忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
内橋克人氏

朝のNHKのラジオ聞いていると、内橋克人氏がよく話をしている。日本がこだわりを持つ匠に支えられており、その匠が失われて行くことに警鐘をならす内橋克人氏には、共感が出来る部分があるのだが、反日放送局であるNHKに頻繁に出演している処を見ると、内橋とNHKは思想的に重なるところが処が多いのであろう。

内橋氏の穏やかな話し方、又隅々まで気配りをしているような話しぶりから、氏に共感を持つ人間がかなりいると思うが、NHK御用達の人間だけあって氏の情報分析力は、あまり無いようである。従って、内橋克人氏の話には引っかかる箇所も多い。

内橋氏は反原発の人間のようである。これも氏の情報収集能力と分析力の無さの所以であるが、やはりというか、氏の原発批判はサヨクの言っている『安全神話を作り出した原子力ムラ』と同じような内容である。

これは飛行機事故が起きたら、何処に原因があり、今後どのような対策が必要かの議論をそっちのけで、航空関連に従事している組織や団体を『航空ムラ』とレッテル貼りに狂奔しているのと同じようなものである。

しかし、ラジオを聞いて違和感を持った氏の話は、原発の事では無い。内橋氏は今問題になっている生活保護不正受給について『子は幾ら収入があっても親の面倒を見る必要が無く、国家が面倒を見るべき』と言っていた。何と、これは失敗に終わった人工国家・共産主義の思想ではないか。

そもそも民法730条には『直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない』と規定されている。これは日本が経験法則に立脚した国であること明文化した法律であり、思想でもある。経験法則とは知識や知恵の積み重ねである。2千年の歴史を有する日本の法は経験法則から成り立つ。それがおかしいというもなら、新たな法、新たな社会通念、新たな道徳規範、新たな価値観を明示しなければならない。

恐らく内橋克人氏は、明示できるようなものは何も持っていないだろうし、その能力も無いだろう。結局のところ、氏は優しいことをいうことで、世に迎合しているのに過ぎない。甘い言葉で国民に幻想を抱かしていると言えるだろう。

又、内橋克人氏は、国の借金を心配しており、公共事業をやることに反対のようである。やはり氏は経済も分かっていないようである。

まずは国の借金(=政府の借金)と公共事業についておさらいをして見よう。

現在、国の借金を心配して、公共事業を少なくすべきと考えている人は、公共事業を減らせば、自分の取り分が増えると考えているのだろう。確かにパイを分けるには、少ない人数の方が取り分が多い。従って、今まで沢山取っていた人(=政府)の取り分が少なくなれば、他の人(=国民)の取り分が多くなると考えているのだろう。

ちょっと待って欲しい。まずこのパイとはGDP(国内総生産)のことである。このGDPは需要の量でもあるが、その需要者には国もいるのである。GDPは需要と供給のバランスの上に成り立つが、供給能力が幾らあっても需要が無いとGDPは増えない。つまりパイは増えない。

現在はデフレ不況である。預貯金が幾ら有っても、お金を借りてくれる人も企業もいない。つまり需要がない。当然GDP=パイも増えない。そこに大口の需要者である政府が需要(公共事業)を減らしたらGDPは縮小し、せっかくのパイも小さくなってしまうのである。

それでも、それは国の借金だと心配する人はいるだろう。然しながら、先ずその借金は他国からの借金では無い、国民の預貯金の運用である。このままGDPが落ち込み、行き先の無い金が銀行に眠るようなら、何れその金はただの紙切れになる。パイを大きくするために運用するのに、何処に問題があるのであろうか。

次に、財政赤字、財政破綻といわれながら数十年、国は破綻もせず、国民生活も変わらない。むしろ円高による輸出競争力低下やデフレ不況の方が問題である。個人や企業なら、これだけ借金を続けることは出来ない筈である。しかし国は違うのである。

個人や企業にとってGDPはそれ程意味を持たず、心配するのは黒字か赤字や企業収益かも知れないが、国が心配すべきは対外収支とGDPである。国が国民から大借金をしようと、対外収支が黒字でGDPが増えれば、それは大成功と言うべきものである。つまり財政赤字を数十年続けられたことは、既に損得勘定は済み、ペイ出来ていると考えるべきである。只、惜しむらくは、デフレと円高への無策である。

国の財政を個人や企業と同じと考えている人は、国に通貨発行権があることも理解していない。つまり貨幣の意味を理解していないと言える。このままGDPが落ち込めば金はただの紙切れになると言ったが、貨幣価値は経済状況により上下する。否、あらゆる経済状況でも貨幣価値は必ず低下すると言って良いだろう。

実際、明治に一円金貨が有ったように一円の価値は激減した。しかし誰がそれに困ったと言うのだろうか。国民の豊かさはGDPで推し量られる。昔の日本と比較すれば分かるように、日本は豊かになった。それはGDPが上がったからである。

そして国の借金であるが、国は通貨発行権がある。幾ら借金があろうと金を刷るだけで返せるのである。確かに貨幣が増えれば貨幣価値は下がる。しかし貨幣価値は下がろうと、国民の豊かさは、国民一人あたりのGDPである。当然な事ながら、此処で言うGDPは実質GDPの事である(実質GDP=名目GDP×(100-インフレ率%)/100であろうか)。

そのGDPを心配しないで、国の借金を心配している人間は、一体何を心配しているのだろうか。恐らく問題にしている人間は、自分は国家と別と考える在日か、世界国家を夢見る共産主義者か、貨幣価値の低下だけを心配する金の亡者だけであろう。

