忍者ブログ

崗上虜囚の備忘録

日本よ!。私の日本への思いです。 コメントに返事を書かないこともあります。悪しからず。 コメントの投稿は日本人だけにしてください。 日本人でない場合は、国籍を書いてください。 注、google chromeで閲覧出来ませんので、filefoxかinternet explorerで閲覧してください

雑誌撃論に見るTPPと女性宮家問題

雑誌『激論』を買って見た。女性宮家問題について平沼赳夫、百地章、八木秀次の記事が有った。

平沼氏の記事はインタビュー対談であったが、重要な事が述べられていた。それは「女性天皇/女性宮家/女系宮家/女系天皇」創設を策謀している策現地が『男女共同参画局』だったと言うことである。 ▲

それによると、男女共同参画局は共産党官僚の巣窟であり、1979年頃から宮内庁と内閣法制局を操ってきたようある。

平沼氏は、1、男性宮家を創設せよ!、2、羽毛田宮内庁長官を解任せよ!、3、男女共同参画局を解体せよ!、の3つを掲げ、政治生命をかけると言った。ついでに、支那・朝鮮に諂う外務官僚も一掃してもらいたいものである。もっと言えば、アメリカに諂う官僚も一掃してもらいたい。

エントリー『改めて女系宮家断固阻止』の中で、女性宮家創設に男女共同参画局が絡んでいると思われると書いたが、推測は当たっていたようである。やはり男女共同参画局を叩き潰すべきである。

 

もう一つ、気になる記事があった。それはTPPである。TPPに反対する側として東谷暁、推進する側として渡邊頼純、山下仁、中川八洋の記事が有ったが、この中川氏言っている事が凄い。全編レッテル貼りと罵倒である。

中川氏は、東京大学工学部航空学科宇宙工学コース卒の国際政治学者として異色であり、東アジア共同体を『猛毒の東アジア共同体』として早くから警告しており、注目していた。また氏は女性宮家創設にも反対であり、『セシウム除染をただちに中止し、避難県民を全員すぐ帰宅せよと』の考えも私の考えと同じであり評価出来る。しかし、この記事の内容により、中川八洋氏の評価を大幅に下た。

その中川氏によると、TPP反対者はマルクス主義者、マルキスト、コミュニストだそうである。所謂共産主義者である。レッテル貼された中野剛氏、関岡英之氏、東谷暁氏、三橋貴明氏、堤堯氏は、なんで俺が共産主義と困惑しているだろう。


どうも中川氏は、共産主義は罵倒する言葉として使っているようである。氏によれば、共産主義者は『お前のかーちゃん出臍』の類と同様な言葉のようである。

でもレッテル貼りは論理が不得意の左翼の手法であり、罵倒は支那・朝鮮の伝統ではないか。理工系の経歴を持つ人間が、たかだか損得で判断すべきTPPを、反対者を理詰めでは無く、レッテル貼りと罵倒をしなければならない処に、TPP推進派の異常さが見てとれる。

では、中川氏の罵倒の対象であるマルクス主義者やマルキスト、所謂共産主義者とは一体なんであろうか。

ソ連崩壊後、狭義の共産主義者は大幅に減ったと思われる。狭義と言うのは、巷で資本論を説く者も、やマルクス・レーニン主義を声高に言うものはいなくなったからである。従って狭義の共産主義者と言うのは、いまだ資本論から何かを得ようとしているマルクス・レーニンの忠実な信奉者の事である。

ところが広義の共産主義者は現在一杯いる。左翼の事である。しかし彼等の口から共産主義の言葉は、もはや聞かれない。否、言えないと言うべきだろう。元々共産主義を理解していた等、一人もいなかったのである。昔『朝日ジャーナル』抱えていた人間は、只の流行に踊らされた馬鹿にすぎない。

馬鹿は次の流行に踊らされる。それがグローバリズムである。昔マルキストの彼等が今は何を言っているか。市民社会である。そして彼等が言う市民社会には国の存在は無い。

その市民社会と誰が言っているか?。それは管直人や仙石由人の民主党である。そして誰がTPPに加盟すると言い出したか。それも管直人や仙石由人の民主党である。バリバリの元共産主義者達ではないか。

元々管直人や仙石由人が教えれられた共産主義思想には、労働者の解放も資本家対労働者の考えも無かったのだろう。有ったのは国の存在を無くす事のようである。そしてTPPはグローバリズムの考えに基づく。TPPの思想は、国の存在を無くすことにある。だから元共産主義者の集団である民主党がTPPに飛びついたのである。

