忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
討論番組、日本強靭化会議

【討論】日本強靭化会議[桜H29/10/7]


https://www.youtube.com/watch?v=sqa_zdUjov0

討論内容は、日本の経済成長率は世界最低、経済だけでなく科学技術のレベルも急速に低下し、もう駄目レベルという話です。研究分野に大投資しないと日本は生き抜くことが出来ないだろう事は、粗一致した意見、処が政治家・官僚・マスコミは皆緊縮財政派。
 
その対処法は、高橋洋一氏が言った「財源が必要だが税金でやろうとするから出来ない、投資なので国債を発行すれば良い。インフレ目標に達するには、未だお金が足りない。25兆円ぐらい有効需要があるので25兆円の国債発行は可能と言い。しかも現在金利0なので、B/C(ビーバイシー)=コストパフォーマンスは全てクリアできる」でしょう。
 
処が今の日本はこの当たり前のことが出来ません。経済も分らない、日本の将来への危機感も無い、官僚や政治家ばかりだからです。彼らがそんなに緊縮財政をしたければ、まず東大あ法学部への予算を0にすべきですね。
 
この会議でもう一つ重要な意見が有りました。それは山下了氏が「学生の挑戦意欲が失われている。真剣さとかまじめさが日本人から段々失われている。昔は作る事が夢だったのが、いけない風潮になっている」と言っていることです。
 
高橋洋一氏や藤井聡氏の話は日本の危機の現状とそれに対処するにはどうするかの話ですが、これは日本に限ったことではなく、どの国でも対処法も同じになる筈です。それは有効需要を見つけ幾ら貨幣を創出するかの新たな経済理論であり、いずれ何処の国も採用するようになるからです。
 
それに対して山下了氏の話は日本の独自性が失われていることの危機感です。現時点なら日本が中国や韓国と同じ経済政策で競争させたら、恐らく日本が勝つでしょう。それは未だ日本の独自性があるからです。何故日本が中国や韓国より有利なのか?。それが前のエントリー儒教脳の呪縛の影響の差です。
 
こじつけ心理学なのであまり使いたくありませんが、心理学に『達成動機』なる言葉が有ります。何故人が困難な事を達成しようとするのかの動機のことです。殆どの人の動機は、征服欲、金銭欲、名誉欲等です。後、脅迫観念の人もいるかも知れませんが、それ以外に物事を深く追求することに喜びを感じる人もいます。それが昔の日本人には多かったのです。
 
欲があるのは日本人も支那人も朝鮮人も同じです。でも物事を達成するのに一歩差を付けるのは、欲のために動く人より、物事を追求することに喜びを感じる人です。彼らは人参も鞭も御者もいらず、レールさえ自分で敷いてしまう機関車のような人です。そういう人が日本に少なくなっているのです
 

  
伊藤若冲:酒も女も眼中に無く、絵を描くことを無上の喜びとしていた人です。それが可能にしたたのは彼が裕福な家に生まれたからで、いくら好きとは言えある程度資金がないと何も出来ない事を物語っています。倉庫で埃をかぶっていた彼の作品を発掘したのはアメリカ人。絵画なので先端技術では有りませんが、超先端絵画だったのでしょう。物事を深く追求することに喜びを感じる人の一例です。
PR
【2017/10/08 15:47 】 | 未選択 | 有り難いご意見(2)
儒教脳の呪縛

https://www.youtube.com/watch?v=AI-Yz5tko3E&t=25s

上はベルリン市出身の家具デザイナーの動画(これ以外何本もある)である。彼は日本の大工道具も買い揃えている。職業柄とは言え、彼は一銭の得にもならない日本の伝統工法の「木組み」に幾つも挑戦しているのである。どうも、このように物事を追求するのは決まって白人か、若しくは日本人である。
 
これを見る限りであるが、白人の天下は未だ続きそうである。何故なら新たな技術革新は知的好奇心の追及から始まるからである。
 
その点、次は中国の時代だと言われているが、これで金が儲からなければ殆どの支那人はやらないであろう。朝鮮人も、これで有名になるとか、人の上に立つことが出来るなら挑戦する者が沢山出て来るかも知れないが、そうでなければまずやらない筈である。儒教脳の呪縛である。
 
