忍者ブログ

崗上虜囚の備忘録

日本よ!。私の日本への思いです。 コメントに返事を書かないこともあります。悪しからず。 コメントの投稿は日本人だけにしてください。 日本人でない場合は、国籍を書いてください。 注、google chromeで閲覧出来ませんので、filefoxかinternet explorerで閲覧してください

左翼は洗脳馬鹿

九州で起きた口蹄疫で何もせず、米軍普天間飛行場移設問題では結局元の自民党案に戻り、尖閣沖中国漁船衝突事件では世界で物笑いになり、原発事故時では狼狽し、東日本大震災の復興は捗らず、デフレ不況を理解出来ずに増税と、民主党政権は尽く間違いおかす。

それどころか、凡そ日本人の為と思われない在日外国人の参政権や人権侵害救済法を始めとする数々の反日法案の実現や、日本を毀損する事に血道を上げているのは、馬鹿としか例えようが無い。

民主党の面々の顔ぶれを見ると肩書きだけは立派である。しかしどいつもこいつも判断力はゼロである。馬鹿々しいことに、彼等は自分達の先祖を侮辱し、自分の子供や子孫が不幸になる道を選んでいるのである。自分の子孫の為の損得勘定も出来ないのだから、国益は勿論、何が国民のためになるかを考える頭等有る訳が無い。

加えて、首相や閣僚達の今までの卑怯で下劣な数々の醜態を見れば、よくもまあ人間の屑を集めたものと感心する。これなら、無作為に一般人から選んだ人間を、首相や閣僚に据えたほうがましと言えるだろう。何故、民主党の閣僚や議員がこれ程までに馬鹿なのか。

キーワードは洗脳。彼らは洗脳された人間である。彼らは洗脳によりまともな判断力を狂わされた人間である。民主党議員だけではない。それは左翼全般に言えるし、自民党のリベラルと称している人間も皆同じである。左翼は洗脳馬鹿である。

洗脳と言っても、CIAが試みた電気や薬物を使ったものでは無い。洗脳と言う言葉自体、朝鮮戦争時に中共と北朝鮮が、米兵捕虜に共産主義を信じさせる為の手段を指した言葉である。恐らく大陸では朝鮮戦争はるか以前から、敵国や対立する相手側に対する工作の手段として、洗脳に準じたものが行われていたのであろう。

洗脳が、敵国や対立する相手側に対する工作の手段であった以上、日本人を洗脳する側は日本を敵とする外国勢力である。嘗てはソ連が戦前から行って来た共産主義運動も洗脳工作で有るし、終戦直後のGHQも洗脳工作を行ってきた。現在は、それを支那人、南北朝鮮人が引き継ぐ形で、日本人に洗脳工作を行っている。否、それより今一番多いのは、洗脳された日本人が日本人を洗脳している事例だろう。

では、どのように日本人への洗脳が行われているのだろうか。それは言語による洗脳であり、それは脳の特質と洗脳される本人の資質が関係している。

人間の大脳は言語を解するため、他の動物より大脳が大きい。人間の脳が、唯の音の羅列を「あいうえお」の五十音アルファベットとして聞き分け、それを単語、そして文章として認識するのは、常に過去に記憶したものと加えて照合しているからである。

例えば、音の羅列から特定の信号として振り分けるのは、それぞれのアルファベット毎のフィルター処理を行えば可能となる。

そのフィルターは、過去に記憶した幾つもの音と現在の音を加え重ね合わせることで実現可能となる。それはコンピュータで音声認識等で応用されているデジタル・フィルター理論と同じである。単語を分別し文章を理解するのも、同様なことが行われていると考えられる。それは記憶の反芻機能である。人間の脳は元々記憶を反芻する機能を有しているのである。

しかしこの脳の反芻機能は、外部からの刺激を分析する時だけでなく、わずかな刺激で反芻し続けることもある。それは、特に繰り返し同じことを記憶させられて、記憶が条件反射的になっている場合である。また外部からの多量の情報からも、記憶が条件反射的になってしまう場合が有る。観念は記憶が反芻され続けている状態である。

