忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
ノリミツ・オオニシの系譜
8月15日のWSJ(ウォールストリート・ジャーナル)の東京特派員電で、 李明博が竹島に上陸したり、香港の活動家が尖閣諸島に上陸したのを、さも日本側に落ち度があるかのような内容の記事を載せていた。

その落ち度とは、2閣僚が靖国に参拝したこと、尖閣諸島の国有化計画、アメリカに設置された慰安婦(韓国人従軍慰安婦)の碑の撤去を自民党有志議員が求めている事等だそうである。

又、日本の政治家が、支那がテロリストと決め付けているウィグル独立派の国際会議を東京で開いたほか、野田首相を尖閣国有化計画に駆り立てたことや、慰安婦を「軍の売春宿で働くことを強制された韓国人女性」と表現し、「強制連行を示す資料はない」とする日本政府の見解に反する(??)内容の資料を一方的に記載して、慰安婦の撤去を求めたことが、支那人の尖閣上陸や、李明博が竹島に上陸した原因であるかのような記事を書いている。

この記事の異常なのは、原因を日本側にあると結論を出しているのに、それに至った原因を掘り下げようとしていない事である。

担当記者は、Yuka Hayashi のようであるが、この記事を見ると、ニューヨーク・タイムズにいたノリミツ・オオニシと同じような人間のようである。

果たして、この記者がご主人様(ウォールストリート・ジャーナル=アメリカの一部の勢力)の意向で書いたのか、本人の嗜好だけで書いたのか分からないが、恐らく両方であろう。

それは、日本版とアメリカ版で内容が異なることでも分かる。

つまり、アメリカの一部の勢力(ウォールストリート・ジャーナル上層部も含む)が、日本の自立の動きを阻止したい為、そのような活動してる日本人を右翼(=特殊な人間)であることをアメリカの読者に植え付ける目的で、支那・朝鮮系の人間に記事を書かせたと思われる。

朝鮮系のコメンテータが、支那・南北朝鮮を批判する人間を、ネトウヨとレッテル貼りで、日本人分断工作をしようとするのと同じである。

それにしてもこの記者、馬鹿である。アメリカは既に支那と対峙する方向に舵を切っているし、アメリカ人のWSJの読者でも、今や支那のチベット・ウィグルでの暴虐は周知の筈である。

それがこの記事では、ウィグル独立派の国際会議を東京で開いたことを、悪いことだとしているのである。と言う事は、WSJの読者はアメリカもウィグル独立派の国際会議に批判的だと受けとる筈である。つまり支那の悪行の半分をアメリカが肩代りしていることになる。オバマ大統領はどう判断するだろうか。

アメリカに対する好感度は世界的に見ても低いので、どうってことは無いだろうが、この馬鹿記者のおかげで情報操作が台無しになってしまったようである。

もっとも、前の主人(日本)を裏切り、別の主人(アメリカ)に諂うような人間に有能な人間がいるわけがない。でも、アメリカはこの手の人間が好きである。ノリミツ・オオニシもそのような人間だったのだろう。

と言っても、ノリエガ、ゴジンジェム、マルコス、と利用するだけ利用して、結局最後は捨てているので、人間的に好きなわけでは無さそうである。小沢一郎は捨てられる前に、支那に助けを求めに言ったが、支那人だって小沢一郎のような人間が好きかどうか分からない。

勿論、日本人だって裏切り者は嫌いである。源頼朝は、自分の主人が謀反をすると告げ口に来た者を懲殺した。それでも、自分の親が敵方であることを涙ながらに訴えて、敵方に走った者を許した。頼朝だけではない。その場に居た者も、その勇者を褒めぬ者はいなかった。
 
   

この慰安婦問題を、アメリカが裁ける資格はまったくない。進駐してきたアメリカ軍がやったことは、強姦であった。神奈川県内で1ヶ月で2000名を強姦した。

アメリカは売春禁止なので米兵が公娼を買うことは禁止だったが、吉原を訪れる米兵は後を絶たなかった。そこで米軍は吉原を調べた。結果は性病の巣窟と結論付けた。

そして占領軍は日本政府に『新鮮な素人女を提供しろ』(特殊慰安施設協会)と命令した。自由恋愛と名付けようが、占領軍が被占領国に命令した事実は消えない。これと、日本軍が民間の慰安婦の便宜を図ったことや、兵士が慰安所を訪れたことと、どちらが悪い?。