それを裏付けるように、TPP推進論者の渡邊氏は、『TPPが取り払おうとしているのは、国境の障壁だけではなく、国境の後ろの障壁、即ち国内規制も含んでいるのである』と明確に述べている。

つまり国民の合意で出来た法も無視、伝統や文化も只の障壁として取り払われるのである。当然、TPPに入れば選挙権など有っても意味が無い。国も有名無実なのだから民主主義も意味が無い。

想像出来るのは伝統や文化を否定され、誰が作ったか分からない価値感と、誰だか分からない支配者に盲従させられている共産国の民と同じ姿である。TPPこそ、昔から共産主義を裏で扇動している者が意図していた、国を無くす第一歩なのである。

その為か、アメリカ国内でもTPPに反対する議員は多い。反対する議員は共和党に多く、賛成する議員は、リベラルな議員が多い民主党に多い。リベラル?。成りすました共産主義者のことだろう。だからTPPに反対したって反米と言われる所以も無い。

中川氏の共産主義者の定義は不明であるが、私には反日民主党と同じTPP推進を叫んでいる中川八洋氏の方が、共産主義者のように見える。・・鳩山と同じ東大工学部か。なんだかなー。

 

その他のTPPの問題は何か。現在有る国は何処の国も他国の内政干渉を嫌い、独自性を保とうとする。それは国毎価値観が違うからである。価値観は歴史や風土によって変わる。当然、懸案事項も国によって異なる。懸案事項の解決法も国によって異なる。

国が懸案事項の解決の道を探るにしても、国民の合意を得て解決の道に向かうにしても、TPPに加盟していると、全てぶち壊しになる。国は外国企業に足枷をはめれられ自由な政策を取れなくなるからである。

TPP推進論者の山下仁氏は、TPPに加盟すると農業が蘇ると言う。しかし彼が言っている日本の農業の蘇生法だって、別にTPPに加盟しなければ出来ない訳でもない。逆にTPPに加盟すると、それがストップさせられる可能性がある。国の為の最良の解決方法が、農業保護を含むものだってあり得る。TPPに加盟していると、国民が考えた最良の手段も選択出来なくなる可能性があるのだ。

でも山下氏は、日本の農業の何を問題にしているのだろうか。私の心配している事は、農業の跡継ぎがいなくなっている事であり、日本の農業製品が高いとか国際競争力が無いことでは無い。生産性の低さを言うんだったら、山下氏のような元官僚も十分生産性が低いように思える。それに比べれば兼業農家でもそれなりの生産し、世の役にも立っている。農業従事者から彼を見れば、何でこんなに収入が有るんだ言われるだろう。・・彼も東大法学部か。

また渡邊氏は、TPPに加盟することで空洞化が回避できると言う。馬鹿な事を言ってもらっては困る。アメリカが日本の工業製品にかけている関税は2.5%。2.5%が0%になったとして、どれだけ売り上げが上がると言うのだ。

日本製品が、韓国製品に負けるようになって来たのは、円高と人件費の高さの為である。つまり日本の労働者は、他国と比べ賃金に見合った生産性を上げていないと言う事である。

放って置けば日本の貿易収支が赤字になる。これは由々しき問題である。日本は原材料やエネルギーを外国から買わなければならない国なのである。なんとしても貿易収支の赤字は避けなければならない。しかしTPP等に加盟しても、解決手段にはならない。TPPは高々2.5%の効果しかないのだ。また賃下げ等してもデフレ不況を加速させるだけである。これも効果が無い。

でも解決方法は有る。政府が円を刷って円安にすれば良いだけである。それも刷った円で、宇宙開発、海洋開発、先端技術開発への投資、そして国防の充実の為に使えば良い。国民の為の将来投資、国の安全確保、内需活性、全て国民へ贈り物であり、一石二鳥である。

GDPの10%の円を刷ったとしても50兆もの国内投資が出来る。円安やインフレは嘆く理由にはならない。輸出競争に負け技術を失う時は全てを失う時なのだ。

それより、日本は隠れた資源大国である。それも世界有数の資源大国である。石油・天然ガス、メタンハイドレードが有り、それと海水からウランを採取する技術、海水からマグネシウムを採取する技術、海底の泥からレアアースを採取する技術等が確立すれば、何も輸出の為にあくせく働く必要は無い。

