忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
今すぐ新たな原発を
今日は、エネルギー問題についての優良ホームページの紹介である。
私の下手な説明を聞くより、一度このページを覗いて欲しい。

2050年までのエネルギー見通し
http://www.nexyzbb.ne.jp/~omnika/index.html


石油の生産量は既に2005年にピークを過ぎ、全てエネルギー生産量も2015年から2025年にピークを迎える。

勿論太陽光発電など焼け石に水である。これから太陽光発電の推進も必要だが、元々太陽光発電が原子力発電に変われるようなパワー等ない。原発を廃止しても火力に頼らざる得ない。

それ処か、これからが世界中で原子力発電を補強しようとするだろうから、ウラニウムも2020年に逼迫する。原発廃止で騒いでいるどころではない。それなら今すぐにでも、海水からのウラニウム採取に着手し、新たな原子力発電の建設を行わなければ、間に合わなくなるのだ。

エネルギーこそ文明のバロメータである。日本は江戸時代の炭や薪の時代から、石炭石油の時代になり人口を増やした。そのエネルギー供給を絶たれたから、日本は日米開戦に踏み切ったのである。

当然現在の日本でエネルギーの供給が減れば人口は減る。否、日本の過半数の人間は死ぬのだ。

と言う事は、これから世界で起きることはエネルギーの争奪戦である。世界で多くの国が日米開戦前夜の日本のように国の存亡を賭けて、エネルギー獲得戦争に乗り出すのだ。

IAEA関係者が日本の原発技術に期待し、日本の原発から撤退を有り得ないと、叱咤とも言える記事を新聞に投稿したのも、その為である。

当然である。日本は世界の最先端を走っているのである。その地位もエネルギーを得ることが出来たからである。その日本が効率の良い原発を捨て、エネルギー資源獲得戦争に乗り出そうするのは、どういう意味なのだ。

石油はまだあると言う説も有る。石油無機質の説もある。無機質の石油がある可能性も認められている。しかし殆どは生物の遺骸により形成されたものであった。石炭は勿論、天然ガスもシェールガスもメタンハイドレートも、数億年かけた生物の遺骸が形成したもの、即ち太陽エネルギーの貯蓄である。その貯蓄が無くなることが目に見えるようになっているのである。

だが、海水中ある採取可能なウラン世界のエネルギー消費量の120万年もある。日本は既にその技術を確立している。当然これから日本がやることは世界からエネルギー資源を買うことを減らすことである。その為には海水からウランを採取して原発を増やすしかない。

120万年もあれば核融合技術も確立できるだろう。その技術を確立するのも、原発の安全技術の確立するのも、より一層の省エネ技術の確立も、自然エネルギーの利用の推進も、日本の勤めである。それは地球が貯蓄してきたエネルギーを使用して繫栄した日本の世界への恩返しでもある。日本が立ち止まれば世界はつまずくのだ。

処が今の日本はなんだ。孫ー金子のような原発事故に乗じて日本を食い物にしようとする輩が跋扈し、坂本-山本のような手を汚さず繫栄を謳歌した輩が実現不能な夢を言って人を惑わせ、他国と通じて日本を衰退させようと活動してきた来た反日団体が議論することさえ邪魔をし、小佐古-児玉のような不勉強な科学者がさも権威者であるかように過去の説を垂れ流し、それを見た一部の癌ノイロゼーの国民がヒステリー状態になっているのが現状ではないか。
 
 
 
動物は他の生物の犠牲の上に成り立つ。その頂点に立つ人間だけが莫大エネルギーを使い、エネルギーで滅亡の危機を迎えるようになったのも業である。その業が嫌なら滅ぶしかない。それも嫌なら『毒を食らわば皿まで』である。業を背負い、常に業を意識しながら、立ち向かうしかないだろう。

今すぐ海洋からウラン採取を着手し、新たな原発を開発するしか道は無い。
PR
【2012/08/26 14:42 】 | 原発推進 | 有り難いご意見(12)
<<野田佳彦を外患誘致罪で逮捕せよ | ホーム | 日韓断交後の国際地図>>
有り難いご意見
無題
私は無機質な石油ということにどうしても納得がいかない。

以前、石油から肉を生成できると聞いたことがある。
はたして、無から有を生み出せるのであろうか?