WSJがアメリカ政府の意を汲んでいるか知らないが、朝鮮人の嘘に加担するなら、事実でもって対抗せざるえないだろう。
PR
【2012/08/20 19:37 】 | 諂う人間 | 有り難いご意見(6)
<<日韓断交後の国際地図 | ホーム | 在日強制送還のチャンス到来>>
有り難いご意見
無題
あまり大きな声ではいえませんが、昔の教え子が大学院で「ジェンダー・フリー論」を専攻していると聞き、「あちゃー・・・」と感じています。

優秀な子で二人の妹も私に学校や塾で習い無事大学に合格したのですが、親御さんもちょっと困ったお顔でした。学校に一人ひどく左翼的な社会科教師がいたのを思い出し、「そっちの影響もあったか・・・」とほぞをかんでいます。

次女のほうは塾で一対一で教えたので、さんざん「脱線」と称して保守系の話題を教えてきたからだいじょうぶだろうと思うのですが・・・

まあ、私たちでさえ一時期は左巻き思考に騙されていたわけですから、日本民族のDNAを信じることにします。決して、こういう系譜には連ならないでもらいたいと祈っています。

でもね・・・こういうことを悩むのは教育関係者といえども私を含む少数者になっていないかと考えてしまうことがあります。
【2012/08/22 01:30】| URL | 篠の目 #56ae78d86c [ 編集 ]


Re. 篠の目様
>昔の教え子が大学院で「ジェンダー・フリー論」を専攻していると聞き、「あちゃー・・・」と感じています。

ジェンダー・フリーは、戦前から共産主義思想ですね。かぶれるとしたら素直だからです。かぶれる人は、まず疑うことをしません。

疑問は、思考の第一歩です。ところがかぶれる人は、疑問さえも誰かに教わるのです。その点反体制派といっても、仙石も菅も素直な人間なのでしょう。

いけないのは、自分の頭で考えられないような人間なのに、世間は学歴で人を評価するので、本人は自分の考えが只の借り物だと言うことが気が付きません。これまた借り物の権威と傲慢が邪魔をして、ますます自分の頭で考えることがありません。

子供も千差万別。自分の頭で切り道を開いて行く子もあれば、教えた通り一歩も外さない素直な子もいます。でも素直な子には、躾をし、道徳を教え、国を愛させ、『ならぬものはならぬものです』と導くべきなのでしょう。

それは、自分の道を切り開いて行く子にも、そうすべきかも知れません。疑問を考え付く子なら、教えが厳しければ厳しい程、疑問は深まる筈です。でも彼らを鋳型に嵌めることは出来ません。何れそこから飛び出してきます。

そこで師がやるべきことは、思考を徹底させることです。追求の仕方が甘かったり、あいまいな考えだったりした場合は、どやしつけるべきです。一度道を外れれば、そこは茨の道、解決するのは自分しかいないのです。

それでも、自分で疑問を持ち、自分でその疑問の解を見つけようとする子なら、如何に反道徳の考えを持とうと、何れ大道に帰ってきます。

そこで、ジェンダー・フリーにかぶれた子ですが、自分の頭で切り開いて行く子に対するのと同じようにするしか無いでしょう。彼らも迷い子です。つまり、思想の土台も突き崩すことで、自分が迷い子であることを教えることです。

共産主義思想もジェンダー・フリー論も、どうせ子供の時に教わった道徳規範や誰かが作った言語の上に乗っているに過ぎません。一度疑えば壊れやすい土台なのです。
【2012/08/22 20:53】| | 崗上虜囚 #990ca541ed [ 編集 ]


無題
こんばんわ、中韓のブログでちょくちょく書いている、唯人と申します。

アメリカ人も少数ですが情報操作に惑わされずに自分で考えて勉強していると思います。(これは日本も同様だと考えます。)

特に此処のブログは興味深いです。

アメリカ人が語る、アメリカの社会、戦争、と将来 (American society, war, and future, one American speaks)
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/
 
