忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
国民の能力
前のエントリー「ロシアとの選択肢」で、ロシア情勢に詳しい訳では無いと書いたが、今一ロシアが良くわからないのである。わからないのはロシアのGDPが低い事である。天然資源に恵まれ、穀物輸出する程の国なのに、一人当たりの名目GDPは48位程度と、韓国(38位)以下である。

ロシアのGDPは8位であるが、支那に飲み込まれる可能性は、日本よりロシアの方が高いと言えるのではないだろうか。実際支那人のロシアへの流入は多く、逆にロシア人の方は海外に出て行くのが多いようである。ロシアは軍事大国であるが、日本が顔色を伺わねならないような国ではない。逆である。むしろロシアの命運を握っているのは日本の方であろう。

結局は、国力は国民の能力の結果である。GDPが示すようにロシアの国民の能力は高くない。では国民の能力とは何だろうか。

若かれし頃、始めて手を出したマイコン、COSMACのことを思い出す。COSMAC、即ちRCA社のCPU、CDP-1802のことである。日本人であるなら、マイコンを学ぶなら嶋正利氏が設計した80系を選ぶべきであったが、始めて目にする80系のニーモニック(アセンブリ言語)はチンプンカンプンであった。

処が雑誌に出ていたCOSMACの命令コードを見て、マイコンの何たるかの全てが分かった。COSMACのアーキテクチャは洗練されており、その後生まれた1命令1クロックのRISC_CPUのようであったが、残念ながらCOSMACは1命令16クロックも必要とする遅いCPUであった。でもCOSMACは、宇宙探査機ボイジャーに乗せられたこともある、超低消費が特徴のCPUである。しかし私がCOSMACに惚れ込んだのは、もう一つの理由であった。

それはCOSMACの原型は、RCA社の社員の一人が自宅で開発をしたものだったことである。雑誌でそれを知ったとき、「ヘーッ、アメリカ人でもそういう人間がいるんだ」と驚いた。でも良く考えれば、アメリカ人にはそのような人間が多いようである。ライト兄弟などは、その一人であろう。

発明は楽して儲かると思っている人は多いが、物を完成するためには時間が掛かる。多くの失敗を乗り越えなければ完成はない。恐らくCOSMACの原型を完成した彼も、成功した後の儲けの事も考えていたかも知れないが、それだけでは一人で自宅でコツコツと作業に勤しんだ理由にならない。彼は損得を離れて、CPU開発に熱中していたのである。

RCA社と言う中堅の半導体メーカの中で、CPUを開発したのが、自宅で開発をした彼一人だったのは、殆どのアメリカ人が損得だけを考えて何もしなかった事を物語る。それでもアメリカなら、彼のような人のは大勢いるように見える。

人が働くのは欲の為と思われている。欲があるから人は働き、結果経済が活性化し、それ故国も発展すると思われている。確かに貧乏に安住している人ばかりなら、その国の発展は無い。しかしRCA社の例を見れば分かるように、金の為だけに働く人ばかりでも、国は発展はしないだろう。発展しても限度がある筈である。

結論から言えば、国がさらに発展するかどうかは、物事に熱中する人間がいるかどうかである。

能力が高い国民性とは、多くの国民が働き者である事であるが、他人に指図される前に、自分の意思で率先して働く人間の数多さが国民の能力の大きさとなるだろう。

自分の意思で働くのは、欲が原動力である場合が多いが、原動力は欲だけでは無い。欲だけが原動力の国は、いずれ発展が頭打ちになる。それは欲が、人間のもう一つの原動力である、物事に熱中することを邪魔をするからである。

そう考えると日本は、物事に熱中する人が多い国である。損得を度外視し、こだわり、より追求し、極めることを目標にし、完成度の高い物を作り出そうとする人が多いのは、日本の文化的背景があるからだと言えるだろう。

例えば、日本の漫画家達が貧乏長屋に寄り集まって描いた漫画が、世界中で人気になった事などは、その作品が損得を度外視して、熱中した結果生み出されたからと思われる。

物事に熱中する日本人、所謂オタクである。ただこのオタク、アメリカと比べてスケールが小さい。例えば、フィギュアー制作などに熱中する日本人が多いのは、科学教育の欠陥と投資家の欲が結びついていないからかも知れないが、スケールが小さいのは全般的に日本社会は禁欲的だからと思われる。スケールが小くても、日本には物事を追求する人間は多い。

