忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
加計問題で浮かび上がった本質の問題
加計問題で浮かび上がったのは
 1、反日国家による工作活動
 2、マスメディアの偏向報道
 3、国民の馬鹿さ加減。
 4、獣医団体と政治家の贈収賄
 5、官僚制の制度疲労
である。
加計問題はこれらが連動して起きた問題であり、首相のえこひいき等の問題などでは無い。それより加計問題で浮かび上がった問題のほうが本質的で深刻である。
 
反日国家による工作活動と反日マスメディアの偏向報道だけで内閣支持率が下がったことは、如何に反日分子が日本の奥深くまで浸透しているかを物語るものである。BPOも機能せず、日本は反日分子に占領された状態ではないか。それにしても目に付くのは国民の馬鹿さ加減である。韓国人の91%が認知バイアスと言われているが、日本人の半数以上も事実を見せてもまともな判断が出来ないようである。民主主義の危機ではないか。石破茂が首相に相応しい人物第一位なんて何処まで馬鹿なのか。加計問題は、獣医団体と政治家(石破茂)の贈収賄から始まった問題ではないか。勿論反日マスメディアが大々的に報道するわけでもなく、報道しても馬鹿国民は理解できないだろう。そこで、どうせ何を言っても馬鹿国民は理解出来ないのだろうけど、5の官僚制の制度疲労の大問題について少し述べてみよう。
 
官僚制の制度疲労
科挙制度は、全ての国民の中から試験によって選抜された優秀な人間が公務を行う制度で、公平で素晴らしい制度の筈であった。しかし支那の歴代の王朝の殆どが、科挙官僚の腐敗や知能レベルの低下より国の衰退を招いている。腐敗の原因は、官僚が地位で得た権限を自分の欲を満足させるために悪用したことである。科挙官僚の知能レベルの低下は科挙の選抜試験問題が儒教の丸暗記を強要するものだったからである。
 
では現在の日本の官僚制度はどうかと言えば、これは丸々科挙制度と同じである。加計問題はその一端が見えたと言えるだろう。
 
以下は、規制改革・民間開放推進会議と文科省との教育WGヒアリング議事録の抜粋である。加計問題とは関係ないが、文科省側には渦中の前川喜平前事務次官もいる。
 
福井専門委員「少なくと我々は日本の教育制度を議論しているわけです。日本に現に行われている養成制度や免許制度の効果について、実証的で科学的なものを我々か寡聞にして見たことは有りませんので、文科省の責任できちんと調べていただくべきものだと思います」と推進会議委員が特別免許制度の教員の選択基準について文科省側に質問した処、前川企画課長が「疑問だったら、疑問の理由示さなければ、我々は答えられない・・」等の返事をした事から、福井専門委員「・・とにかくやっておられるのにデータも持たずに、効果も測定せずに、それを正しいと言って、それについて根拠を問われたら、お前達が示せと開きなおるような、そういう中央官庁の職員の在り方そのものを問うているんです・・」と説明しても堂々巡り。
 
結局このヒアリング、前川企画課長は最後まで根拠を示せず、権限だけは手放さずに只抵抗。これには推進会議委員も呆れて「やめましょう。こんな人間を相手にしても仕方がない」、「もう結構です」で終了してしまった。
 
加計問題での文科省の対応も同じある。文科省は獣医学部新設の申請を審査さえせずに告示の形で門前払いをして来たのであるが、その根拠を示せと言われて示せなかったのが加計問題・文科省問題だったのある。その根本原因が官僚の質の低下である。教育WGヒアリングの例でも分るように文科省官僚の頭の悪さは推進会議委員が呆れる程であった。
 
また前川前事務次官が退職するに至ったのは、公務員法違反である就職先あっせんの懲戒処分である。つまり汚職である。彼が加計問題をでっち上げたのは、恐らく懲戒処分の逆恨みだろう。だがそれだけでは無い、前川前事務次官が一生懸命やったのは、朝鮮学校の無償化とか教科書に竹島問題を記述することを潰したことである。これも朝鮮系暴力団が経営する出会い系バーに、自分のロリコン趣味を満足させてくれた見返りと考えるべきである。ようするに彼の頭には国の為とか日本とかは無いのである。明が滅んだときも官僚達の頭には国家など無く、敵国である満州人に跪いたのである。
 
高級官僚と言えども、全て法の通りだけとか規定だけとかで公務が勤まる訳ではない。法や規定の隙間もあるだろうし、時代の改変等により新た問題に直面する場合もある。従って、そのつど役人に判断を任される事も出て来る。だから有能な人間を官僚に選抜したのである。選抜した人間なら公正な判断をするだろう、国の為に最良な判断をするだろう、と思って採用したのである。
 
処が、そうでは無かった。過去において、日本の官僚は汚職も少なく、優秀であると言われていた。明治以降の日本の発展は、この優秀な官僚が寄与した事は否定は出来ない。処がこのざまである。何故明治の官僚がまともだったかと言えば、それは清貧に甘んじ、国家の為には命を捨てると言う武士階級の心得が残っていたからである。それを示すように明治の官僚・役人の出自の多くは下級武士であった。処が現在、そんな心得を持っている官僚は殆どいない。現在の日本の官僚は支那の科挙官僚と同じになっているのである。つまり権限は強大であるがモラルも知能も無い。国家の事を考える頭も無い。
 
