忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
人類は鎖国している
前回のエントリー『TPPの別の見方』で、TPP賛成者と反対者の立ち位置を書きましたが、チャンネル桜の討論番組【経済討論】亡国最終兵器 TPPの真実[桜H23/11/5] の中で、藤井聡京都大学教授が、日本が大損するのに推進する人間の精神構造の話をしていました。

http://www.youtube.com/watch?v=buBpYJO3Vro&feature=youtube_gdata
http://www.youtube.com/watch?v=KNOHHipRgPc&feature=youtube_gdata
http://www.youtube.com/watch?v=P_nP3eCiZl8&feature=youtube_gdata

その代表例が、11月3日の産経新聞に寄稿したTPPの推進者の伊藤元重という、あのルーピ鳩山とか、オカラ頭の岡田が出た東京大学の大学院教授です。
その記事を要約すると、
--------------------------------------------------------------------
①、市場を閉鎖して健全な経済発展をした国は歴史的には皆無である。
②、保護主義と経済学の論争は何百年続いている。
③、保護主義は結局経済を停滞させることになった。
④、TPPは即効性は無い。(直ぐに経済効果は出ない)
⑤、日本が開かれた国という姿勢をとるのか、市場を閉ざして閉塞感を高めるのかの選択だ。
⑥、日本がTPPに参加すると、世界貿易の自由化が進む。
⑦、米国の言うなりになってしまうとの危惧は、古いマルクスボーイみたいな話。
---------------------------------------------------------------------
だそうです。突っ込みを加えると

>市場を閉鎖して健全な経済発展をした国は歴史的には皆無である。

まず、日本は鎖国時代経済は発展していました。第一人類は他の惑星や恒星とも貿易をしていません。でも大発展をとげ地球を制覇する勢いですけど。

>保護主義と経済学の論争は何百年続いている。
>保護主義は結局経済を停滞させることになった。
論争は何百年続いるのに『保護主義は結局経済を停滞させることになった』の結論を出しちゃうんですか?。

>TPPは即効性は無い。(直ぐに経済効果は出ない)

では経済効果が出るのは何時。何億年後?。

>日本が開かれた国という姿勢をとるのか、市場を閉ざして閉塞感を高めるのかの選択だ。

結局、精神論かい。

>日本がTPPに参加すると、世界貿易の自由化が進む。

だから何。『保護主義は結局経済を停滞させる』の理由を述べてから言え。

>米国の言うなりになってしまうとの危惧は、古いマルクスボーイみたいな話。

最後は他人を貶しての雑言。他人を貶しても説得力が増す訳が無い。
---------------------------------------------------------------------

で、彼の立ち位置は、親米・アメリカの代弁者と言うことになりますが、その動機は損得では無く、GHQによる洗脳の結果。この手の人間の話は次回、『禅・達磨の目』で少し触れるかも知れません。

でも東京大学の経済学部とか法学部って、仕分けしたほうがいんじゃないんですかね。

人類は鎖国している
江戸時代、鎖国状態であったにも関わらず、日本は経済発展していました。デリバティブは既に江戸時代に有ったは有名な話です。

18世紀、日本で囚われの身になったロシア人ゴンザロフは、日本が経済発展しているのを見て、日本は国内交易をしているから発展しているのだと考えました。交易すると経済発展するという考え方は、当時のロシア人も持っていたようです。

では交易すると、何故経済発展するのでしょうか。江戸時代に国内交易が活発になったのは、生活に有用な物が他の地域に有ったからです。その一つがホシカ。魚を使った肥料です。その頃の北海道ではニシンが大量に取れ、食料にするだけでなく肥料にした処効果抜群、農業生産は増大しました。

その需要の為、日本海に航路(北前航路)が出来、日本海側の町が繁盛し、その富のおかげで購買力が増して、経済が活性化されたのです。

江戸時代の頃では、生産性の向上を図ると言っても、人力では限度があります。幾ら畑を耕しても収穫高が上がる訳ではありません。質の良い肥料(ホシカ)を入れたらあっと言う間に効果が出ました。これは、地球資源の利用技術のおかげで経済発展した例です。

しかしニシンが獲れなくなると、北前航路は廃れ日本海側の繁栄は終わりました。従って、繁栄の原動力は始めに交易有りきではありません。

江戸時代の生産性向上の手段は肥料でしたが、現在は石油や天然ガスです。人類は地球の地下資源をエネルギーとして生産性の向上を図り発展したのです。

もっとも石油やガスが豊富なのに、発展しない国(ロシア)もありますが、それは国民が怠け者なのです。3度の食事を得て、使い切れないエネルギーが有るなら、幾らでも人が喜ぶ物、有用な物を作れる筈です。

働き者だけど作る能力が無い?。教育はその為にする物です。物作りは学校教育だけでは出来ません。先人から手取り足取りして学ぶ必要も有ります。でもその伝統が壊されると、物を作れない環境になってしまいます。

又、なまじ資源に恵まれると自分達で物を作らず、他所から買うくせが付き、これまた物を作る能力を失わせます。資源に恵まれていなくても、一時の繁栄で金など持つと同じことが起きます。この場合は、資源を持たない国はもっと悲惨な結果になるでしょう。

人類は地球内だけで経済活動を行っています。言わば鎖国をしている状態です。でも段々発展しています。発展出来た理由は、働いたことです。沢山メシを食い、地下資源のエネルギーを使って働いたのです。発展の理由は、最初に貿易有りきでは有りません。