別に儒教が悪い訳ではない。支那・朝鮮の間違いは、儒教を唯一の価値基準として、さらに競争の道具にした事である。資本主義経済となった現在でも、唯一の価値基準が変わっただけ、否、唯一の価値基準は昔も今も金と名誉のみ、それ以外の物事の価値は認めないまま今に来ているのが、支那人と朝鮮人である。
 
彼らにとって知的好奇心の追求等とうの昔に捨ててしまって、一辺の価値も無いのだ。と言うことで、しばらくは欲の原動力で中国・韓国は発展はあるかもしれないが、彼らに新たな技術革新を期待しても無理だろう。
 
そこで日本である。物事を追求するのは白人か日本人なのだが、こと日本の政治の世界ではどうだろうか。現在の日本は、中国・南北朝鮮の軍事的脅威、原発事故によるエネルギー問題、加えて地震・火山の自然災害、少子化問題、それに対処する貨幣創出という新たな経済理論と日本の潜在的工業力、それを可能にする民度、世界が日本に寄せる期待等、政治家ならわくわくするような追及すべき事が山積みである。
 
ところが日本の政治家で、上記の事柄を話す者は殆どいない。現在何が問題で、またこれから何が問題になり、それを短期的に長期的どのように対処すのか等の話を彼らの口から聞いた事は無い。そのくせ政権を取ることは熱心である。
 
従って日本の政治家の話ほどつまらないものは無い。どうも日本の政治家は儒教脳の持ち主ばかりのようである。朝鮮系と言われる政治家が多いのはそのためだろう。言っていることはパフォーマンスばかりで内容が無い。そのくせ人の上に立ちたがる。東大補学部の官僚もそうだね。こんな輩が日本の指導層?。儒教脳の人間を日本から無くさないと日本の明日は無い。
 
儒教脳の代表?。菅直人、野田佳彦、小沢一郎、前原誠司、枡添要一、鳥越俊太郎、大前研一。
【2017/10/06 20:32 】 | 未選択 | 有り難いご意見(2)
小池清掃センターお知らせ
小池清掃センター(臨時)ではゴミの量を減らすため、分別されていたゴミをさらに小池清掃センター(臨時)内で資源として使えるゴミか使えないゴミかに分別いたします。但し、共産、自由、**民主党等のゴミは小池清掃センター(臨時)は扱いませんので持ち込まないで下さい。
 
尚、共産、自由のゴミは有害物質が含まれておりますので、共産は赤い袋、自由、**民主党は黒い袋に分別して下さい。又これらのゴミは毒物、危険物なので、お子様の目に触れないようにお願いいたします。
【2017/10/03 18:44 】 | 未選択 | 有り難いご意見(2)
銃、病原菌、鉄、プロパガンダ
ダイアモンド『銃、病原菌、鉄』2005年版追加章に日本が出てきたようだ。だが言っていることはトンデモ、突込みどころが多すぎて何処を突込めば良いか分らない程である。
 
ダイアモンド『銃、病原菌、鉄』2005年版追加章
ジャレド・ダイアモンド著、山形浩生訳
http://cruel.org/diamond/whoarethejapanese.html
 
例えば、
>四つの対立する理論が提唱されており、それぞれ一部の国では人気があるが、他の国では不人気だ。日本でいちばん人気があるのは、日本は紀元前二万年以上前に日本を支配していた、古代氷河期人類からゆっくり進化してきた、というものだ。日本でこれまた広まっている理論は、日本人は中央アジアの遊牧騎馬民族の末裔で、かれらは4世紀に朝鮮半島経由で日本を制圧しにきたが、絶対に朝鮮民族ではなかった、というものだ。多くの西側考古学者と韓国人が気に入っている理論で、日本の一部では不人気なのが、日本は紀元前400年頃に水田稲作とともにやってきた、朝鮮からの移民の子孫だ、という理論だ。そして最後に、これまでの理論に出てきた各種の人々が混合して、現代の日本人を形成したという理論がある。』
 