日系アメリカ人みたいですが、立場は日本に近い印象を受けます。
不慣れな日本語を書いていますが、考え方がしっかりしていて、「なるほど納得」という考えになります。

またこの記事は参考になります。

アメリカの干ばつ:アメリカの暗闇への下落の始まり American drought: America's decline into darkness begins
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2012/07/american-drought-americas-decline-into.html

この記事を読むと、とうとう干ばつがひどいらしく、だんだんとアメリカの自給率が下がっていく現象が発生し、何れは日本に食料を送れなくなるだろうという警告を出しています。

これに対し、日本はしっかりと安全保障と食料確保が必要になると思います。

お目汚し失礼しました。

追記:
すいません、名前がNONAMEになってました。
【2012/08/22 22:38】| | 唯人 #4e47ae3663 [ 編集 ]


Re. 唯人様
情報有難うございます。

>これに対し、日本はしっかりと安全保障と食料確保が必要になると思います。

後、エネルギーの確保も重要ですね。安いシェールガスが発見されたので、原発は不要との意見がありますが、シェールガスの採掘により田園が破壊され、環境汚染が深刻になりと、結局は高い買い物になるでしょう。

破壊されるアメリカの田園地帯
http://ourworld.unu.edu/jp/how-rural-america-got-fracked/
【2012/08/23 20:02】| | 崗上虜囚 #9915107f93 [ 編集 ]


日本の周りも裡も敵だらけ。
 林有香?ですか。 WSJも良くこの様な程度の記者にクレジット入りの記事を書かせるものですね。

 シナの蛮行「ウィグルの虐殺」について知っているのなら、敢えて、その話題には触れないでしょう。

 譬え、日本でその会議が開催されたとしても、それが尖閣侵略の直接の動機になったと読者に説明するには、紙面も情報も不足し過ぎているのは明らかでしょう。 

 処が尖閣侵略自体を「共産シナの謀略」と決め付けている様だが、捕まった香港の活動家が嘗て、反政府運動で、国旗を焼いていた事もある、「プロ」活動家で有ったという証拠も出て来ている様ですから、赤恥モノですね。

 米国も韓国現役大統領のあれ程の醜態を見せられれば、裏にドンナ恐怖の構造が隠れて居るか位は、判るでしょう。 何より、自身の国家での大統領、大統領候補者の被暗殺者を数えれば判る事だし、朴正熈、ノ・ムヒョンという前例もある事です。

 この先、米国は韓国がどの様な道を歩ませるかを、その層と謀って行く他はないのですが、利己第一主義の彼等と8年間しか大統領として政治に関われない米国人に本音等言う筈も無い。 勢い、折々の功利主義での対処に成るでしょう。

 日本は読み間違えない様にしなくてはイケませんが、唯々諾々は、韓国のその層に着けこまれるダケでしょう、其処には、恥ずべき罠も仕掛けてある筈です。

 私益を顧みる弱さを露呈すれば、必ず其処を衝いてきますが、今の外務省の役人って、そう云う人が7割と聞きました、ホントかな。
【2012/08/25 12:09】| | ナポレオン・ソロ #56ae75f621 [ 編集 ]


Re. 日本の周りも裡も敵だらけ、ソロ様
ウィグル会議に批判的というのは、WSJはユダヤ系ですかね。そうすると、バラク・フセイン・オバマ大統領の立場はどうなるのでしょうか。

> 処が尖閣侵略自体を「共産シナの謀略」と決め付けている様だが、捕まった香港の活動家が嘗て、反政府運動で、国旗を焼いていた事もある、「プロ」活動家で有ったという証拠も出て来ている様ですから、赤恥モノですね。

只、支那では政府の公認がないとデモも出来ない国なので、両者の落とし所があったのでしょう。「プロ」活動家の方は、これからの反政府デモの足がかりになる、政府の方は責任を回避でき、反日運動をたきつけることが出来た、と。

>この先、米国は韓国がどの様な道を歩ませるかを

北朝鮮と同様、米国を手玉に取るのではないでしょうか。この能力に関して、朝鮮人は卓越しています。

日本も回りは敵なことは確かですが、一番の敵は内なる敵でしょう。
【2012/08/25 19:16】| | 崗上虜囚 #99151509b3 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>