これに対してアメリカは、金銭欲の人間が多い分ダイナミックな社会となっているのであるが、アメリカ人の場合は、オタク本人も半分欲につられながら物事を追求するので、仕事が杜撰になっているようである。

アメリカが、自動車等の物作りに日本に負けてきたのは、金銭欲が邪魔していると言えるだろう。それでもアメリカは、金のことを度外視して物事に熱中する人間が多いほうである。

ではこれを支那に当てはめるとどうであろう。支那人が熱中するのは金金金である。支那製の代名詞となった、欠陥商品、コピー商品を見れば、支那が世界に一歩先んずるものは持っておらず、彼等の物欲・金銭欲が全てを邪魔するようになり、支那の発展はいずれ頭打ちになるだろう。

韓国の場合はどうだろう。支那人が物欲、金銭欲オンリーだったのに比べ、朝鮮人は、名誉欲、出世欲が強く、競争心が旺盛である。従って、朝鮮人も、より追求して完成度の高い物を作り出そうとするような人は少なく、原動力は競争心だけであり、韓国の発展も望めないであろう。しかもこの競争心が、仲間同士の足の引っ張り合いとなっているのである。

そしてロシアであるが、北方領土侵略の例を見るように、貪欲な国民性がうかがわれるが、アメリカのようにダナミックな経済はない。と言うことは、損得を度外視してまで物事を追求する人間はいないのだろう。従って「ロシアとの選択肢」は有り得るが、その場合は日本が何でもかんでも面倒を見る羽目に陥るかも知れない。「ロシアとの選択肢」は、ロシアの得、日本の損のようである。




M-Vロケット廃止後、どうなることか心配していたが、イプシロンとして蘇えったようである。国のプロジェクトだけに、損得を度外視とは行かないが、その損得はロケットのコストパフォーマンスの事であり、コストパフォーマンスも含めて、こだわり、より追求し、極めることを目標にし、完成度の高いロケットを作り出したと言えるだろう。

そのような文化がある限り、それが科学の分野でもそれが生かされるなら、日本の更なる発展は保障される筈である。でもその日本で、名誉欲や出世欲が強く、競争心が旺盛な人間が官界を牛耳り、金銭欲オンリーのような人が財界で持て囃されている現状は気になる事である。

PR
【2013/06/21 22:57 】 | 未選択 | 有り難いご意見(6)
<<真相箱 | ホーム | ロシアとの選択肢>>
有り難いご意見
国民の能力考
 国民の能力を基本的な部分、その国民性、延いては、構成する民族性、更には辿って来た歴史まで考慮に入れて考えれば、そのファクター其々に拠って大きく変容し、大論が必要になりそうですが、逆に端的に、「その社会で、何が称揚されるのか?」詰まり、価値感で諮って看ればドゥでしょうか。

 その前に、ご指摘の「科学を進歩させるのは、基本的にマニアックな情熱を持つ個人である」と云う事には、全面同意します。 

 代表的な例示としてなら、アインシュタインやボーアといった原子物理学者が一番ではなかろうか、彼等の頭の中だけの産物に端を発したものが、最終的に核爆弾や原発と云う形を成し、それらが世界を変えつつ有るワケです。

 予想される彼等の深い「沈潜力」の動機とは一体何でしょう、「誰かの為に役に立ちたい」とか、「金儲けがしたい」とかでは無い事は確かですよね。

 唯々、「突き詰めたい」という、根源的な欲求ではないでしょうか。

 国民性とは、その欲求を持った者が突き止めて提示するモノを如何に評価するか、その価値観で決まって来るのだと思います。

 米国社会の評価方法は、極めて現実的ですが、例えば、米国社会の頂点を極めたロックフェラーの成功原因とは、石油の分離法だったし、その迅速な運搬法だった。 フォードの成功も、T型フォードと云う大衆車の開発に有ったからです、どちらも画期的ですが、直ぐに役に立つモノ、社会の要請を読み取ったモノでした。

 詰まり、過去の実績にはとらわれづ、近未来の価値感で評価している、と云う事です。 其処に発展する社会のダイナミズムが有ったから、と云う点も見逃せませんが。

 アインシュタインやボーアの例を牽くまでもなく、欧州社会には、天才がうようよ居ソウです。 彼等の凄い処は、「思いツキを徹底的に大事にする」と云う点で、是は、社会が、歴史的にソウ云う成功体験を踏まえ、「思いつき=アイデアを大事にすべき」と云う認識を持って居るからでしょうし、其処には、「智恵を遊び乍、育てる」余裕すら感じます。