気に入らない論があるなら、具体的なデータを添えて論駁すればよいのの、論文にこんな言葉を付け加えることを見れば、学者と言うよりプロパガンダ工作員ではないのか。
日本人=騎馬民族説は当初から馬鹿にされているが。日本では論理が支持されるか否かは理論に整合性があるか無いであって、人気はその結果だろう。
 
>『日本の占領軍は朝鮮文化を根絶して、学校で朝鮮語のかわりに日本語を教えようとした。朝鮮人一家は日本で何世代も暮らしても、いまだになかなか日本国籍を取得できない』
 
まさに韓国人の言葉の受け入りそのままである。学校で日本語だけの教育が行われたのは戦時下の時だけである。それ以前は朝鮮語が教えられていたし、ハングルの教科書もある。そもそも現代中国でさえ日本語が無ければ近代用語による教育が出来ないのに、日本語を教えることが文化を根絶すると考える方が異常である。インディアンに英語教育をすると文化を根絶をすることになるのか?。また『なかなか日本国籍を取得できない』については、日本国籍取得しないのは彼ら自身が望んでいないからであり、日本国籍を取得するのは容易すぎるぐらいである。
 
>『いまや日本人は、無理もないことだが、すさまじい西洋の文化的影響に直面して、伝統を維持できるかどうか正当にも懸念している。そして、自分たちの言語や文化が実に独特であり、その発達にも独特の複雑な発展プロセスが必要で、世界の他のところとはちがうのだと信じたがっている。日本語が他のどこかの言語と類縁関係にあると認めるのは、文化的アイデンティティの敗北を認めることのように思えるのだ』
 
と言うより、日本の独自性を認める事が、彼にとって敗北を認めることのように思えれるのだが。
 
>『日本の高い降水量は、その森林が伐採後もすぐに再生するということだ。』
 
日本の森林で人の手が入っていないのは白神山地程度である。殆どの森林は、間伐、下草刈、植林をしているから維持出来ているのであって、森林が多いのは降水量のせいだけではない。朝鮮半島では火田民が山を焼き払い、更に根っこまで掘って炭にするなどで禿山にしたが、日本は統治時代に朝鮮に5億9千万本を植林したのである。これも古来からの日本文化の一端である。
 
>『日本人は北海道のアイヌを、アメリカ白人がアメリカ先住民を扱ったのと同じやり方で扱うようになった。アイヌは制圧され、居留地に押し込められ、交易所で働くことを強制され、日本農民の望む土地からは追い立てられ、叛乱を起こせば殺された。』
 
そう世界に宣伝したいようだが、松前藩がアイヌにあこぎな扱いをしたことたや、コシャマインの乱が起きたことは事実だが、アメリカ人が行ったインデイアン虐殺(1000万人の人口が50万人とか)と同じことを日本人がした事実はない。
 
この論文に対して異論を言うと「お前は歴史修正主義者だと」言いわれそうである。アメリカ合衆国の進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家の肩書きがあるが、論文には人間のDNAのデータが出て来ない。勿論米のDNAの話も出てこない。朝鮮からの大量の移民流入とか稲作の伝播の話は、全て彼の脳内に妄想のようである。まるで何処かの民族が乗り移ったみたいにである。
 
それに対して例えば男性のDNAの例で言えば、ハプログループD1b(旧D2)は日本人では39%の大集団が形成されているのに対して韓国人に殆ど見られない、次の日本人韓国人共通なO1b2(旧O2b)は日本人30%、韓国人36%であるが、詳しく見ると日本人のO1b2(旧O2b)はO2b1が25%,O2b*が8%に対して、韓国人はO2b1が12%、O2b*17%、北朝鮮に至ってはO2b10%、O2b*36%と、明らかに日本人と朝鮮人は別者である。
 