人間は、元々大脳からの指令だけで行動してきた訳では無い。原始時代では他の動物と同様、爬虫類脳と呼ばれる脳幹等から指令から、大脳を働かせて判断を行ってきたと思われる。行動の原動力は脳幹等が主で、大脳は従であった。

処が現代人は、言語の発達と脳の反芻機能により、脳幹を差し置いて大脳自ら指令を発するようになってきた。つまり大脳に反芻機能があるから言語を解釈出来るようになったのだが、その反芻機能により大脳が勝手に命令下すのである。所謂、頭でっかちの人が、妙な使命感で熱心に活動するのが、それである。(禅の効用は、大脳自ら勝手な指令を出させない事である)

大脳がデジタル・コンピュター脳と言われる所以は、神経細胞の電線と、それを取り巻くグリア細胞が作る絶縁材である髄鞘により、減衰せずパルス信号を伝える良質な電線の回路網から成り立っているからである。

しかし、この良質な電線も、他の神経細胞を繋ぐシナプスの部分では、電気信号を伝えるのは液体中のイオンである。そしてイオンが伝える信号は、脳内ホルモンによりコントロールされる。例えば、ドーパミンと呼ばれるホルモンの過多は、情報量増大となる。そのドーパミン過多は、しばしば統合失調症と呼ばれる病気と関連している。統合失調症、即ち昔分裂病と呼ばれた病気の事である。

ドーパミン過多症になると情報量増大により、人によっては見ない物が見えたり、聞こえない声が聞こえたりする事がある。他人にとっては見えない、又は聞こえない情報で有っても、本人は見え、聞こえているのだから、大脳はそれが現実に起きているように、それを説明し分析し判断してしまう。

ドーパミンは快楽物質とも呼ばれている。そのためドーパミンと構造がそっくりなアンフェタミンと呼ばれる合成薬品の中毒になる人間が多い。アンフェタミン中毒、所謂覚せい剤中毒の事である。従って、覚せい剤中毒者が正しい判断を下せないように、ドーパミン過多症も正しい判断を下せなくなる事が多い。

横道に反れたが、ようするに脳は大量な情報により判断を間違えるのである。しかし脳の判断を狂わせる大量な情報は脳内だけで起きる訳では無い。外部からの大量の情報によっても脳は間違える。

洗脳はこの脳の特性を利用する。繰り返し同じ事を聞かす。大量な情報で混乱させて、同じ事を聞かす。唱和させたり歌わせたりすることで記憶を植え付ける。

左翼や朝鮮人が、何度論破されても同じ事を繰り返して言う。また語呂のよいレッテル貼りを繰り返して言うのも同じ手法である。有るときは恫喝し、ある時は哀願し、情に訴え同じ事を繰り返して言うのも同じである。

そして洗脳が成功すれば、記憶は観念として固定化され、朝鮮を祖国のように思ったり、妙な使命感で熱心に活動したりする日本人が出来上がる。この点、朝鮮人は天分の才が有ると言うべきであろう。しかし、このように洗脳が成功するには、洗脳される本人の資質が重要である。

脳は新たな情報が入ると、古い情報と比較して分析する。そして比較した結果、新たな情報が不条理な情報と判断すれば排除する。処がこの条理/不条理が判断出来ない人間がいるようである。

疑問を持つことは条理/不条理の判断をする第一歩である。しかし乳幼児は疑問を持たない。彼らの脳は受け入れる一方である。でもそれが学習である。疑問を持たない人間は、乳幼児のようにひたすら情報を受け入れて脳に固定化してしまう。処が、その乳幼児のような頭を持った大人がいる。

東京大学の学生に『千人の人を助けると1人が犠牲になり、1人を助けると千人が犠牲になる事故が起きた、君が為政者ならどうするか』と聞くと、殆どの学生はいとも簡単に、1人を犠牲にして千人を助ける、と答えるそうである。百人対千人と設問を変えるとようやく事態の深刻さを理解すると言う。

なんと彼らは成人になるまで、自問自答したこともなく、なんら疑問を持たずに育ってきてしまった人間達のようある。当然彼らの頭は乳幼児に近い。良く言えば素直な人間なのだろう。乾いた土に水が染込むように彼らの脳は全てを受け入れる。そう言う人間だからこそ、詰め込み教育の試練に耐え、東大・京大に入る事が出来たのかも知れない。