 本来であれば、大文明国を標榜するシナには、欧州以上の「智恵を遊び、育てる」習慣が無くてはならない筈ですが、それは無く、有るのは、「他人の成果を盗む術」と「利己的に自分を正当化する弁論術」ダケですから、背景にある社会の価値感が如何に貧しいか、其処で正義や公正さが尊ばれて居ないかが判ります。

 彼らには、道程・行程を楽しむどころか、結果ダケしか見えて居ないのですから、この先もシナから、何か善きものが生み出される事は無いでしょう。

 韓国や朝鮮に至っては、その主体性の欠如が彼等の社会の特徴だと思います。 絶えず、寄生主が必要なパラサイト国家が独立性を保てないのは当然だと思います。 随い、この先、彼らに何かを期待するのは、水面に映った月に何かを願うに等しく、むなしく儚い事です。(笑)

 さて、ロシア。 

 基本的にロシア人に、欧州人の様な、特にドイツ人の様な独創性や合理性を生み出す科学的な「何か」を創出する「沈潜力」は期待できません。 

 それは、社会が科学的なモノを求めて居ないから、と云う事が言えると思います。 ロシア社会が持つ価値感からは、科学的で、便利なもの、画期的なモノを、少々の高値を無視して買い込む様な「見栄はり」は、笑って済まされないのでしょう。 実績のない新しいモノが売れないのは、極端に保守的だと云う事であり、成功例が少ないからでしょう。

 然し、芸術的な才能には、恵まれている様に思います。 音楽、バレエ、表現系スポーツ、そして文学には、世界に誇り得る人々が勢ぞろいして居ます。 決して凡愚な国民ではありませんが、産業や科学が、生活に及ぼす「成功」経験が全く足りない上、農奴と云う名前は悪いけれど、永年、貧しくとも静かで穏やかに暮らしてきたという実績が保守性を強化しているモノと思います。

 日本では、寧ろ、「アイデア」は未だ、遊びと同じレベルに措かれて終い、折角、思いついても、そのままにしておく。 定型化した「モノを生み出すシステム」を尊重する余り、見えない「形のない」段階のアイデアを軽んじている場合が多い様に思います。 「唯の思いつき」こそ大事なのに、です。 是も社会性だと言えましょう。 ソウ云う成功例が増えてくれば、劇的に変わって行く可能性は在りますがね。
【2013/06/22 10:32】| | ナポレオン・ソロ #526dda7f75 [ 編集 ]


Re. 国民の能力考、ナポレオン・ソロ様
> 唯々、「突き詰めたい」という、根源的な欲求ではないでしょうか。

それが、根源的な欲求が無い人もいます。そのような追求を軽視する風土や社会に生まれたためかも知れませんし、別の欲に囚われているのかも知れません。

また『突き詰めたいという、根源的な欲求』も欲望の一つですが、そのような欲望が生まれない人は、それによる成功体験が無かった可能性があります。

その成功体験とは脳内快楽物質「エンドルフィン」の分泌です。この「エンドルフィン」、マラソンをするとか座禅をするとか、また激しい苦痛に見舞われるとでも、分泌されると言われていますが、思考や作業でも、一つのことを追求すると分泌されるのではないかと思っています。

子供が、母親の「ごはんよ!」の声に気が付かないほど遊びや物作りに熱中するのも、それと同じではないかと思います。従って、『突き詰めたいという、根源的な欲求』の成功体験が無い人とは、子供が熱中する事を許さない環境に育った人ではないかと思っています。

まあ、親が作ったカリキュラム通りの塾とかスポーツ教室だけでは成功体験は生まれないでしょうし、飢えや貧困では別の欲が勝ります。そのまま大きくなれば性欲に邪魔をされます。

従って、一つの事を追求する日本人が多いのは、社会的要因が大きいと思います。日本人を評するとき、遵法精神が旺盛なことがあげられますが、遵法精神は社会安定には寄与しますが、それだけでは社会が大きく発展しません。