つまりD1b(旧D2)は縄文当初から、O1b2(旧O2b)はその後大陸から直接日本列島と朝鮮半島に別々に渡って来たと考えるしかない。また天皇を先祖に持つ複数の日本人のDNAも何れもD1b(旧D2)タイプだったことを見れば、天皇家も縄文系の可能性が高いのである。それが現在の日本人の常識になりつつあるのである。
彼は進化生物学者のくせに外見から日本人は朝鮮人に近いと考えているが、外見からはDタイプの日本人もOタイプの日本人もCタイプの日本人も判別出来ないことを理解していないようである。
 
又米に関しても近年の研究では日本の米の遺伝子の2つしかなく、そのうち1つは朝鮮半島には無く、もう一つの遺伝子も朝鮮半島の遺伝子は満州米の交配種であることは、朝鮮半島の米は日本から伝わった可能性が高いことが指摘されるようになってきた。さらに炭素年代測定では水稲栽培は日本が3200年程遡れるのに対し、朝鮮半島では1500年ぐらいしか遡れないことが分ってきているのだ。
 
おそらくこの論文は日本人以外の世界の人間に向けてのプロパガンダだろう。わざわざ『イルカは今日の日本とまったく同じように、浅瀬に追い込まれて殴り殺されたり槍で殺されたりした』を付け加えたりしているのは、日本のイメージを下げるための宣伝だろうし、それが日本人以外の人向けと思われるのは、日本人は何処から来たのかの問いについては、日本人の方がはるかに掘り下げた研究をしており、アマチュアレベルの日本人であっても、彼の論文はトンデモ論と見えてしまうからである。
 
>『農業が拡大したのは主に農民が狩猟民より急速に増えたせいだ。そしてもっと強力な技術を発明し、狩猟民を殺したり、農業に適した土地すべてから狩猟民を追い払ったりしたのだ。現代では、ヨーロッパの農民が北アメリカ東部のインディアン狩猟民を駆逐し、アボリジナルのオーストラリア人を駆逐し、南アフリカのサン人を駆逐した。』
 
ここら辺の考え方が、彼が日本の独自性を考えられない理由だろう。農民だからインディアンやアボリジニを駆逐した訳ではない。農民と言っても彼らの先祖は元は遊牧民である。彼らは豊かな地を見つけるや、そこを自分の土地とした。家畜を扱いなれ、人さえ家畜のように扱うことを発明した。欧米人、支那人、アラブ人、皆同じである。唯一違うのは日本人だった。
 
縄文人は狩猟・採取と言っても漁労・採取が主である。従って定住民なのである。分業が盛んになり、物作りにもこだわるようになった。そして家畜も扱いなれていない。当然奴隷も発明していないし、奴隷と無縁のまま1万年以上続いていた。そして日本人は縄文人の直系である。この奴隷と無縁こそが日本文化の一大特徴なのだ。
 
この論文を見る限り、どうもジャレド・ダイアモンド君にとって、それが悔しくてしょうがないようである。だから日本人を朝鮮半島から渡って来た農民の子孫で、ヨーロッパ人がインディアンやアボリジニを駆逐したように、日本人もアイヌ人を駆逐したのだと言いたいのである。原爆犠牲者数が20万人なので、南京虐殺が30万人だとこだわる理由と同じである。
 
、ボストンでベッサラビア出身のユダヤ系の両親の間に生まれる。東欧ユダヤ系アメリカ人。ふーん、そうですか。
 
本のタイトルが『銃、病原菌、鉄』?。重要な『プロパガンダ』が抜けているのでやり直し。
【2017/09/25 18:36 】 | 未選択 | 有り難いご意見(5)
エリート達のコリア・コネクションが止まらない
東芝メモリの売却先は日米韓連合になっているが、何故韓国企業が入っているのだろうか。それも東芝が独自開発したNAND型フラッシュメモリーの技術をスパイして得たSKハイニックスである。しかし売却先を日米韓連合にしたのは東芝ではなく、東芝は経産省の意向に従ったようである。そうなると、どうも今度のスパイは経産省の中にいるのではないか。経産省の売国スパイと言えばトロン・プロジュクトを潰した通産省官僚棚橋祐次を思い出す。これも孫正義と組んでのコリア・コネクションであった。なにやら東芝もシャープと同じ臭いがしている。
 