確かに貿易が活発になると、発展途上国にも技術移転が行われ、富の平均化も行われ、相乗効果で人類が発展する可能性があるかも知れません。でも、それが目的なら発展途上国への技術移転は、共存共栄の思想と共に技術指導を行うべきでしょう。

技術移転が貿易競争の付帯事項なら、技術退化する場合もあります。それは悪貨が良貨を駆逐するように、生産性も低く品質も悪いが、安い労働力で作った製品が、生産性も高く品質の良い国の製品を駆逐する可能性があるからです。

どちらにしてもアメリカによるTPPは、共存共栄の思想等みじんも有りません。貿易が、人類の発展や共存共栄の道だとの幻想に、惑わされるべきでは無いでしょう。
北前船:幕末の頃に来た西欧人は、あまりの船の多さに『内陸には人が住んでいないのでは』と思った程だった。
PR
【2011/11/06 14:27 】 | 政治・経済 | 有り難いご意見(4) | トラックバック(0)
<<禅・達磨の目1 | ホーム | TPPの別の見方>>
有り難いご意見
ボケとツッコミが…
崗上虜囚 様、こんばんは。

今日の前半は、政治漫才?
ボケとツッコミが絶妙で…(笑)。

いくら高学歴で頭脳明晰でも
曲学阿世の輩に堕ちてしまえば、庶民から笑われるんですけどね。鏡に映った自分を見なさいな、学者さん。
そして、もうちょっと上手く騙せよー…(笑)。
注!YouTubeは見ていませんが…。

地球人は宇宙で鎖国している。
目から鱗の
いや、この場合はコロンブスの卵の理論かな?

ただ、賛成派が昔の矢追?なんたらならを持ち出して、
UFOが来ている→宇宙人が地球に来ている証拠だ。地球は鎖国していない。
→→→そうだそうだ、宇宙は皆平等、日本も開国せよ(ルーピー鷺山)。と賛成派が増えるかも…。(笑)

前半、妄想が膨らみ…アハハハ。


真面目に…
後半の北前船は
商いの基本で、北国で余っているものを必要としている南国へ
三方よしの貿易で発展したのでしょう。

貿易とは斯くありたいですね。

あっそうそう、『衣食足りて礼節を知る』これをオバマ氏に贈ります。
誰も自分が貧乏になってまで、世界平和も世界経済の発展?を望みません。これが本音でしょう、米国人も日本人も…。
【2011/11/06 20:54】| | 酒と泪と #8d416510ae [ 編集 ]


無題
酒と泪と 様

YouTubeは、暇を見つけて見て下さい。観光客と称する支那人を、まず沖縄に呼び込む動きとか。これもTPPと絡んでいるのでしょう。ご存知だと思いますが。

誰が説明してもTPPに利点などありませんから、くだんの学者さんもボケを演じているのかも知れません。

>UFOが来ている→宇宙人が地球に来ている証拠だ。地球は鎖国していない。

アニメ『銀魂』なら、民主党は地球を支配した宇宙人アマント(天人)ってことになるんでしょうか。でも残念なことに、今の日本には、そのアマントに反抗する侍がいません。
【2011/11/06 21:40】| | 崗上虜囚 #9915128f4e [ 編集 ]


無題
産経の論調が、だいたいこんな感じですね。

保護主義は最悪の選択、、みたいな書き方ですね。

でも、グローバリズムというのは単に、関税を撤廃するといったようなことだけではないはずです。

中国が、第二位の経済大国になった主因は、日本企業の進出にあると思います。
そのことによって、商品の付加価値は均等化し、日本の労働者の富は中国に流れてしまいました。
例えて言えば、今は百均の靴下がボロボロになるまで使っても、かかととつま先が抜けません。
それが、たぶん中国製なのです。

昔のことを考えればまさに時代が変わったとしか思えません。

良品質は、昔は日本の専売特許のようなものでした。靴下のようなものにも日本製ならではの付加価値があったのですが、今や同じです。

というのも、同じ機械を使い、同じやり方を日本企業が指導したためにそういったこととなった。

別に、それが悪いことだといってるのではなく、グローバリズムというのはそういったことも含めてのことと思うんです。


日本ぐらい、底抜けにお人よしの国はありませんよ。、、もうバカが付くくらいですね、、^^。

TPPなんて、そういったことから比べれば、グローバリズムの単なる一部でしかありません。
それも、正常なものであってのことですが、、。
【2011/11/07 21:41】| | 杜若 #4d945b6046 [ 編集 ]


無題
杜若 様
支那製の靴下の品質は上がりましたが、工具類等はどうでしょうか。直ぐ切れなくなる刃物。削れないヤスリ。すぐ錆びるステンレス製品。他国の奴隷のような境遇の人の生活を助け、こちらも安くて手に入るのは良いですが、その影で日本の職人達の技が消えて行くのは残念なことです。

奴隷達の生活水準がもっと上がったら、高い粗悪品に囲まれた生活をする事になると思います。これが進歩なのでしょうか。

先日、法事で会席料理を食べました。一年一回の贅沢ですが、小さな里芋をだし汁だけの味付けで、こんなに美味しいなんて。日本人は幸せです。デフレとTPP加入後の他国との貧乏競争で、ひょっとしたら日本料理も無くなってしまうかも。
【2011/11/08 22:22】| | 崗上虜囚 #9915128f4e [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>