高に対してのやる気の無さ、そのくせTPPとか女性宮家創設や人権救済法のような余計ことをやろうとしている。

この僅かの例だけ見ても、民主党が如何に日本に不要な反日ゴミ集団だと言うのが分かる筈である。民主党政権が一日延びれば、日本の破壊がそれだけ進む。民主党政権の政策は全て日本に害するものと結論付けるべきではないか。当然、民主党政権の消費税増税は日本潰し。

それが分かっていれば、如何に自民党の政策に増税が含まれていたとしても、民主党政権に増税案に乗る必要は無かった筈である。『自民党も増税を考えているが、自民党が政権を取ったら、まずデフレ不況を退治し、景気がよくなった後のしかるべ時期に増税を行う。今は、震災復興、景気対策が最優先で増税やるべきでない』と言って反対すべきであった。 また、野田政権の増税案に賛成したとしても、賛成の引き換えに、野田首相から『法案成立後、直ちに解散する』の言質を取るべきだったであろう。

しかしそれより自民党が本当にやるべき事は、民主党が反日政党であることを国民に知らせる事である。民主党政権が行った反日行動の数々、民主党議員の反日国家との繋がり、民主党がこれから成立を目指す日本解体法案の数々。これらを例に上げ、大々的に宣伝活動を行えば、選挙戦は有利に戦え、民主党の根絶は勿論、党内にいる民主党と同じ考えを持つ反日分子を、一掃出来る筈である。

だが谷垣執行部は何もせず、只民主党に協力しているだけである。と言うことは、谷垣執行部は、現状の危機感も問題意識も無い無能の集まりか、民主党と同じ反日粗大ゴミなのだろう。


 
この子供達の為、次の選挙は、無能政治家や反日政治家と反日政党(民主、社民、共産、公明)を日本から無くそう。
PR
【2012/06/22 19:05 】 | 政治・経済 | 有り難いご意見(6)
<<反日日本人の精神構造 | ホーム | 上昇志向の支那人・朝鮮人>>
有り難いご意見
無題
それにしても判らないのが小沢の人気です。
動画を見ても、どうみても小物なのに、虚像が一人歩きしすぎています。

一人では党首討論もできる実力も無いくせに、妙にマスゴミに守られ、権力に守られ・・・・・・、そこがおかしいんですよ。

表向きの代弁者というか後ろの団体を見ているのかもしれません。
【2012/06/22 21:15】| URL | 某さん #4fc214a59f [ 編集 ]


Re. 某さん様
>それにしても判らないのが小沢の人気です。
動画を見ても、どうみても小物なのに、虚像が一人歩きしすぎています。

それは、大昔からです。大した事を言っていないのに、何故か持ち上げる人間が多かったですね。案外創価学会が応援しているのかも知れません。

中韓さんが更新していませんが、どうしたのでしょう。
【2012/06/22 22:17】| | 崗上虜囚 #9915155081 [ 編集 ]


無題
最近のねずさんの記事に小沢夫人の離婚及びその経緯の手紙の件について書かれていました。

東北地方太平洋沖地震の時に、雲隠れしていたのは放射能が怖かったからだとか、、。

以前から私は小沢という人間に信頼を持てません。
政治家云々以前の問題です。

こういったことが報道されても小沢信者はそれをもみ消すことに必死のようです。

結局、そういった人たちは粗大ごみは粗大ゴミで利用価値がまだ残ってるんだと思ってるんでしょうね。

もういい加減消えてほしいものです。
【2012/06/23 21:43】| | 杜若 #12f2b76fea [ 編集 ]


小沢を産んだ日本の政治の終焉は近い?
>某さん
>>それにしても判らないのが小沢の人気です。
 理由は簡単なのではないでしょうか? 某さんの推察通り、彼に人気がある、亦は、注目されている様に見えて居るのは、民主党が、彼の背後勢力の支持を受けているからであり、彼が民主党を抜ければ、民主党の資金的なバックボーンや、マスコミの大きな資金源が消えると云う事だからでしょう。