だが、彼らを大学で待ち受けているのは、同じく嘗ては乳幼児のような頭を持ちで、今は完全に洗脳された教授連である。しかも教授が洗脳されているのは、日本を悪とし、伝統を否定し、国家を否定し、家庭を否定し、嫉妬を炊きつけ、権力欲を逞しくする、悪魔の誘いとでも言える共産主義思想である。素直な学生は、それに簡単に染まる。かくして大学は、洗脳された人間が新たな日本人を洗脳する生産工場となった。

民主党・社民党・共産党だけでは無い。何故NHKや朝日新聞を始めとするマスコミ関係者が左翼思想を持つ者が多いのか。何故上級職の公務員程国家を裏切る人間が多いのか、何故高学歴の人間程左巻きが多いのか、お分かり頂けたであろうか。大学が洗脳されやすい資質の者を集め、洗脳工場となっているのだ。

思えば、東大・京大等は罪作りな学校である。本来洗脳されるような頭の持ち主は、人の上に立つような人間では無い。彼らは特殊才能の持ち主であり、正しい判断を下せるような人間では無いのだ。だが彼らは、自らをエリートと自認してしまっている。世間もそう誤解している。

支那の科挙の弊害はつとに知られているが、上記の事を加えて考えれば、日本の上級職試験による弊害はそれ以上の筈である。これからの青少年の教育をどうするのか。エリートをどう育成するのか。残念ながら私には妙案が浮かばない。

言える事は、世間の人は東大・京大等の崇拝は止めるべきだろう。日本にエリートはいない。いるのは左翼かぶれの洗脳馬鹿である。

大木幸介著「こころの構造と脳」から


うん?。あんたも頭でっかちで、妙な使命感で活動しているのでは?。『馬鹿野郎。洗脳馬鹿は余計な事をするんじゃねぇ』と言っているだけだ。


 

何れも東工大、東大と高学歴。でも祖国は朝鮮と思うまでに洗脳された馬鹿共。


 

PR

朝鮮人に洗脳される馬鹿役人

『緊急時の石油、韓国で備蓄を経産省が計画』の話は、官僚も終に国を裏切り反日になったと誰しも思った話であった。情報は朝日新聞だけなので本当の話かどうか未だ分からないが、産業技術総合開発機構(NEDO)の特許情報収集サービス事業を韓国企業が受注し、経産省の新産業データベースを韓国企業が落札したのは事実である。

さらに厚労省全体の統合ネットワーク構築の事業をソフトバンクテレコムが落札し、しかもデータセンターを韓国に移す話は事実である。どの話も、国民の大事な情報を反日国家の企業に管理させると言う異常な話である。

朝鮮人の要求する人権擁護局の設置にこだわり、支那人を無期限に滞在させようと画策する法務省や、支那人を沖縄だけに誘致する観光庁の動き等、やはり官僚の一部に反日勢力に加担している人間がいると思って良さそうである。

何故国家のことを真っ先に考えなければいけない公務員、しかも上級職の公務員が、国益を損ねて朝鮮人や支那人の為に働くのか。

この謎を解く興味深い実例が有った。それは神戸市役所が課長研修と称し、毎年朝鮮人を講師として招いた事例である。人権に名を借りた研修の講師に招かれるのは、毎年朝鮮人だけである。そこで使われる教材は、偏向捏造の韓国の教科書だったりする。

要するに、神戸市役所では課長研修と称し、朝鮮人が市役所幹部に洗脳教育を行い、洗脳されなかった人間は排除され、洗脳された人間だけが昇進するシステムを作っていたのである。

この洗脳教育の結果、神戸市は年金を一切納めなかった300人の在日朝鮮人に、福祉給付金と称して年間1億2千万円を支給している。さらに神戸市だけでも、3つの朝鮮学校に1500万を補助と称して支給している(兵庫県はそれ以上の額を支給している)。