支那人は科挙制度の問題を気付いていたようである。明は歴代王朝の中で比較的長続きしたが、その秘訣は科挙官僚をスパイする監視システムが有ったからのようである。そのスパイは宦官であった(小室直樹著、日本人のための経済学)。面白い事に、この度の加計問題でスパイの役割を果たしたのが国家戦略特区諮問会議であった。
 
三橋貴明氏が盛んに国家戦略特区諮問会議の問題点を挙げているが問題意識が足りない。少なくても加計問題に関する限り、彼らは非常に良い仕事をした。若し安倍首相が日本の官僚制度が大問題だと認識して国家戦略特区諮問会議を活用していたなら天才的であるが、国家戦略特区諮問会議が種子法改正や農政改革で暴走しているのは、安倍首相に食料・エネルギー・国防が国家にとっての最重要事項である認識が欠けているからである。この点については殆どの日本人も認識が欠けている。これも大問題であるが、三橋氏も現在の日本の官僚制度が大問題である事は認識すべきであろう。支那の科挙官僚と同様、売国官僚が何人も現れているではないか。
 
勿論宦官が弊害になったように、国家戦略特区諮問会議も、何れ強権をつかんで手放さない等の制度疲労をおこして弊害になるだろう。しかしそれまでに日本の官僚制度をなんとかする必要がある。国民は頼りにならない。国民は民主主義が成り立たない程馬鹿なのである。やはり官僚制度をなんとかするしかない。
 
何故か?。日本は軍事大国になるしか生き延びる道は無い。それには大政府支出を行う必要がある。つまり円を刷りまくるのだ。つまりその点に関する限り、資本主義とは相反することをするのだ。共産主義国的と言っても良い。そこで、そのとき国を指導する立場の人間に問われるのは、公正・公平であることである。勿論日本の為に殉じる心構えを持った人間なのかも必須である。それが官僚が前川事務次官のような人間だったら全てぶち壊しである。
 
ケインズ政策を成功させるには、政治家・官僚のモラルが必要。
PR
【2017/07/25 16:08 】 | 未選択 | 有り難いご意見(6)
<<産経新聞購読中止の呼びかけ | ホーム | あちら側に行った人>>
有り難いご意見
無題
腐った官僚と腐ったマスゴミと
優秀なる外国人工作員により
日本がダメダメになっていくことが
よく判りました。

悲しいことです。
【2017/07/27 22:38】| | 楽仙堂 #9915c7f868 [ 編集 ]


無題
崗上虜囚様
盛んにアップして下さって有難う御座います。
こんなにユーモアがある方とは存じ上げませんでした。
もー、面白くてためになる内容ばかりですね!
ところで、現在の日本が"在"に乗っ取られ捲り、ここまで悲惨な状況になったのは公務員の国籍条項撤廃等がかなり影響していると思われます。あとは帰化・成りすましの横行。支那系の企業乗っ取り。
根本はヨーロッパ白人・偽ユダヤ人の根拠のない優越感?
これからも、深い洞察・考察のもとに記される記事を楽しみに致しております。
【2017/07/28 01:17】| | HAPPA #6b035fd048 [ 編集 ]


Re.楽仙堂様
日本がダメダメになって行くのは、良く言えば日本人がお人良しの為です。日本のシステムは人が善人である前提になっています。そこに悪意を持った人が入り込めば、簡単に乗っ取ることが出来ます。現在それがあらゆる所で起きています。日本の行き付く先は支那や朝鮮と同じような社会でしょう。
【2017/07/28 18:06】| | 崗上虜囚 #4fbe83219a [ 編集 ]


Re.HAPPA様
多くの支那人と朝鮮人に共通するのは、日本に対する嫉妬心と劣等感です。劣等感の強い人間は対等な人間関係を築けません。そういう人程、人の上に立ちたがります。そのような彼らの日本国内で取っている行動が乗っ取りなんですね。

反日のヨーロッパ白人・偽ユダヤ人もそうかも知れません。ラルフ・タウンゼントは、宣教師の多くが日本人が嫌いで支那人が好きなのは、支那人が哀れっぽくするのに対して、日本人はそんな事をしないからと言ってました。つまり対等であるのが許せないのでしょう。

【2017/07/28 18:30】| | 崗上虜囚 #4fbe83219a [ 編集 ]


前川喜平のこの先
 読ませて頂きましたが、前川ってホントのクズですね。 頭が悪いと云うより、人間が小汚く、狡い方が目立つし、怒りがわきますね。 

 東大卒で、事務次官まで行けば、如何に三流官庁の文科省と言えど、それなりの人物を期待する処なんだが、暴力団の経営する、出会い系ロリコンバーに通ったりって、最低ですね。

 こんな奴に、退職金8千万って、国民はやっておれないですよ。

 こんな奴の天下りを引き受ける処って、あるの? 
【2017/09/08 11:23】| | ナポレオン・ソロ #6af5d29afa [ 編集 ]


Re.ナポレオン・ソロ様
出会い系バーには、前川とその前の事務次官も一緒に通っていたみたいなので、省全体がかなり腐っているんじゃないんですか。

>こんな奴の天下りを引き受ける処って、あるの?

蛇の道は蛇。有るみたいですよ。
【2017/09/08 19:20】| | 崗上虜囚 #6b041b5030 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>