私は眉唾と思う。

石油とか、石炭はどう考えても太陽エネルギーを有機体に変換した遺物としか思えない。

最近、である調に肩がこり気味ではあるが、お許し願いたい。
【2012/08/26 19:34】| | NONAME #12f2b76fea [ 編集 ]


Re. NONAME、12f2b76fea様
>石油とか、石炭はどう考えても太陽エネルギーを有機体に変換した遺物としか思えない。

石油の主成分である炭化水素は、宇宙に満ち溢れています。勿論地球内部にも有ります。

そして炭化水素から石油も簡単に合成されます。なので無から有を生み出している訳では有りません。
【2012/08/26 21:36】| | 崗上虜囚 #991512fa22 [ 編集 ]


無題
ちょっと調べてみました。

こんな文章が見つかりました。
「微生物は種類も多く、それぞれに違った能力を持っています。「そういった微生物の中から、石油を食べて体を作っているものを探し出せば石油を食品に出来る」

結局微生物の力でたんぱく質にするようですが、いくら微生物でも無機質のものを有機質に変えることはできないように思うんですが?

化学式も要は原因があって結果が付いてくるのではと思えてならないのですが、、。

まあ、ぼちぼち勉強してみます。
【2012/08/26 22:08】| | NONAME #12f2b76fea [ 編集 ]


エネルギー問題について
こんばんわ(^^)唯人です。

まず、日本は現状として、一番によく使われるエネルギーは、電気、内燃機関、農業のために使われていますが原料は石油等で補っています。

また崗上虜囚様が主張している高速増殖炉や、原子力発電所等は
第一福島発電所による事故以来、日本でこれから原子力発電所を建てる機会は100パーセント近く安全確保をしない限り、現状では無理に近いと思います。
ウランを掘り出し発電所を建てる・・・これも国民の理解を得て、建築する事は日本では難しいと思います。

また石油についても問題があります。

JBpressの記事
「量」より「質」で石油を語ろう!オイルサンドも深海油田も「割に合わない」エネルギー
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2707

(引用開始)
地球上にはまだまだたくさんの石油資源が眠っている。正確な数字は分かっていないが、9兆バレルとも、10兆バレル以上とも言われる。
人類が過去に消費した石油は約1兆バレルなので、潤沢な資源が残っているような錯覚にとらわれるが、実は、我々がその全てを使うことは2つの理由で不可能だ。
第1の理由は、技術的制約。現在の技術レベルでは、油田から取り出すことができるのは35%程度で、残りの約65%は地中に残ってしまう。
もちろん、技術革新によって、将来、より多くの石油を回収する技術が確立されるかもしれない。しかし、仮に飛躍的な技術革新で、
ほとんどの石油を回収できるようになったとしても、実際に回収されることはないだろう。
それは、第2の理由である、石油の「質」の問題だ。この点を理解するために、油田から石油を取り出すプロセスについて知っておく必要がある。
(引用終了)

一つは崗上虜囚様が述べたピークオイル、回収不可能な石油
もう一つは石油製錬、石油の質の問題、
特に日本は質の悪い石油でも製錬する事が出来る技術を持っておりますが、発展途上国は質のいい石油しか使用できないと聞いた事があります。

また再生可能エネルギーで有望とされている太陽電池発電は、太陽エネルギーの15パーセントでしか電気に変換できず残りは熱として発散されます。
10年かかって頑張ってエネルギー効率を上げても20~30パーセントと言われており発電に不向き、また太陽パネルを作るにもコストがかかる。

また風力発電は、日本沿岸に添って設置することになりますが、日本の気象条件で難しいところがあり、仮に設置したとしても、
風切り音の問題、漁業権の補償、直流から交流に変える施設が必要で、その過程でも非常に時間がかかり、之から訪れるエネルギー危機に対処できないでしょう。

メタンハイドレートは領土問題もあり開発することが困難な状況、また日本は海中深く掘る技術はあるが投資の見通しが現状の段階では少ない。(さっさと解決しろ日本政府)

手っ取り早くこれからのエネルギー危機に備えられるのは、筑波大学の渡邉信教授らが発見した「オーランチオキトリウム」という藻で石油を作り、大量生産の体制を整える事だと私は考えます。これは世界のためにもなります。
しかし石油自体のコストを下げる行為自体、石油メジャー等が黙ってられないでしょう。

私が思う事は、光合成のエネルギー変換効率は100パーセントに近いといわれており、光合成の仕組みを解明する事によって、太陽電池のエネルギー変換効率を飛躍的に上げることが出来るのではないかと思っています。
【2012/08/26 23:10】| | 唯人 #4e47ae3663 [ 編集 ]


Re.NONAME #12f2b76fea 様
>いくら微生物でも無機質のものを有機質に変えることはできないように思うんですが?