 しかし、彼も齢70歳になったが、彼には後継者もいなければ、健康にも不安が有る、彼の周りにいるのは、当然の事ながら、彼よりさらに一回りもふたまわりも小物の人物ばかり、詰まり、政界を泳ぐ術には長けているが、公益を与る様な自覚もなければ、資質も持ってはいない事は支持団体の目にも明らかなのでしょう。 それでは、自分達の権益を是以上広げる事は適うまい。 と誰にでもわかる話。

 ダカラ、刑事被告人の当事者と言う決定的なケチが着いているにも拘らず、彼らの利益を保護できる政治家は未だに小沢しかいない、 と言う事で、小沢をプロモートするしかないのでしょうね。

 背後勢力がどの様な団体であるかは、誰が小沢をAGEているのかをみれば判る事ですよね。(嗤)

 彼が消費税に反対して居るのは、単に、選挙で立てる幟を造る為としか思えない、それが証拠に、消費税増税の理由に対する明確且適正なな反対理由は、無きに等しい。 有ったとしても、誰かの尻馬に乗っかったダケの論のレベルではなかろうか。

 マニフェストで決定的なミソを着けて来た不人気の民主党所属では、一年生議員が大半の小沢派は戦えないのは明らかでしょうからね。

 この先彼等が、「消費税反対」を手始めに、民主党が犯してきたマニフェスト反故の数々を批判して見せるつもりに違いないが、彼等は、単に、年収一億円の職を喪いたくないダケの話です。

 哀しい事に、自民党にもそのクラスの議員は掃いて捨てる程も居る、政治家に成る為に金が懸り過ぎるから、金を造るのがうまい人間しか政治家になれない、と云う現実が有る事を我々国民はもっと自覚すべきでしょうね。

 政治資金を公募出来る様な政治機構、選挙制度にしなくてはダメですね。

 
【2012/06/23 23:04】| | ナポレオン・ソロ #4fbf655b08 [ 編集 ]


Re. 杜若様、ソロ様
>杜若様
>もういい加減消えてほしいものです。

小沢を評価していたマスコミも、一緒に消えて欲しいものです。

>ソロ様
>政治資金を公募出来る様な政治機構、選挙制度にしなくてはダメですね。

今でも選挙に熱心なのは、創価学会と共産党員だし、フィリピンや台湾のように選挙に国民が加熱する国が有りますけど、それで政治が良くなっているとは思われません。

日本の場合、むしろ公共の電波が偏向し、言論封殺を行い、公正な議論を聞かせないようになっているほうが問題だと思います。
【2012/06/24 19:06】| | 崗上虜囚 #99bc412e9f [ 編集 ]


ご返事
>虜囚さん
>>選挙に国民が加熱する国が有りますけど、それで政治が良くなっているとは思われません。
 確かに。 政治的関心度が高いから、民意のレベルも高いという訳ではないのですから、その通りですね。 低い民意のレベルで選挙を遣るとイベント性が強くなって、其処に利害が絡むと丸で博打の様相を呈し、集団の喧嘩=暴動にまで発展する事すらありますからね。

 とはいえ、私的な利害を政治に持ち込まない様な高い民意=公徳心に溢れた社会って、やはり、理想でしかないから、現在の日本があるのでしょう。 

 其れでも、消費税を甘受出来る日本国民は大したものではないかと思いますがね。 

 唯、其処につけこまれている面もあって、我々が最も反省すべき点でもあると私は思います。

>>公共の電波が偏向し、言論封殺を行い、公正な議論を聞かせないようになっているほうが問題
 是は永年の特亜の日本侵略行為が功を奏し、社会に顕現し始めたと看るべきでしょうから、我々はこの事実を先ず、気が着いて居ない他の皆さんに一人でも多く知らせるべきだと思いますね。

 最近、そういう努力も少しずつ実っている様に感じて居ます。
【2012/06/25 19:38】| | ナポレオン・ソロ #4fbf655b08 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>