以下は桜井誠氏とチーム関西が、その話を聞きに神戸市役所を訪問した時の動画である。

神動画!神戸市の役人は在日朝鮮人が大好き!①~ 27
http://www.youtube.com/watch?v=ZttPJJNDJqw
http://www.youtube.com/watch?v=HJ7bX4ue0fE&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=wY-BM1wc8bw
http://www.youtube.com/watch?v=AU6_AuWdkVM

http://www.youtube.com/watch?v=cxrgeNBu6B8
http://www.youtube.com/watch?v=G0-CnjeaCsU
http://www.youtube.com/watch?v=4duQF-sZ3cI
http://www.youtube.com/watch?v=TayO1WLlHq0
http://www.youtube.com/watch?v=SoLhCk-e2zE
http://www.youtube.com/watch?v=Cco8hk3n4-g
http://www.youtube.com/watch?v=by7UCLY0g3g
http://www.youtube.com/watch?v=ow0THAhQrQg
http://www.youtube.com/watch?v=-knOuS1ms_c&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=-knOuS1ms_c&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=ujKQhA21vdA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=6Hs8eZm7iWU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=edllNYnWAbc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=0w8Vy-Xhkx4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=t0IIQG6Rjqk&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=t0IIQG6Rjqk&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=sgGiew0e7zo&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=Ye4Ppa49jm4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=Gw4eZE7Mfqg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=hu30sqsr8OU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=nS3-KpbM0TE&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=xc9x7n0LzO8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=AOqhyVtPIuc&feature=related

自分がカリキユラムを組んだのに『韓国人以外講師として呼んだことは有りますか?』の問いに、K君は答えられない。

支那人は差別語ですかと聞かれ言われ分かりませんと言いながら、差別語では無いといわれると、それは貴方の感覚だと言うS君。彼の不服そうな目は、自分は朝鮮人に味方する善人で、朝鮮人の言う事を信じないのは右翼=悪人だと思っている証拠である。勿論それは朝鮮人に洗脳された結果である。葛藤しない分、彼の洗脳は深い。

自信有りげに部屋に入って来た職員研修センター長T。しかし最後まで、壊れたテープレコーダのように『趣旨として』とか『受け止め方』としか言えなかった。実際、彼の頭は壊れている。洗脳頭は矛盾を考えることが出来ない。洗脳頭を守る唯一の方法は他人の言っている事に耳を塞ぎ、自分の都合の良い事をペラペラ喋ることだけである。

拉致問題は人権問題が含まれるかと聞かれ固まる教育人権課のM君。固まったのは、彼が朝鮮人から学んだ事と現実の差の矛盾に葛藤しているからである。

ようやくしぶしぶ拉致問題は人権問題と答えたI君。

まだ洗脳が浅いと思われるY君は、会議をまとめようとする。

以上が、神戸市役所の上級役人の実態である。

洗脳は朝鮮戦争のとき中共と北朝鮮が、米軍捕虜に行った事で有名になった言葉である。恐らく支那朝鮮の洗脳の歴史は古いのではないかと思われる。手を変え品を変え、神戸市役所と同じような洗脳教育が、全国の市町村で、又国の組織で行われているのではないだろうか。

否、そうとしか考えられない。そうとすると相当根が深い問題である。だから私は禅を引き合いにして悟っていない人間は、指導者として向かないと言ったのだが。でも反日(恨日)朝鮮人と反日(恨日)日本人と違い、彼等は本当の敵ではない。彼等を洗脳から救い出すのも、日本を立て直す一環の作業である。

ともあれ、現在日本を毀損しているのは、反日(恨日)朝鮮人と反日(恨日)日本人と、彼等に洗脳された馬鹿日本人である。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[08/12 崗上虜囚]
[08/02 楽仙堂]
[07/02 崗上虜囚]
[07/02 楽仙堂]
[06/28 崗上虜囚]
[06/28 楽仙堂]
[06/03 崗上虜囚]
[06/02 楽仙堂]
[05/23 崗上虜囚]
[05/23 楽仙堂]
[05/06 崗上虜囚]
[05/04 楽仙堂]
[04/19 崗上虜囚]
[04/19 楽仙堂]
[04/13 崗上虜囚]
[04/13 楽仙堂]
[03/29 崗上虜囚]
[03/29 楽仙堂]
[03/25 崗上虜囚]
[03/25 崗上虜囚]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
崗上虜囚
性別:
非公開

アナライズ

カウンター