複雑な炭素化合物を有機物と言うようですから、単に言葉の問題でしょう。彗星のチリからアミノ酸の発見のニュースも有ります。宇宙には放射線も有りますから、そこから生物までもう一歩でしょう。
【2012/08/27 20:24】| | 崗上虜囚 #991512fa22 [ 編集 ]


Re. エネルギー問題について、唯人様
>日本でこれから原子力発電所を建てる機会は100パーセント近く安全確保をしない限り、現状では無理に近いと思います。

誰が無理だと言っているのでしょうか。原発反対派と民主党政権でしょう。国民にどうするかを訊くのはネコに答えを出せと言っているようなものです。もしピークオイルの話が事実なら最早贅沢は言ってられません。エネルギーピークは数年先に来ます。新たな研究を等言っている時間は有りません。オイルショック以上の危機です。私が為政者なら、太陽発電を含めあらゆるエネルギーの取得に目指します。勿論今すぐ原発の建設も行います。

>「オーランチオキトリウム」・・しかし石油自体のコストを下げる行為自体、石油メジャー等が黙ってられないでしょう。

サウジアラビアが原発を建設する時代です。黙るしかないでしょう。否石油メジャーがその生産に乗り出すでしょう。
【2012/08/27 20:24】| | 崗上虜囚 #991512fa22 [ 編集 ]


炭化水素は無限に近いほどある
 私は寧ろ、石炭は兎も角石油は、単なる炭化水素の液化物だと思います。 従い、量的にはほぼ無限にあるが、地中にしみ出し液化したモノを採り出すのにコストが懸るから、そっちの方に限界が先に来るのだと思います。 メタンハイドレードが有ると判って居ても掘れないのは、その証拠で、しみ出す場所が、地中で無く海底だから、更にコストが懸り高過ぎて、商品化出来ても売れないと言うだけの事でしょう。

 シェールガスはメタンハイドレードの陸版ですが、凍土に在るだけで、簡単に謂えば、唯の油田だと解釈してます。 採掘コストの相場が上がれば、幾らでも出てくる代物かと思います。 掘り続けるには、価格を維持する為に政治力が必要ですがね。

 油井地帯としては、アメリカ・カナダのアパラチア山脈の以北、バフィン湾沿岸が臭いですね。

 石油系のエネルギィの埋蔵量
がコストとのいたちごっこである事は明白です。
【2012/08/27 21:57】| | ナポレオン・ソロ #56ae75f621 [ 編集 ]


Re. ナポレオン・ソロ様
>炭化水素は無限に近いほどある

炭化水素は宇宙で普通の物質なので、地球に一杯あります。それが纏まって見つかれば石油に変えることが出来ます。

その為、地球深部からの石油を見つける試みが行われました。それはスエーデンにある巨大隕石の近辺にある、地球深部に通じるひび割れから上がってきたであろう、石油を見つけるために掘削しましたが見つかりませんでした。

スエーデンはこの結果から原子力凍結から政策を転換しました。

現在、科学者は無機的に出来た石油や天然ガスの存在は認めていますが、それは極わずずかで、、大部分はシアノバクテリアのヘドロから出来たものです。

以上は、『地球のからくりに挑む』から得た知識です。
【2012/08/27 22:43】| | 崗上虜囚 #991512fa22 [ 編集 ]


無題
『地球のからくりに挑む』
http://www.wound-treatment.jp/next/dokusyo/215.htm

を、ちらっと見ましたが、人類は壮大な浪費をしてるわけですね。

まあ、だからこそ七十億もの人類が生きてられるんでしょうが、、。

しかし、エネルキー゙は無限ではないということなんでしょうね。太古のエネルギーを使って、無理やり肥料を作り大量消費してるとしか思えませんね。

リン鉱石なんかもそうですね。遠からず掘りつくしてしまうのは目に見えてるのに、、。

どうなるんでしょうね。これからの未来は、、。
【2012/08/27 23:44】| | NONAME #12f2b76fea [ 編集 ]


無題
 今日は平沼議員の超人大陸を見ていたので、改めてエネルギー問題について考えさせられました。

 リンク貼らせてください。
【2012/08/28 22:37】| | 楽仙堂 #984ddcab9c [ 編集 ]


Re. 楽仙堂様
>リンク貼らせてください。

どぞ。
お勧めは、「2050年までのエネルギー見通し」
http://www.nexyzbb.ne.jp/~omnika/index.html
ですけどね。
【2012/08/29 21:01】| | 崗上虜囚 #99151098d7 [ 編集 ]


Re. NONAME #12f2b76fea 様
>どうなるんでしょうね。これからの未来は、、。

だから「毒を食らわば皿まで」です。宇宙には手付かずの資源やエネルギーが一杯あります。まず核融合原子炉を完成せる。月にあるヘリウム3を採取する。木星の水素を汲み出しに行く。・・・。
【2012/08/29 21:29】| | 崗上虜囚 #99151098d7 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>