北斎や若冲が、日本の発展に寄与したとは言いませんが、彼等の「突き詰めたい」欲求が日本の文化に寄与していることには、誰も異存は無いでしょう。

昔の日本人の「突き詰めたい」欲求は、もっぱら芸術が技術の世界に限られていましたが、現在では科学の世界でも成果を上げる人が出てきたようです。若い頃から藻の研究一筋で、ついに石油を作る藻=オーランチオキトリウムを発見した渡邉信筑波大教授などは、その代表でしょう。

日本は、これからだと思いますが、現政権の戦略会議に参加している経済界の顔ぶれや、教育改革と称する英語教育や国際人を育てる教育など、真逆の方向に走りだすように見えます。

『突き詰めたいという、根源的な欲求』に対して、競争心は毒物です。アメリカや欧州に蔓延っているのは、競争を煽って成果を得ようとする考え方です。確かにムチを打って競争させれば、それなりの成果を得られます。ムチを打たなければ、人は怠惰になると思っているのでしょう。しかしムチを打たなければならない人は、自発的に走りません。

結局は、文化と教育です。それも自発的に走り出す人がいることを見越した教育です。

現在のロシアを見ると、精神的余裕が無いように見えます。エネルギー・食料が自給でき、軍事大国なのですから、もっと遊び心を出せば良いのですが、国民はムチが無ければ働かない体質になっているのかも知れません。

論点がずれて、スミマセン。
【2013/06/22 19:53】| | 崗上虜囚 #991510d429 [ 編集 ]


オタクを揶揄した目的
>子供が、母親の「ごはんよ!」の声に気が付かないほど遊びや物作りに熱中するのも、それと同じではないかと思います。

ファミコンなどのテレビゲームでは、特にそういう現象が多発したことと思われます。しかしながら、それが故に将来のソフトウェア技術の向上に寄与することでもあります。

このような凝り性(特に男性団塊ジュニア)に対して、マスゴミは1990年代初頭『オタク』と揶揄して社会的地位を貶めました。

この時期からすでに、日本に対する破壊工作が行われたいたと推測されます。

敵にとっては、インターネットをはじめソフトウェアをリードしうる存在に成りかねない訳ですから、先手を打ったのだと思います。

また、全部とは言いませんが、マスゴミのステレオタイプに乗せられた親御さんが、わが子をよく観察せず安易にかつ強引に押さえつけてしまったのだと思います。両立という道を塞いだ形で。世間体のために。

その親御さんの世代が、ちょうどテレビによって生きてきた側面があるのとカウンター媒体が無いため、その盲信も仕方がないことですが、1億総白雉化になった結果なのでしょう。

兎に角、そこまでの思想洗脳をどう解いていくのか、もしくは抑え込むか、という妙案を提示できない心苦しさがありますが、地道にやっていくしかないと思います。

ただ一つ言えば、マスゴミが使い出した「オタク」等のスラングをマスゴミ相手に糾弾するつもりで、それを使うのは「オタク」とカテゴライズされた人の名誉は傷ついたままであまり賢くなく、「アサヒる」「K.Y」等のマスゴミにのみ当てはまるスラングで以て攻撃するようにするべきと思います。

いろいろな保守系ブログを見ていると、その点の気遣いが殆どできていないように思われます。相手はプロ中のプロであり、且つ政治談議でなく洗脳工作を仕掛けている訳ですから、単に事実もしくは正論を提示するだけでは不十分であると思います。
【2013/06/23 00:38】| | Sura #5287c9dce1 [ 編集 ]


Re. オタクを揶揄した目的、Sura様
>このような凝り性(特に男性団塊ジュニア)に対して、マスゴミは1990年代初頭『オタク』と揶揄して社会的地位を貶めました。

日本の文化である、茶の湯、盆栽、能なんかも、凝り性を否定していたら生まれなかったと思います。いや、漫画・アニメなども。日本はそれだけ自由が有ったのでしょう。

『オタク』を否定している人間に共通なのは、その自由を否定する傾向にあることです。人間の自由を束縛してまで人権人権と煩く言っているのも、そんな人間です。所謂サヨクです。

洗脳工作を仕掛けているといるより、サヨクは洗脳された宗教信者でしょう。狂信的信者が他人に信仰を勧めるようなものです。いい例が、ジェンダーフリー信者でしょうか。男女共同参画を推進している輩です。でも国際的な動きなので、後ろに操っている集団がいると思いますけど。