ゆとり教育で日本の子供の学力を低下させる一方、コリア国際学園の設立や朝鮮学校の無償化に尽力した元文科省官僚寺脇研(コリア国際学園理事)もエリートのコリア・コネクションなら、朝鮮学校の無償化に尽力し、コリアの為に加計学園問題をでっち上げて、憲法改正しようとしている安倍首相の失脚を図った前川喜平もエリートのコリア・コネクションである。
 
高学歴の人間のコリア・コネクションが止まらない。8月10の産経にも、灘校が中学の歴史教科書に唯一慰安婦の記述がある『学び舎』の教科書を採択していた事が報じられていた。これも一つのコリア・コネクションであろう。
 
では一体何が彼らにそうさせるのか?。それは「ゆとり教育」を推し進めた寺脇研自身が身を持って言っている。その彼が高校の卒業生総代としての答辞で「中学から入った150人の生徒は、卒業時は120人になった。成績の悪い生徒を追放して実績をとる。それでもこの学校を素晴らしいと言えるのか」述べたのだが、処が彼自身は進学校に入り他人を蹴落とし東大、キャリア官僚の道を選んだではないか。それは誰かが作った競技コースであり、その道をドッグ・レースの犬のように走ったのではないのか。それも疑いもせずにである。
 
ひょっとしたら彼は詰め込み教育されたら、自分のように自分の頭で考える力が無くなり、洗脳されやすくなると言うこと示したかったのかもしれないが、ドッグ・レースの犬のように訓練・訓練で育った頭は、以前このブログの記事で彼の考え方を紹介したように、彼の考え方は「中学で疑問に思ったら、大学で学んで・・」と、結論は他人から教えてもらう考え方であり、結果は、加計学園問題で出演したTBS「ひるおび」で発言した(寺脇研)「事実が事実ではないかはともかく…」のように、何が問題の焦点なのか考えられない頭になっている。
 
前川喜平も同じである。これも前の記事で書いたが、彼の頭では、自分(文科省)が人を通せんぼしているのに、(その理由を尋ねられると)理由は通せんぼされている側の人が考えなければならない事になるようである。残念ながら国会の参考人質疑で、前川に「貴方は、獣医学を増やさない事が正しい行政と思っているのか?」と誰も質問しなかったが、前川の悪びれない様子から見ると、恐らく自分の考えがおかしい考えていなかったであろう。当然次の質問の「獣医学を増やさない事が正しいと思う理由は?」には、答えられない筈である。事実、国家戦略特区諮問会議からの質問に、文科省が1年以上経っても答えられなかったが事がそれを示している。案外、加計学園問題は文科省官僚の頭の悪さから出てきた問題かも知れない。
 
これが頭の良いと思われてきた官僚を初めとするエリート達の実態である。でもやはりこれを問題と思っている人は居るようである。7月28日の産経のコラム欄に、古田博司筑波大教授が『日本人は学ぶより考えよう』と題する記事を投稿していた。内容は題を読んで字の如しであるが、「幸か不幸か大学教授になってしまった私は、定年を間近に控えてとてつもない事実に気が付いてしまった。大学の同僚の多くが、『考える』ことをしないのではないか。・・」と有った。そしてその記事の最後のところで「朝鮮では猖獗を極めた朱子学も民間のティーゼーションによって矯められたのだった。だから左翼や『遅れてきた勉強家』たちが、「反知性主義』などと民間の知性を馬鹿にしていたが、いつのまにか掻き消えたであろう」としている。
 
確かに現在の日本では、その『学ぶだけで考えない』左翼や自分で知性的と思っている人間が闊歩している。更に何も考えないお茶の間の人間たちが、そんな彼らからの言葉を丸暗記しているのが現状である。従ってコリア・コネクションは『学ぶだけで考えない』ことで免疫力が無くなった人間の頭に入り込んだ寄生虫感染症のようなものであろう。
 
      げに恐ろしきかな寄生虫。
文中敬称略。
【2017/08/10 19:14 】 | 未選択 | 有り難いご意見(4)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>