円安誘導で輸出競争に負けないにようにする政策は、上記の技術を確立するまでの間だけの物である。日本が天然資源を採取する技術を確立した時は、外国人の為に物を作らなくても、働く事が全て日本国民の豊かさに繋がる。

処がTPPに加盟してると、そうはならない。天然資源も、それを採取する技術も、外国企業の食い物にされ、日本人の物にはならないであろう。

『貿易を自由にすると豊かになる?』、『グローバル化すると豊かになる?』。騙されてはいけない。全て幻想である。以前にも言ったが『地球は他の宇宙と貿易をしていない』それでも人類は豊かになってきた。人類は、地球と言う閉鎖した系の中だけでも豊かになれたのである。地球を日本に当てはめても同じである。

豊かになる原動力は、新たな技術開発と新たな資源の発見であり、貿易等では無い。まして国境の壁を取り払い、国を無くす事でも無い。国境の壁を無くせば、余計な問題を背負い込むだけだ。

国際貢献もしたい?。したければ、きちんと国の独立を確保し、全ての国民に働く環境を与え、新たな技術開発と新たな資源の発見に邁進することだ。世界もそれを待っている筈である。
 


何であろうと、女性宮家もTPPも反対。


 
PR

自由貿易の幻想=TPPの幻想

今日は男女共同参画の事を書こうとしましたが気が進まないので、皆様が理解していると思われる事のおさらいです。なので今日は独り言です。いや今日もです。

複数の国が、又は二つの国が貿易によって利益を得るのは、お互いに足りない物を補完する事が出来る関係の時です。

一昔前までは、資源小国は工業生産を資源の有る国に売る事で自国に無い資源を得、資源は有るが工業が未発達な国は資源を売って自国に無い品を得る事で、お互いを補完する関係が成り立っていました。しかし現在は、何処の国も自国を工業国家にさせようと必死です。

それは工業製品の生産性は日進月歩に対して、資源国の売り物である農産物や鉱業の生産性は左程上がらず、工業国の方がどんどん豊かになるのに、資源国の方は中々豊かになれないからです。

それでも貿易により双方の国が豊かになっているのは、資源価格を上げることで所得配分が行われているからです。これは国内の農業生産者と工業生産者の関係に似ています。その関係が長続きしているのは、お互いに必要とする物を持っているからです。

では工業国同士の貿易はどうでしょうか。お互いが同じ物を持っていても補完関係は成り立ちません。従って工業国同士では勝ち負けの世界です。勝ったの国の商品が市場を席巻し、負けた国は工業も滅び、本来必要で有った資源を買う手段さえなくなります。

それでも、負けた国の国民でも低価格で品質の良い商品が買えるのは、良い事では無いかと言う人もいるかと思います。しかし、それは一時の夢、そのような時はあっという間に消え去ります。経済は落ち込み人々は職を失い商品を買う金も得られなくなります。工業国同士の貿易は、戦争なのです。

戦争なので無理は付き物です。韓国は貿易戦争の無理が祟り、自国通貨は下がり、国内はインフレ、主だった企業は欧米によって買い漁られています。又、自由貿易の一時の夢から醒めたのが今のアメリカです。逆に夢から醒める処か、深みに自らはまり込んでいるのが今の日本です。

工業国同士の貿易は戦争と書きましたが、農業国同士でも同じです。補完する関係で無い限り貿易により双方が利益を受ける事は無いのです。一時は良く見えても、それは長続きしないのです。

但し、貿易によって相互に利益を得ることが可能な場合も有ります。それは大量消費・大量生産による生産効率のUPの利益配当を双方の国が得る仕組みが出来た時です。

例えば、自動車開発は多額の研究資金が必要となります。夫々の国に有った自動車メーカを一つの国のメーカに集約する事が出来れば、夫々の国の国民は安い価格で車を買う事が出来ます。

夫々の国がばらばらにやっていた自動車開発を一つに集約出来れば、その開発に当たっていた人員を別の生産に振り分けることが出来、もっと豊かになる事が可能です。

でも、それを行うには、一つの国に集約したメーカの利益を、全ての国に平等に配分する事が出来なければ破綻します。当然労働も平等に配分されての話です。

貿易は国家間で行われる商取引の事です。残念ながら国家間で所得配分や労働配分の話があったなど聞いた事は有りません。通貨統合をして人・物の移動が自由の、あのEUでさえ、所得配分や労働配分の話は有りません。ギリシャ問題の本質は所得配分と労働配分の話です。EUは国家になりきれていない国家です。