GDP(国内総生産)、読んで字の如く、国民が生産活動により作り出したものである。つまり富は国民が働かない限り生まれない。政府の役割が国民の豊かさを追求するものなら、それは全国民を如何に働かせるかに掛かっていると言って良いだろう。クラウゼヴィッツが遊兵は有ってはならないと言うのと同じ理屈である。国家は他国とも競争をしているのである。当然公共事業は国民を働かせる一つの選択肢である。当然子供手当てのようなバラマキはGDPを上げない。

よく子供手当ての経済効果を言う人がいるが、ゼロとは言わないが、子供手当てに経済効果は無いであろう。まず子供手当には、国民を働かせるという概念が入っていない。それ処か、子供手当てで海外旅行をし、外国製品を買うことになれば、GDPを押し下げる事になってしまうのである。

それに対して、道路を造る、橋を造る、港湾施設を造る、堤防を造るは、等しく国民の資産になる。もっと言えば、仕事を行うことで、国民の潜在的生産能力は高まるのである。これもGDPで推し量れない重要な資産である。艦船を作る、戦車を作る、戦闘機を作るも同じである。軍備もGDPを上げる要素になるのである。

ジャンボ・ジェット、GPS、インターネット、これ等は軍事技術であることをご存知であろか、これ等はアメリカ政府による軍への投資、言わば公共事業の成果である。アメリカによる公共事業のおかげで、世界も恩恵を受けたのである。否、これ等が生まれなければ、現代人はもっと貧しくなっていたであろう。

生活保護者と言えども江戸時代の生活に満足できないように、彼らの受けるサービスは、軍事技術の開発も含めたGDPの大きさが物を言う。現代生活は、物流、技術、あらゆる事が絡んでいるのである。その中で、公共事業は国民を貧しくするものでは無い。

内橋克人氏は著書『匠の時代』の中で、新幹線はゼロ戦の技術から生まれたと書いているが、ゼロ戦は戦前の投資である。しかも軍事技術である。でも無駄では無かった。ゼロ戦は消えたが人的資産は残った。それを分かっていながら、内橋克人氏が公共事業を問題と言っているのは何故だろうか。

内橋克人氏の考えは、不徹底である。
 


 


PR
【2012/08/02 19:56 】 | 政治・経済 | 有り難いご意見(4)
<<がん死者130人? | ホーム | 政治家の自信2>>
有り難いご意見
頭の内容証明
>>内橋克人氏の考えは、不徹底である。
私もそう思います。 彼はサヨク人士にしてはかなりマトモな事を云いますが、詰まる処、現状否定しかして居ない様に感じます。

 公共事業って、「税金でモノを造る事」と限定して居る様に感じますが、其れなら未だしも、恩恵を受ける人が沢山居ますから益しですが、男女共同参画事業なんて、年間9兆円もの税金を遣って措いて、左翼系学者共を食わせて居るダケの様に感じます。

 彼らは日本を毀す為にしか働いて居ないのですから、使途としては、国防予算と正反対の意味を持っているワケです。

 内橋さんがソウいう視点で使途について批判的な事を言い出すのなら、面白いと思いますが、日本古来の社会伝統や良識を否定する様では、頭の中身は唯のブサヨと代らない。

 とても残念な事ですね。
【2012/08/04 14:25】| | ナポレオン・ソロ #4fbf655b08 [ 編集 ]


無題
センター試験国語Ⅰの過去問にこの方の文章が用いられていました。

コンピュータ化が進んで昔ながらの修理技術の使いようがなくなっていることに危機感を覚えている旨でしたが、部分的な一例をあげて日本の技術の「黄昏」期だと嘆いてみせているような印象を受け、疑問を覚えました。授業で扱っていても発展的にフォローのしようがなく困るタイプの深みのない文章です。

表面的ではないかと物足りなさを感じるのは私だけではなかったわけですね。
【2012/08/04 17:11】| URL | 篠の目 #56ae78d86c [ 編集 ]


Re. 頭の内容証明、ナポレオン・ソロ様
>日本古来の社会伝統や良識を否定する様では、頭の中身は唯のブサヨと代らない。

これについて、書こうと思っていたのですが、サヨクは日本古来の社会伝統は否定しますが、原発のような新しい物も否定します。彼らは古い物を壊すことに熱心ですが、新たな道を切り開く事も、その道を提示することも出来ません。
【2012/08/04 19:45】| | 崗上虜囚 #9915154f8b [ 編集 ]


Re. 篠の目様
技術立国日本の行く末に危機を感じている人は大勢います。なので内橋克人氏にかなり共感を覚える人が多いと思いエントリーにしました。つまり『騙されるなよ』です。と言っても氏は騙す気は無いのかも知れません。

でも、日本の技術の「黄昏」期だと嘆くのなら、何故日本の技術が高くなったのか、何が変わって「黄昏」期が訪れようとしているのか、どうすればそれを防げるのかも分析する必要があります。

私なんかは、見たこともない縄文の昔まで、思いをめぐらすのですが、でも日本の物作りは、綿々と続いた文化・伝統に影響されたものだと思います。日本の技術の「黄昏」は、それが壊さつつあるからでしょう。

それと言うのも、身近に朝鮮系組織を見る機会が有ったからです。『オレの言う事を聞かない奴は首だ』とか、にわか上司がパフォーマンスだけで組織を束ねようとしたりと。マスコミが異様になったのも、それでしょう。

当然、もの作りの世界がそうなれば、やる気の人間はいなくなります。日本の技術の「黄昏」は、日本の朝鮮化です。
【2012/08/04 19:47】| | 崗上虜囚 #9915154f8b [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>