忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
偵察風船

連休でお休みの方も多いようなので、私も今日は遊びです。まじめな記事ではないので、突っ込まないように。スルーして下さい。

大東亜戦争で、日本が米本土を空襲したことがある。一つは伊17潜水艦の小型搭載機によるものと、もう一つが風船爆弾によるものである。風船爆弾は1万メートル上空では強い偏西風があるので、その高さに気球を上げればアメリカに到達する筈との考えから実施された。

風船の材料は和紙とコンニャク糊で有ったが、その性能は中々優秀で有った。日本軍は和紙とコンニャク糊の風船より、ゴム引きの風船の方が優秀と考え、何個に一個の割合でゴム引きの風船に無線機を載せて飛ばしたが、こちらの方は皆海に落ちてしまった。

風船爆弾で攻撃したときが冬であったため、山林火災など起きず、戦果は軽微なものであった。夏に行っていれば、かなりの山林火災を起こしたものと言われているが、あいにく夏は偏西風が弱まる時期なので、できなかった。

今回のエントリーは、気球を使った偵察衛星ならぬ偵察風船の話である。それは、偵察衛星は常に高速で飛び続けているので、高価なのに撮影するのに時間間隔が開くのと、瞬間しか撮影できないからである。

その点、気球であれば低価格であり、常駐させての撮影も出来る。風船爆弾は偏西風を利用したが、2万メートル以上になれば無風であり、僅かなコントロールで常駐させる事も可能である。

偵察風船は、図のように水素ガスを入れた気球本体と、太陽電池パネルと蓄電池、4つのプロペラとその駆動モータ、複数のカメラと、無線機からなる。これを、3万以上上空に1000個程度、33個×33個で10Km間隔のメッシュになるように飛ばすのである。

カメラを1600万画素(4000×4000ドット)程度の市販のカメラを使用すれば、10kmの範囲を撮影すれば、2.5mの解像度になる。これに首振り機能を付け、ズーム撮影をすれれば解像度はさらに上がる。

撮影範囲は、1000個の気球で10km間隔の33×33なので、330km四方を監視することができる。又、異方向のプロペラがついているので、編隊のまま360度の水平移動が可能である。

尖閣海域の常駐監視に有効と思われるが、勿論北朝鮮のミサイル発射地点に常駐させる事も可能である。

製作で考慮しなければならないのはコストである。10万以下に抑えても、1000個で1億はかかる。それでも偵察衛星とは比べられない程安い。それでもコストに拘るのは、打ち落とされるときの、こちらの風船のコストと相手側の打ち落とすためのコストの差が重要だからである。

つまり、風船を打ち落とすのに、相手は高価なミサイル等は使えず、仮にミサイルを使って風船を落としたりすると、風船がミサイルを打ち落したことになってしまうからある。

恐らく、偵察風船が一般化すると、相手もキラー風船で対抗しようとするだろうから、レーザー銃で武装した用心棒風船を随伴する必要があるかも知れない。

尚、この記事は軍事機密なので、敵国の人間には教えてはならない。

 

想像図:4本のワイヤを引くことで傾けることも可能である。昼夜の寒暖による気球の高度変化は、圧縮ポンプをつけるか、傾けてプロペラで上昇させるかである。


PR
【2012/04/29 22:19 】 | 科学技術 | 有り難いご意見(3)
<<大日本帝国憲法改正 | ホーム | 今、国会でやるべき事>>
有り難いご意見
3K仕事は辛いよ?
崗上虜囚 様、皆様
こんにちは。

私も取り留めのない話を…。

建設業の現場では会社が旗日や日曜日で休みでも…
納期の為、いいえ職人さんの為に働きます。職人さんは月給ではありませんから。日給月給といって働いた日数分だけが給料となります。
GWだからといって、みんな長期に休みを取ったら…職人さんが干上がります。昔からのしきたりで、長期の休みなど取れません。(内勤者は休みますが)
職人さんなど無視して現場を休みにしろ?
いいえ、職人さんあっての我々。自分が直接造る技術は持ち合わせていませんので、逃げられたりソッポを向かれたら…お手上げ。せいぜいできるのは、半分休みにするくらい。(涙)

でもね、物を作って出来映えをほめられる、作って差し上げた方から感謝される。
公共物なら住民が笑顔で訪れて使っているのを見ると…自分は社会に貢献できたと生き甲斐を感じます。

これから社会に出ようとされる方
どんな仕事でも辛い事や苦しい事があります。そこを乗り越えて一人前になると、貴方を見ている世間の目が変わります、生き甲斐を感じてきます。

3K仕事は辛い。でも誰かがやらないと社会が回りません。やがては、世間から感謝されます。生き甲斐も出てきますよ。
【2012/05/02 15:48】| | 酒と泪と #8d416510a5 [ 編集 ]


KY自民党の自爆
 自民党の憲法改正案を御紹介いただいて、「ダカラ、自民党はだめなんだ」と言う感想しか有りません。 この政党はこのまま衰退する他はなさそうですね。 何故かと云えば、其処に国家観と言うものが全く感じられないからです。 戦勝国連合に対する阿りのみしか感じない。 是では小沢でも谷垣でもあまり変わらない。 と言って、小沢は金輪際御免だが。

 団塊の世代って、最悪の政治=経済・防衛・外交の面で「白痴の世代」なんですね。 この改憲案を作った連中は、モゥ馬鹿かとしか思えません。 文脈の解釈の仕方で何でもできるとか言い出すのでしょうが、米国やシナの反日集団が気が着かない筈が無い事を考えれば、単に、初な国民をだまして居るダケでしょう。

 何故、そんな小細工を弄しなければならないのか、と云えば、結局自民党内部に、お花畑勢力や売国勢力がわんさかいると云う証拠でしょう。

 解散に追い込む事ばかり谷が気は言っているが、思う通りに票は伸びないでしょう、大勝利などとんでもない、現状+30議席が精々、つまり、250議席処か、150議席にも届かないでしょうね。

 結局それは、自民党は何も変わって居ないから、という一言に集約されると思います。

 全く反省が為されて居ない。

 こんな憲法改正論なら、出さない方が未だマシだったと云う事にならぬよう、是からでも遅くない、侵略行為には断固として是と戦うに十二分な戦力を維持すると書きなおすべき。
【2012/05/02 22:17】| | ナポレオン・ソロ #4fbf655b08 [ 編集 ]


Re. 3K仕事は辛いよ?、酒と泪と様
私は、子供の頃から職人を一番尊敬していました。日経のコラム欄に色々の職業の人の投稿記事が有りましたが、時々職人と思われる人の記事も有りました。そして職人さんの投稿記事が一番面白かったのです。

子供ながら感じたのは『地に足が着いている』でした。読んで面白無く無かったのは、作家→役人→政治家でした。職人の職業は単純明快、やりがいが有ります。食べていければ金じゃあ有りません。近い職業なので良く分かります。

それに反して先に上げた人の職業は・・・です。若しそれにもめげず頑張っている人がいたら逆に頭が下がります。

ソロさんへの返事(Re.日本精神の有り方)にも少し書きましたが、職人が尊敬する文化が有ったから、日本は発展したのだと思います。でも、その文化が薄れているのは残念です。

国は財政出動をして、彼等が生きがいを感じる仕事をやらすべきでしょう。それが将来の日本の為にも、現在の日本国民の為にもなる筈です。
【2012/05/02 22:21】| | 崗上虜囚 #9915126e6f [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>