そして自由貿易を謳うTPPにも所得配分の事は一つも書いて有りません。極普通の貿易で利益を上げた(勝った?)日本に対して、敵対的貿易政策と非難するアメリカが考えだした貿易政策に、大量消費・大量生産により得た利益の得配分について何も無いのは、何故でしょうか。

双方が利益を得る関係が継続するシステムでないと、TPPだって長続きしない貿易体制なのに、それに言及しないのは何故でしょうか。

先に「自由貿易の一時の夢から醒めたのが今のアメリカです」と書きました。どうもアメリカは自由貿易に別の幻想を持っていたようです。大昔から『自由貿易により豊かになる』はアメリカのスローガンでした。

アメリカの大量生産で作った余剰品を売り、世界から安い労賃の生産物を買うことが継続できれば、アメリカの夢も続いたでしょう。でも、余剰品を売って安い労賃で継続的に働かすって、奴隷制度と似ていませんか。

そのアメリカの夢を破ったの日本です。日本の低価格・高品質の商品の出現により、アメリカの大量生産で作った余剰品が売れなくなってしまいました。日本人も何時までも安い労賃で働く人間では無くなりました。アメリカは貿易は戦争であると理解し、自由貿易の幻想から醒めたのです。

そこでやったのが、数量規制、ダンピング課税、ローカルコンテンツ法、極め付きは、アメリカ製半導体を買わせる義務、アメリカ製自動車を日本のメーカが販売する義務。そんなアメリカが、同じ自由貿易の幻想を持ち続けている訳が有りません。

それでも自由貿易の幻想は無くなったが、少ない労力で他国の人を働かせて豊かになる幻想は捨てていないでしょう。そこで考えたのがTPPです。

TPPは、条約により国家主権を弱め、企業や国民が国家による救済を受けにくくし、継続的にその関係を維持しようとする思想から出来ています。当然、日本に敵対的貿易政策と非難したのに、貿易相手国が不利益を蒙ったときの救済措置の思想等有りません。

貿易赤字を出そうと、その国の経済がおかしくなろうと、それは、最初に条約を結んだ条件を検討しなかったからと言われるだけです。

TPPは勝者の思想で作られています。そんな厳しいTPPですけど、当然アメリカは自国の不利な条約は結びません。つまりTPPは雁字搦めに縛って、足抜け出来ないようにして、アメリカに富が行くようにするシステムなのでしょう。

では、条約で雁字搦めに縛り、アメリカに富が継続的に行くシステムが出来たとして、それが継続に富を生むでしょうか。その答えは李氏朝鮮に有ります。国民の2割が奴隷。良民と呼ばれる国民も奴隷状態。500年続いた成果はアジアの最貧国。李氏朝鮮の例は、互恵的利他関係でないと人間は働かず、豊かさは得られなれない事を示しています。

国内であろうと、国家間の貿易であろうと、お互いに八紘一宇(天下を一つの家のようにすること)の精神で行わないとうまくいかないでしょう。何事も、なんでも自由なんて有りません。

TPPは支那包囲網だと言う人がいますが、それなら尚更TPPに条約批准国を一つの家とする思想が無いと駄目ですね。




日本は自由貿易の最大の受益者だとい言う人がいますが、日本はドルを稼がなければ石油を買えませんでした。だから一生懸命輸出をしたのです。石油やその他の資源の他、何を買ったのです?。買うものが無いので、ドルは溜まる一方。そのドルは円高で損。日本が豊かになったのは、石油を使って国内整備をしたからです。新幹線が良い例です。貿易すれば豊かになれると言うのは幻想です。こんどはTPPで稼いで何を買うのです?。

カレンダー

01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

フリーエリア

最新コメント

[11/15 崗上虜囚]
[11/15 楽仙堂]
[10/30 崗上虜囚]
[10/30 楽仙堂]
[10/25 崗上虜囚]
[10/24 楽仙堂]
[10/21 崗上虜囚]
[10/20 楽仙堂]
[10/04 崗上虜囚]
[10/04 楽仙堂]
[09/23 通りすがりの日本人]
[09/21 崗上虜囚]
[09/16 楽仙堂]
[09/11 通りすがりの日本人]
[08/31 崗上虜囚]
[08/30 楽仙堂]
[08/12 崗上虜囚]
[08/02 楽仙堂]
[07/02 崗上虜囚]
[07/02 楽仙堂]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
崗上虜囚
性別:
非公開

アナライズ

カウンター