彼等は、男女間で性差があることも気に食わないようです。凝り性なんかは、男性の特徴です。模型作りや、恐竜フィギュアー収集に熱中するのは、大体が男児です。それを取り上げられたら、明日の手塚治や渡邉信教授は出てこないでしょう。

自由を奪うのはサヨクの専売特許です。彼等がデフレの意味が分かっていないのも、同じ理由だと思います。なんでも損得に結びつけ、国家を束縛し、人の自由を奪うことが、人の精神を萎縮させ、結果経済を落ち込ませることが分かっていないのです。

ちょうど、デフレの記事でも書こうかなと思っていたので、デフレの話になりましたが、李氏朝鮮は、究極のデフレ国家ではないでしょうか。北朝鮮もですが。李氏朝鮮では、仏教等の宗教を否定し朱子学一本。これに対して、日本は仏教や神道もあり、遊びも儀礼も無駄が一杯ある社会です。その結果は、・・・。洗脳サヨクが支配する社会の行く着く先は、李氏朝鮮です。

トランスフォーマを作ってしまった青少年が海外で話題になっています。
http://www.youtube.com/watch?v=Thh3FGJYdAM
今や支那人でも「こんなの無駄だ!」とは言いません。保守の戦いって、束縛との戦い・自由への戦いだと思います。
【2013/06/23 22:24】| | 崗上虜囚 #991510d429 [ 編集 ]


求められる社会性とは
>>親が作ったカリキュラム通りの塾とかスポーツ教室だけでは成功体験は生まれないでしょうし、飢えや貧困では別の欲が勝ります。そのまま大きくなれば性欲に邪魔をされます。
卓見だと思います。 その環境に曝された対象者(子供)は、互いに競争する事でしか、カタルシスを得る事が出来なくなります。 つまり勝ち負け重視、であり、子供にとっても、結果を評価される事ダケが重要になって行く。 唯一のカタルシスを得る為には、手段を選ばないと云うチョイスも、同じ価値観を持った周囲なら、躊躇いすら存在しないでしょう。

 「結果重視」の選択は、時に已むを得ない場合が存在しますが、其の過程にモラルを求める成分が滅失しては、成果そのものの価値が無くなって終う事にも、留意して措かねばなりません。

 「成果の価値」とは、その過程に参加した人々すべての支持を得てこそ、そのリスペクトが高められるモノですから、過程に措ける個の努力や情熱こそリスペクトされるべき主体でしょう。

 ドゥも、朝鮮族にはこの辺りが理解できていないのは、キット、その背景には、「成果を権威=権力の唯一の証」とする社会が有るからでしょう。

 例えば、 朝鮮族が滑稽なほど、ノーベル賞に拘るのは「世界に認められた=世界を制覇した」と考える「短絡」が存在しているからでしょう。 

 学問は、基本的な基準の依り代となるものですが、その基準確立への業績を評価しているノーベル賞を唯の「成果」としてしかとらえられない歪んだ価値感しか持ち合わせて居ない彼らには、更に高次の権威と権力の区別は、つかないと思います。

 国民性は、その国を構成する社会が持つ価値感によって、大きく左右されますが、例えばオリンピックは、戦後暫くは、米国もロシアも、獲得メダル数で成果を争った時代がありましたが、前述の「過程」に対するリスペクトが軽視された結果、「唯の数に過ぎない」と云う、空疎な風潮が生まれた反省から、競争熱は幾らか醒めて、銀や銅の価値、入賞の価値も見直されてきている様に思います。

 「過程を楽しむ」。

 如何なる分野の競争であろうと、其処へ至るには、飽くなき向上心と努力を継続する情熱を育てる社会が無くてはイケませんが、勝敗だけに拘った価値感では決して到達できない境地だと思います。
【2013/06/26 10:51】| | ナポレオン・ソロ #526dda7f75 [ 編集 ]


Re. 求められる社会性とは、ナポレオン・ソロ様
> 「過程を楽しむ」。

支那から渡ってきた闘茶が、人を持て成す茶の湯に変わったのは、日本が支那・朝鮮より熟成した社会だったからでしょう。戦国武将が競争で人を持て成しているのは、何とも不思議な世界です。

安逸に溺れず、怠惰ではなく、物事を追求し、そして競争心も抑えるとなると、難しそうですが、物事を一心不乱に追求すれば、人と競争する気も無くなるのでしょう。昔の日本人が教えてくれています。
【2013/06/26 21:56】| | 崗上虜囚 #991510d429 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>